loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

自治体・官公庁向け新入職員・OJTトレーナー合同研修 ~OJT期間を振り返る(半日間)

自治体・官公庁向け新入職員・OJTトレーナー合同研修 ~OJT期間を振り返る(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B OJT255-0400-2537

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

新入職員の入社2~3ヵ月後に実施する研修です。 新入職員とOJTトレーナーが、OJT期間をともに振り返り、より良い関係を築くことを目指します。

新入職員の目標
①これまでを振返り、「得意なこと」「苦手なこと」を把握する
②OJTトレーナーや同期からのアドバイスを踏まえて解決策を得る
③OJTトレーナーと新入職員間にある「ホウ・レン・ソウ(報連相)」のギャップを認識し、より良い関係にする

OJTトレーナーの目標
①これまでを振返り、トレーナーとして「得意なこと」「苦手なこと」を把握する
②他のOJTトレーナーからのアドバイスや新入職員からの意見を踏まえて解決策を得る
③OJTトレーナーと新入職員間にある「ホウ・レン・ソウ(報連相)」のギャップを認識し、より良い関係にする

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.これまでのOJT期間を振返る
    (1)これまでのOJT期間を振返りましょう
    ①ポジティブ面(得意なこと・成長したこと等)
    ②ネガティブ面(苦手なこ・課題と感じていること等)
    ※新入職員は「アクションプランシート」、「コミットメントシート」を、
    OJTトレーナーは「育成方針」をもとに振返り、グループ内で発表する
    ※新入職員の発表に対し、OJTトレーナーがアドバイスを伝えることで解決策を得る
    ※OJTトレーナーの発表に対しては、新入職員が感じたことや気付きを伝えることで新たな気付きを得る
講義
ワーク
  • 2.ホウ・レン・ソウの重要性
    (1)コミュニケーションの重要性
    (2)ホウ・レン・ソウの原則 
    (3)仕事の受け方
    (4)どうして仕事を頼まないといけないのか?
    (5)正しい依頼の仕方
講義
ワーク
  • 3.振り返りとまとめ
    (1)研修を踏まえ気付いたこと・学んだことを振り返る
    (2)明日からのアクションプランを作成し、宣言する
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2014年 5月     6名
業種
水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分が新人当時の考え方で指導しても理解してもらう事が難しいという事がよく理解できた。相互理解の重要性が分かった。
  • 具体例を取り入れた話で、理解しやすかったです。手を動かす作動も多く、新人をイメージして考える事が出来ました。目からウロコの伝え方、考え方がありました。
  • 実務で発表する機会などが多かったので、時間をもてあそぶ事無く有意義であったと思います。

実施、実施対象
2012年 10月     22名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • OJTとは聞きなれないことでしたが、人材育成手法の考え方、環境づくりの組み立て方、今後の指導に活かしていけたらと思います。研修途中の講師の言葉で、「当たり前のことを、当たり前にほめる」ということがありましたが、確かにそれが、なかなか言えないなあ、と実感しました。
  • 改めて考えると、トレーナーや監督者の意識や視点で取り組んだことがないと感じた。トレーナー、監督者、育成者それぞれの視点から、ヒト・モノ・カネ当多くの切り口を巡らせて、問題点を把握していくことが必要と感じた。
  • 話の内容や、講師の話し方がよかったと思う。実践でうまく使えるかは別にしても、いろいろな方法があるものだな、と感じた。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
256,481
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!