loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う

怒りの感情と上手に付き合い、上司に求められる部下指導力を強化する

研修No.5201023

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・部下指導を行っている方
・怒りの感情をコントロールすることで、部下指導力を強化したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ついイライラしてしまい、上手に部下を叱ることができない
  • 怒りの感情と上手に付き合い、適切な部下指導をできるようになりたい
  • 怒りをコントロールできず、イライラすることで周りの空気も悪くなってしまう

研修内容・特徴outline・feature

部下の行動に対し、イライラしてしまうことは誰しもあることです。大切なのは、イライラしてしまった時に怒りの感情をそのままぶつけず上手に部下を叱り、成長を促すことです。本研修では、自身の怒りの感情をコントロールするスキル(アンガーマネジメント)を身につけます。自分がどんな時に怒りの感情を抱きやすいのか、普段の自分の行動を振り返って考えます。また、つい上司として怒りたくなるような場面を想定したケーススタディを通じて、具体的な指導方法を考えていただきます。

到達目標goal

  • ①怒りに対して、正しい認識を持つ(怒ること自体は悪いことではなく、コントロールすることが大切)
  • ②自分の怒りのサインに気づき、怒りの原因・兆候・傾向を把握する
  • ③怒りの感情をセルフコントロールし、適切な叱り方ができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.「怒り」についての考え方
    【ワーク】怒りについて、どのような認識を持っているのかチェックする
    (1)怒りについての基礎認識 ~怒りに対して正しい認識をもつ
    (2)「怒り」のリスク ~身体・精神・周囲の関係へのダメージ
    (3)怒りの感情をコントロールすることのメリット
     ①怒りの感情をコントロールすることで、ストレスが軽減する
     ②人間関係が良好になり、職場のコミュニケーションが活性化する
     ③パワハラ防止につながる
    (4)怒りと上手に付き合い、部下指導を行うためのステップ
講義
ワーク
  • 2.自分の怒りのサインに気づき、傾向を知る
    【ワーク】最近「ついカッとなった」「イライラした」「ムッとした」エピソードを共有する
    (1)原因 ~「怒り」の原因は様々な感情にある
     ①怒りは第2次感情として現れる
     ②怒りの大きな原因は「相手に対する期待」
    (2)兆候 ~自分の「怒り」のサインに気づく
    【ワーク】怒りやイライラを感じたとき、どのような怒りのサインが出ていたか振り返る
    (3)傾向 ~自分の考え方と行動のパターンを知る
    【ワーク】怒りの感情を抱いた場面を洗い出し、分析する
講義
ワーク
  • 3.怒りのセルフコントロール
    (1)怒りのセルフコントロールとは
    (2)自分の思考のクセに振り回されない
    (3)瞬間的に怒りを鎮める方法
講義
ワーク
  • 4.部下指導における怒りのコントロール ~適切な叱り方
    (1)適切な叱り方とは
    (2)アサーティブに部下を注意する
    【ワーク】YOUメッセージをIメッセージに言い換えて、アサーティブに伝える
    (3)部下が萎縮する言動をしない ~暴言・非難・威圧的な行為
    (4)多様化する部下のタイプに合わせて対応する
    (5)イマドキ世代の部下の場合 ~「常識の差」を理解する
    (6)年上の部下の場合 ~謙虚に対応し、信頼を得る
    (7)ABC理論で怒りの感情をコントロールする
講義
ワーク
  • 5.部下指導における怒りのコントロール ~期待の適正化
    (1)「期待の適正化」で怒りをコントロールする
    (2)部下の現状を正確に把握する
    (3)QCDRSを意識した業務指示をする
    (4)部下に期待を伝える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を振り返り気がついたこと、実践したいことを洗い出す
ワーク

企画者コメントcomment

「つい、イライラしてしまい部下を上手に叱ることができない」「怒りをコントロールできずに職場の空気が悪くなってしまう」というお悩みを解決するために、本研修を開発いたしました。怒りの感情をコントロールできるようになることで、自分にとっても部下にとっても良い職場環境をつくることができます。部下指導でお悩みの中堅・リーダー・管理職層の方におすすめの研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.3%

講師:大変良かった・良かった

97.3%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年7月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下のミスに対して反射的な行動をとらず、怒りをコントロールします。また、部下指導はプラス表現の言葉ではじめ、時にはあきらめることも有効だと思うようにします。
  • 頭では理解していても、体現することが難しいと実感しました。人それぞれ、様々な色眼鏡で見ていることを意識して、「イラッ」としたときになぜ自分がそう感じたのかの原因を探り、考えるクセをつけていきたいです。
  • 部下指導時やお客様応対時に、今回の研修で習得したことを活用したいと思います。
  • 「こうあるべき」論をできる限り強くならないようにする。瞬間的な怒りを6秒こらえる。相手が自分の発言でどのような気持ちになるのかをきちんと考える。
  • 今後の部下への指導や成長に向けた助言を受け入れてもらえるように、日ごろからのコミュニケーションに活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年6月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下指導における際にこの怒りのコントロールを活かしていきたいと思います。
  • まずは自分がどのようなことで怒りを覚え、どの程度の頻度で感じるのかを確認し、それを今回の研修で取得したコントロールする方法で実践していきたい。
  • 今まで自分では気づく事ができなかったものが多く、今後の部下指導に取り入れていきたい。

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下指導を行う際には、個性と捉えて自分の考え方を変え、間を空けて落ち着く時間を作りたい。
  • 自分の感情をコントロールをするうえで、自分だけではなく、相手を認めたり褒めたりすることが大事なことだと感じた。
  • 今後、部下の指導や監督を行っていく中で、活かしていきたいです。

実施、実施対象
2020年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 同僚や後輩への依頼の仕方や指導方法について改めてみたい。
  • 多様な考え方があることに改めて気づかされた。また、独善的に行動しているように見られている可能性があるので注意したいと思った。
  • 自分の怒りのコントロール、部下指導に活かしたい。自分のイライラの原因を知ることができて有益だった。

実施、実施対象
2020年2月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の意に沿わず怒りそうになったとき、客観的事実を理解しようとすることで怒らずに済むのではないかと思う。
  • 怒りを感じた時に、まずはそれを鎮める手法を試していくとともに、怒りを感じた原因を振り返る。部下への指導時にも研修で学んだことへの意識を持つことで怒りとストレスの抑制につなげたい。
  • 自分の考え方を押し付けることが多く、それが理解されないことでいら立ちを想えていたので、相手の考えを聞くことで双方の納得感を得る。感情的にならないようにするために、自分自身の怒りの理由を自己分析し、自他尊重したうえで説明するようにしたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.3
講師がとても良い・良い
97.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修