官公庁・自治体向け 部下指導・OJT・コーチング研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

官公庁・自治体向け 部下指導・OJT・コーチング研修

官公庁・自治体向け 部下指導・OJT・コーチング研修

研修の特徴・目的

官公庁・自治体の部下指導における課題

自治体・官公庁職員は、公共に資する奉仕の精神で住民・国民・利用者の利益を第一に考えて様々な職務にあたることが求められています。
民間企業よりもさらに多くの制約や規則を伴う業務に従事するにあたっては、特有の部下指導が必要です。少子高齢化により労働力人口が全国的に少なくなっている中でも、組織に課された・期待されている多くの仕事の質を落とすわけにはいきません。限られた予算や時間・人的リソースで効率的に業務を処理できる人材を育てていくことが、どの組織でも極めて重要な課題であるといえます。

他方、近年は働き方・価値観が多様化しており、また定期的に発生する人事異動により、組織内でのキャリア構築に疑問を抱き、前向きに仕事に向き合えない職員の方もいらっしゃるとうかがいます。住民が満足する行政サービスを提供するためには、職員一人ひとりが公務に意欲的に携わるマインドの醸成・実務者として常に業務効率向上を図る姿勢までをいかに指導していくかがカギです。

インソースでは、これまで多くの自治体・官公庁のお客さまに向けた部下指導のノウハウを提供してまいりました。指導手法の使い分けや、部下の個性を引き出すアプローチ法・自主的な行動を促す育成管理のみならず、メンバーのモチベーションを上げる関係構築やコミュニケーションの取り方まで、部下指導のありとあらゆるお悩みを解決に導くコンテンツを揃えています。


官公庁・自治体向け部下指導・OJT・コーチング研修のポイント

公の業務に携わるとは~CSマインドの醸成

官公庁・自治体は自組織や自分の利益のためではなく、住民・国民の安心や利益・暮らしの安定のために心を砕きます。社会環境の変化に対応することが難しい方の救済活動や、住民間の生活トラブルの調停などその対応範囲は多岐にわたりますが、常に住民の声に耳を傾け寄り添う姿勢を保ち、満足度を高めようとする意識が何よりも大切です。
インソースのCS向上研修・クレーム応対研修では、住民の事前期待を越えるための立ち居振る舞いやお声かけのコツ、不手際があった際の対応手順など、実践ワークを通じて学びを習得できます。

CS・接遇研修 ~自治体・官公庁編(1日間)
CS向上研修~ホスピタリティの意識を養う
クレーム対応研修~苦情対応の正しい手順を学ぶ

状況に応じた細やかな対応を「見せる」OJT指導

先述のとおり、官公庁・自治体の仕事は多岐にわたります。Off-JTによる画一的な初期教育に加え、所属先部署ではOJTによる指導で「現場で使える業務知識・ノウハウ・個別対応」のスキルを強化しています。指導対象者の理解度や個人の特性に合わせた指導計画・適切なフィードバックで成長を促します。時には人生の先輩として、仕事に対する姿勢や考え方を伝え、対象者の行き詰まりや悩みにアドバイスするのも、指導者の大切な役割の一つです。このことが若手の離職防止にもつながります。
当社のOJT研修では、忙しい公務の時間を割いて後輩指導・部下指導を経験することは、指導対象者の成長だけでなく、指導担当者本人にとっても大きな成長の機会となることを説いています。良質なOJT指導は、組織力の強化に直接的に寄与します。

官公庁・自治体向けOJT研修(2日間)
OJTステップアップ研修~関係構築・フィードバック編
OJT研修 ~監督者向け(1日間)

自発的な行動を促すコーチングを使う

コーチングは指導対象者の自発的な思考・行動を促し、本人の習得意欲を引き出しながら指導する手法です。入職して間もない期間は具体的な正解を教えて指導するティーチングによる指導が効果的ですが、対象者本人に知識や仕事の基本的な考え方・ノウハウが蓄積されてきたころを見計らって、徐々にコーチング指導へと移行することが望ましいです。
「どうして〇〇をしたほうが良いのか・なぜそう考えるか・ここまでをふまえて次はどうしたらいいと思うか」など、過去に伝えてきたことも含めて改めて問いかけ、新人・若手が自ら考え現場の状況に応じた判断を下すことができるように少しずつ慣らしていくことが肝要です。
以下の研修では、ティーチングとコーチングの効果的な使い分けや指導対象者の主体性を高める関わり方を学べます。

