loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う

怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う

自分の怒りのサイン・傾向を知り、感情をセルフコントロールするスキルを身につけ、適切な部下指導を行う

研修No.5201023

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

部下指導を行っている方
怒りの感情をコントロールすることで、部下指導力を強化したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • ついイライラしてしまい、上手に部下を叱ることができない
  • 怒りの感情と上手に付き合い、適切な部下指導をできるようになりたい
  • 怒りをコントロールできず、イライラすることで周りの空気も悪くなってしまう

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、自身の怒りの感情をコントロールするスキル(アンガーマネジメント)を身につけていただきます。自分の怒りのサインに気づき、セルフコントロールできるようになることで、怒りの感情に振り回されずに適切な部下指導ができるようになります。 ケーススタディを通じて、イマドキ世代の部下や年上の部下など、多様化する部下のタイプに合わせた指導法を身につけていただきます。

到達目標goal

  • ①自分の怒りのサインに気づき、怒りの原因・兆候・傾向を把握する
  • ②部下指導における怒りをコントロールし、適切な叱り方を身につける
  • ③部下との対話を通じて、部下の現状を把握し、適切な指導ができるようになる

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.「怒り」についての考え方
    【ワーク】怒りについて、どのような認識を持っているのかチェックする
    (1)怒りについての基礎認識 ~怒りに対して正しい認識をもつ
    (2)「怒り」のリスク ~身体・精神・周囲の関係へのダメージ
    (3)怒りの感情をコントロールすることのメリット
     ①怒りの感情をコントロールすることで、ストレスが軽減する
     ②人間関係が良好になり、職場のコミュニケーションが活性化する
     ③パワハラ防止につながる
    (4)怒りと上手に付き合い、部下指導を行うためのステップ
講義
ワーク
  • 2.自分の怒りのサインに気づき、傾向を知る
    【ワーク】最近「ついカッとなった」「イライラした」「ムッとした」エピソードを共有する
    (1)原因 ~「怒り」の原因は様々な感情にある
     ①怒りは第2次感情として現れる
     ②怒りの大きな原因は「相手に対する期待」
    (2)兆候 ~自分の「怒り」のサインに気づく
    【ワーク】怒りやイライラを感じたとき、どのような怒りのサインが出ていたか振り返る
    (3)傾向 ~自分の考え方と行動のパターンを知る
    【ワーク】怒りの感情を抱いた場面を洗い出し、分析する
講義
ワーク
  • 3.怒りのセルフコントロール
    (1)怒りのセルフコントロールとは
    (2)他人に振り回されずに怒りをコントロールする
    (3)自分の思考の傾向を理解する
    【ワーク】自分がどのような思考の傾向を持っているのか振り返る
    (4)瞬間的に怒りを鎮める方法
講義
ワーク
  • 4.部下指導における怒りのコントロール ~適切な叱り方
    (1)適切な叱り方とは  ①叱ると怒るの違い ②叱るポイント ③叱るステップ
    (2)アサーティブに部下を注意する
    【ワーク】YOUメッセージをIメッセージに言い換えて、アサーティブに伝える
    (3)部下が萎縮する言動をしない ~暴言・非難・威圧的な行為
    (4)多様化する部下のタイプに合わせて対応する
     ①イマドキ世代の部下の場合 ~「常識の差」を理解する
     ②年上の部下の場合 ~謙虚に対応し、信頼を得る
    【ケーススタディ】部下のタイプに合わせて、どのように対応するか考える
講義
ワーク
  • 5.部下指導における怒りのコントロール ~対話の習慣化
    (1)部下との対話により「期待の適正化」を行う
    (2)部下の現状を正確に把握する
    (3)わかりやすい指示をする
    (4)部下の努力に目を向け、ほめる
    【ワーク】自分の部下に対して期待が適正であるか、確認する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を振り返り気がついたこと、実践したいことを洗い出す
ワーク

企画者コメントcomment

「つい、イライラしてしまい部下を上手に叱ることができない」「怒りをコントロールできずに職場の空気が悪くなってしまう」というお悩みを解決するために、本研修を開発いたしました。怒りの感情をコントロールできるようになることで、自分にとっても部下にとっても良い職場環境をつくることができます。部下指導でお悩みの中堅・リーダー・管理職層の方におすすめの研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

  • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
  • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

【2019年10月からの消費税法改正に関するお知らせ】
2019年10月1日以降に開催する研修については、新税率での受講料を表示しております。
なお、人財育成スマートパックのポイント数については、増税前後の変更はございません。ただし、当社提携先の研修については、ポイント数に変更のある場合がございます。

→消費税法改正に関するよくあるご質問はこちら

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。

公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
72,107
開催数※1
9,115
講座数※2
2,589
WEBinsource
ご利用社数※2
11,335

※1 2018年10月~2019年9月

※2 2019年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
11,335社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

公開講座新作研修
2019年10月30日
課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド
2019年10月30日
ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する
2019年10月25日
怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う
2019年10月24日
リーダーのためのストレスマネジメント研修~ストレスをうまく活用して自分も職場も元気にする
2019年10月 4日
(2時間研修)管理職研修~できる管理職の思考・行動基準を身につける


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修