loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う(1日間)

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B CMN520-1100-4047

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・部下指導を行っている方(中堅・リーダー・管理職層)
・怒りの感情をコントロールすることで、部下指導力を強化したい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、自身の怒りの感情をコントロールするスキル(アンガーマネジメント)を身につけていただきます。自分の怒りのサインに気づき、セルフコントロールできるようになることで、怒りの感情に振り回されずに適切な部下指導ができるようになります。
ケーススタディを通じて、イマドキ世代の部下や年上の部下など、多様化する部下のタイプに合わせた指導法を身につけていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.「怒り」についての考え方
    【ワーク】怒りについて、どのような認識を持っているのかチェックする
    (1)怒りについての基礎認識 ~怒りに対して正しい認識をもつ
    (2)「怒り」のリスク ~身体・精神・周囲の関係へのダメージ
    (3)怒りの感情をコントロールすることのメリット
    ①怒りの感情をコントロールすることで、ストレスが軽減する
    ②人間関係が良好になり、職場のコミュニケーションが活性化する
    ③パワハラ防止につながる
    (4)怒りと上手に付き合い、部下指導を行うためのステップ
講義
ワーク
  • 2.自分の怒りのサインに気づき、傾向を知る
    【ワーク】最近「ついカッとなった」「イライラした」「ムッとした」エピソードを共有する
    (1)原因 ~「怒り」の原因は様々な感情にある
    ①怒りは第2次感情として現れる
    ②怒りの大きな原因は「相手に対する期待」
    (2)兆候 ~自分の「怒り」のサインに気づく
    【ワーク】怒りやイライラを感じたとき、どのような怒りのサインが出ていたか振り返る
    (3)傾向 ~自分の考え方と行動のパターンを知る
    【ワーク】怒りの感情を抱いた場面を洗い出し、分析する
講義
ワーク
  • 3.怒りのセルフコントロール
    (1)怒りのセルフコントロールとは
    (2)他人に振り回されずに怒りをコントロールする
    (3)自分の思考の傾向を理解する
    【ワーク】自分がどのような思考の傾向を持っているのか振り返る
    (4)瞬間的に怒りを鎮める方法
講義
ワーク
  • 4.部下指導における怒りのコントロール ~適切な叱り方
    (1)適切な叱り方とは
    ①叱ると怒るの違い ②叱るポイント ③叱るステップ
    (2)アサーティブに部下を注意する
    【ワーク】YOUメッセージをIメッセージに言い換えて、アサーティブに伝える
    (3)部下が萎縮する言動をしない ~暴言・非難・威圧的な行為
    (4)多様化する部下のタイプに合わせて対応する
    ①イマドキ世代の部下の場合 ~「常識の差」を理解する
    ②年上の部下の場合 ~謙虚に対応し、信頼を得る
    【ケーススタディ】部下のタイプに合わせて、どのように対応するか考える
講義
ワーク
  • 5.部下指導における怒りのコントロール ~対話の習慣化
    (1)部下との対話により「期待の適正化」を行う
    (2)部下の現状を正確に把握する
    (3)わかりやすい指示をする
    (4)部下の努力に目を向け、ほめる
    【ワーク】自分の部下に対して期待が適正であるか、確認する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を振り返り気がついたこと、実践したいことを洗い出す
ワーク

6002

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年1月     32名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.9%
参加者の声
  • 自分のパターンを知り、怒りのコントロールをするようにしていく。自分と相手の違いを知り、理解する。
  • 感情のコントロール、怒りの過程について理解できた。部下、同僚とのコミュニケーションに活かしていきたい。
  • 物の見方、考え方、こだわりなど自分を知り、Iメッセージを伝達に使いたい。アサーティブコミュニケーションをもっと深く学ぶようにしたい。

実施、実施対象
2019年11月     17名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の怒りの傾向と対策を知ることができた。自分の弱点が分かった。
  • イライラを感じたら、トイレに行くなど一旦その場を離れて落ち着くといった苛立ちへの対処方法を知ることができた。
  • 目に見える相手の怒りにのみ反応するのではなく、背後にあるかもしれない別の怒りの原因をも慮ったうえで、対応していきたい。

開発者コメントcomment

「つい、イライラしてしまい部下を上手に叱ることができない」「怒りをコントロールできずに職場の空気が悪くなってしまう」というお悩みを解決するために、本研修を開発いたしました。怒りの感情をコントロールできるようになることで、自分にとっても部下にとっても良い職場環境をつくることができます。部下指導でお悩みの中堅・リーダー・管理職層の方におすすめの研修です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia モチベーション

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

コア人材育成なら未来創造&カンパニーにお任せください

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!