コーチング研修 ~官公庁・自治体向け(1日間)
実践!コーチング研修~動機付けとキャリアサポート
ティーチング研修~適切な業務指導の進め方


官公庁・自治体向け部下指導・OJT・コーチング研修のご検討のお客様からのご質問

インソースの官公庁・自治体向けOJT・部下指導・コーチング研修のポイントはなんですか?

A.インソースの官公庁・自治体向けOJT研修では、新人や若手の職員が自分で考え、行動できるように育てることを目的としています。そして、そのための手法や計画の立て方を研修で学び、演習を通して自分のものとする点が特徴です。

計画なく指導を始めても、忙しさに気を取られてしまいなかなか思うように育成ができない、行き当たりばったりになってしまう、という声が多く聞かれます。そこで、まずは計画を立てることがいかに重要かを理解したうえで、部下や後輩の指導時によく起こりがちな困りごとを用いた演習に取り組みながら、具体的な指導のポイントを体得します。
このように講義だけではなく、上記のような現場の悩みに沿った実践的な演習に取り組むことが、当社の部下指導研修の特徴です。研修時間の確保が短時間であったとしても、これらの演習については省略することなく可能な限り多くの時間を割いて実施させていただきたいと考えております。

部下指導のスキルは、学びが定着するまでに比較的時間を要します。インソースでは、充実した内容のフォローアップ研修もご用意しております。今何が課題になっているのかを明確にし、それを解決するプログラムをカスタマイズで作成・実施することも可能です。

部下指導研修と言ってもたくさんの種類があるようですが、どのように選んだらよいですか?

A.インソースの様々な部下育成系研修の特徴をまとめたものとして、以下のページ内にマトリクスがございます。 

部下・後輩指導研修の選び方

指導者がどのように育成をするかによってプログラムが異なります。指導者が若手なのかベテランなのか、指導を受ける側が若手なのかベテランなのか、この2つの掛け合わせで、どのパターンの指導方法の効果が高いのかを判断し、適切なプログラムをお選びいただければと思います。
なお、OJT系の研修プログラムは、大まかに分けると、考え方や理論の習得・グループでの討議・指導スキルの反復練習・指導計画の策定・ケーススタディの5つの要素で組み立てられています。これらのうち、どこに重点を置いて研修を実施するのかをご検討の際にも、先ほどのページ内の研修ごとの構成要素の表組みを参考にしていただければ幸いです。

官公庁・自治体向けと民間企業の研修ではどのような点が異なりますか?

A.新人や若手、部下の成長のために指導・支援していくという点では、同じです。
ただし、弊社の研修においては、受講者の皆さまがより身近なものとして理解していただくため、テキストの文言や表現、演習の事例を官公庁・自治体向けに変更しています。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

官公庁・自治体向け部下指導・OJT・コーチング研修のおすすめプラン

1年でOJTノウハウを蓄積し、育成の風土をつくるプラン

1年間でOJT担当者に3回、管理職(OJT監督者)に1回の研修を行う。これにより全社で指導スキルの足並みを揃え、自社のOJTノウハウを集結し、育成体制を強化する

熱意・フィードバック・表現力UPによる指導力強化プラン

伝え方を工夫することで指導力向上を図るプラン。アサーティブコミュニケーション・フィードバックスキル・行動経済学を用いたモチベーション向上方法を学び、指導に活かす

管理職も若手も心の余裕をもって指導・成長していくプラン

管理職に「若手に厳しく言いすぎない適切な部下指導・職場づくり」、メンバーには「仕事と上手く向き合うレジリエンス・セルフプロモーション方法」を習得してもらう

官公庁・自治体向け 部下指導・OJT・コーチング研修のおすすめ動画教材・eラーニング

官公庁・自治体向け 部下指導・OJT・コーチング研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

閉じる