loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う

怒りの感情と上手に付き合い、上司に求められる部下指導力を強化する

研修No.5201023

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・部下指導を行っている方
・怒りの感情をコントロールすることで、部下指導力を強化したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ついイライラしてしまい、上手に部下を叱ることができない
  • 怒りの感情と上手に付き合い、適切な部下指導をできるようになりたい
  • 怒りをコントロールできず、イライラすることで周りの空気も悪くなってしまう

研修内容・特徴outline・feature

部下の行動に対し、イライラしてしまうことは誰しもあることです。大切なのは、イライラしてしまった時に怒りの感情をそのままぶつけず上手に部下を叱り、成長を促すことです。本研修では、自身の怒りの感情をコントロールするスキル(アンガーマネジメント)を身につけます。自分がどんな時に怒りの感情を抱きやすいのか、普段の自分の行動を振り返って考えます。また、つい上司として怒りたくなるような場面を想定したケーススタディを通じて、具体的な指導方法を考えていただきます。

到達目標goal

  • ①怒りに対して、正しい認識を持つ(怒ること自体は悪いことではなく、コントロールすることが大切)
  • ②自分の怒りのサインに気づき、怒りの原因・兆候・傾向を把握する
  • ③怒りの感情をセルフコントロールし、適切な叱り方ができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.「怒り」についての考え方
    【ワーク】怒りについて、どのような認識を持っているのかチェックする
    (1)怒りについての基礎認識 ~怒りに対して正しい認識をもつ
    (2)「怒り」のリスク ~身体・精神・周囲の関係へのダメージ
    (3)怒りの感情をコントロールすることのメリット
     ①怒りの感情をコントロールすることで、ストレスが軽減する
     ②人間関係が良好になり、職場のコミュニケーションが活性化する
     ③パワハラ防止につながる
    (4)怒りと上手に付き合い、部下指導を行うためのステップ
講義
ワーク
  • 2.自分の怒りのサインに気づき、傾向を知る
    【ワーク】最近「ついカッとなった」「イライラした」「ムッとした」エピソードを共有する
    (1)原因 ~「怒り」の原因は様々な感情にある
     ①怒りは第2次感情として現れる
     ②怒りの大きな原因は「相手に対する期待」
    (2)兆候 ~自分の「怒り」のサインに気づく
    【ワーク】怒りやイライラを感じたとき、どのような怒りのサインが出ていたか振り返る
    (3)傾向 ~自分の考え方と行動のパターンを知る
    【ワーク】怒りの感情を抱いた場面を洗い出し、分析する
講義
ワーク
  • 3.怒りのセルフコントロール
    (1)怒りのセルフコントロールとは
    (2)自分の思考の傾向を理解する
    (3)ABC理論で怒りの感情をコントロールする
    【ワーク】自分がどのような思考の傾向を持っているのか振り返る
    (4)瞬間的に怒りを鎮める方法
講義
ワーク
  • 4.部下指導における怒りのコントロール ~適切な叱り方
    (1)適切な叱り方とは
     ①叱ると怒るの違い ②叱るポイント ③叱るステップ
    (2)アサーティブに部下を注意する
    【ワーク】YOUメッセージをIメッセージに言い換えて、アサーティブに伝える
    (3)部下が萎縮する言動をしない ~暴言・非難・威圧的な行為
    (4)多様化する部下のタイプに合わせて対応する
     ①イマドキ世代の部下の場合 ~「常識の差」を理解する
     ②年上の部下の場合 ~謙虚に対応し、信頼を得る
    【ワーク】部下のタイプに合わせて、どのように対応するか考える
講義
ワーク
  • 5.部下指導における怒りのコントロール ~対話の習慣化
    (1)「期待の適正化」で怒りをコントロールする
    (2)部下の現状を正確に把握する
    (3)QCDRSを意識した業務指示をする
    (4)部下に期待を伝える
    【ワーク】自分の部下に対して期待が適正であるか、確認する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を振り返り気がついたこと、実践したいことを洗い出す
ワーク

