loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

営業基礎研修  ビジネスにつなげる情報収集力編(1日間)

営業基礎研修  ビジネスにつなげる情報収集力編(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B SLP400-0000-3423

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・幅広く収集した情報を自身のビジネスにどう活かしていくか考えたい営業職の方

研修内容・特徴outline・feature

お客さまとの会話を展開するうえで、最新のニュースや雑談に役立つ情報を収集しておくことは、営業職として欠かせません。幅広く収集した情報を自身のビジネスにどう活かしていくか考えていただくことが本研修のねらいです。

具体的には、特定分野のスペシャリストとして有用な情報を提供したり、独自の考察を導き出すことで相手にとって価値のある存在になれるよう、幅広い情報から「共通した何か」を見つける発想法や、ある事実から「類推」する方法を学び、ワークを通じて現場で実践できるようになっていただくことを目指します。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1. 営業活動の中での情報共有
    【ワーク】1週間を振り返り、営業活動において話したニュースネタを書き出す
    (1) 自分の情報活用度を振り返る
    (2) 情報活用の3つの段階
    (3) 情報のインプット ~求められる多様な情報源
    (4) 情報のアウトプット ~TPOに合わせた効果的な伝え方
講義
ワーク
  • 2. 幅広く情報を収集する
    【ワーク】最近、ニュースでよく見聞きするようになった新しい言葉をあげる
    (1)「標準知識」としての情報収集
    (2)網羅的な情報収集を心掛ける
    (3)G(グローバル)×PESTの軸でマクロの動きを押える
    【ワーク】最近のマクロな外部環境の動きをG×PESTの軸で書き出す
    (4)雑談で役立つ「非ビジネス情報」
    【ワーク】「芸能」「スポーツ」「文化」等の中からジャンルを選び、雑談を展開する
講義
ワーク
  • 3. 特定分野の知見を深める
    (1)"通じた人"としての情報収集とは
    (2)ひとつのテーマを継続的に追いかける
    (3)分からないことはその場で検索する
    (4)一歩踏み込んだ情報源を見つける
    【ワーク】継続的に新聞等でチェックしているテーマにおける知見を共有する
講義
ワーク
  • 4. 独自の考察を導き出す
    (1)「自分の意見」としての情報提供
    (2)帰納法的発想で「法則」を読み取る
    【ワーク】3つの記事を読み、帰納法を用いて「共通する何か」を導き出す
    (3)演繹的発想で「仮説」を検証する
    【ワーク】例示された仮説を裏付けるためのニュースを3つあげる
    (4)ある事実から「類推」する
    【ワーク】例示された事実から類推し、この先どのようなことが起こり得るか考える
講義
ワーク
  • 5.まとめ

4175

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年4月     49名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.9%
講師:大変良かった・良かった
95.9%
参加者の声
  • 雑談のネタとなるものを毎日の生活の中から常に探す癖をつけようと思います。アンテナを張って情報を収集し、自分の引き出しを増やしていきたいです。
  • もっとお客さまのことを知るために、訪問を重ねていこうと思います。商品を提案するばかりでなく、戦略的な雑談も考えるべきだと感じました。
  • 質問力を磨き、雑談からビジネスにつながる情報収集をしていこうと思った。

実施、実施対象
2019年3月     20名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 雑談で使える情報を得るため、新聞・ニュースをできるだけ見て、使う場面を想像しながら理解するクセをつけます。
  • 幅広く情報を収集すること、雑談力の引き出しを増やすことを課内にも共有します。自分が苦手だと感じていたことに対する今後工夫すべき点をたくさん教えていただけました。
  • 得意先との商談時には雑談から始め、論理的な会話の中で相手の悩みを引き出し、次の提案につなげていけるようにしたいです。

実施、実施対象
2018年8月     21名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • 訪問する際の姿勢や、提案交渉の準備に活かしていきたい。日頃から情報収集を行うよう、努める。
  • お客さまと交渉を行う際に、要望や妥協点をうまく効き出し、当社の強みを訴求できるようにしたい。質疑応答のシミュレーションを行うなど、事前準備をしっかり行う。
  • お客さまを訪問する場面や、苦情対応を行う際に、この研修で学んだことを活用したい。相手の目線で妥協点がどこにあるか見極められるようにする。

開発者コメントcomment

 本研修は、お客さまに有用なニュースを提供したいという営業職の方のご要望から生まれました。

 研修では、①幅広い情報収集の仕方 ②特定分野の知見の深め方 ③独自の考察力を学んでいただきます。営業につながる情報のインプットとアウトプットの仕方が分かると好評をいただいています。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

営業力強化研修
年間総受講者数
6,680
内容をよく理解・理解
96.5
講師がとても良い・良い
94.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

インソースの営業研修

リモート営業研修

Remote Plants

営業スキルアセスメント

はじめてのオンライン商談

営業力強化プログラム

Gambatte営業

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!