企画者コメントcomment

「つい、イライラしてしまい部下を上手に叱ることができない」「怒りをコントロールできずに職場の空気が悪くなってしまう」というお悩みを解決するために、本研修を開発いたしました。怒りの感情をコントロールできるようになることで、自分にとっても部下にとっても良い職場環境をつくることができます。部下指導でお悩みの中堅・リーダー・管理職層の方におすすめの研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.9%

講師:大変良かった・良かった

95.5%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 怒りをコントロールして、しっかり部下指導をしていきたいと思います。話しかけやすく相談しやすい店長になれるようにがんばります。
  • もっと自分自身の自己分析をしてマイナス面は直しプラス面は伸長させる。そのうえで怒りをコントロール出来るよう努力していきたい。
  • 叱るタイミングをきちんと計る。Iメッセージを用いることで怒らず、相手を不快にさせず、自分の意見を相手に積極的に伝えたい。
  • 部下に怒りをぶつけるのでなく今日学んだマネジメントを活かす。指導観察ポイントを日ごろから意識する。

実施、実施対象
2022年4月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • Iメッセージや怒りの鎮め方などを実践します。報告を聞く際に一呼吸置くようにします。
  • 部内でも幾つか問題があるので、今回学んだことを踏まえて問題の解決に取り組みます。自分自身がうまく怒りの気持ちをマネジメントしていきます。
  • 怒りで対処するのではなく、建設的な対処で仕事を楽しみたいと思います。本研修を通して仕事だけではなく、人生を省みることが出来ました。

実施、実施対象
2022年3月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 怒りのマネジメントとは、「怒り」の感情そのものを抑えることではなく、相手の考えを聞いたうえで自身の考えを述べる事だと知りました。今までの指導は、TeachingになっていましたがCoachingの考え方を今後は重視します。
  • 部下の指導と怒りをコントロールし、職場の人間関係やコミュニケーションを良好にしてストレスを軽減させて自分のパフォーマンスを高める。
  • 怒りに対して正しい認識を学べました。相手の意見を聞くなど、より良いコミュニケーションをとっていきます。「何で」を「何が」にするだけでもとても効果的だと思いました。
  • 自分の癖に気づき、怒りをアイメッセージに移行していきます。「何で?」と聞くのではなく「何が?」と聞くなど、相手の身になって考えないと出てこない言葉があると気が付きました。実行しないと身につかないので、明日から「聞く力」を実践してみます。
  • 相手の話を聴いたり、相手と話しやすい環境作りをできるよう意識します。また、部下の業務量や進捗状況を把握し適切なマネジメントを心がけます。

実施、実施対象
2022年2月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 言い方ひとつで相手への伝わり方が違うと思いました。自分の気持ちを正確に伝えるために、今後は当事者・相手の気持ちも考えて想いを伝えます。
  • 怒りのセルフコントロールを大切にすると同時に、相手に常に見られているという意識を持ち、コミュニケーションを図ります。
  • これからはIメッセージを活用する。世代・考え方・育ってきた環境等の違いを理解し、相手の考えを捉えるための努力をしたい。
  • まずは相手への理解を深める。そのために、相手が抱いている「考え」の根本は何かを理解することが第一歩であると感じた。
  • 自分を押し出すためにIメッセージを活用します。相手の現状を理解することに力を注ぎたいと思います。

実施、実施対象
2022年1月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • Iメッセージを意識して部下と接します。自分では分かっているものの出来ていないことに関して気づきを与えてもらえ、良い機会となりました。
  • 人との関わりの中で、相手の事情や立場に配慮した行動が大事というコンセプトができました。相手に期待しすぎない・相手に期待を伝える・Iメッセージの実行をします。
  • 怒りのメカニズムを理解し、原因になるものを潰していく。怒りを伝えることが目的ではなく、その先の目標達成のためにという言葉が参考になった。

{{ttl}}関連の研修course map

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.9
講師がとても良い・良い
95.5

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修