営業職「誰もやらない」101の秘策

 【「売れる営業」になるための基本】

営業職「誰もやらない」101の秘策

分かりやすく話すスキル

「売れる営業」になるための基本 【7】

分かりやすく話すスキル

■分かりやすく話すための「声」

口をしっかりと開けることに心がけ、相手の表情を見ながら、全員に聞こえる大きい声量で話しましょう。また、声に強調をつけると説得力が増します。

言葉のクセには十分注意します。語尾は強すぎず、伸ばさないように心がけます。また、無意識に出るクセに「ノイズ」があります。「ノイズ」とは意味のない「え-」「あのー」「まあー」などのことばを指します。これが多いと自信のない、不正確な印象を与えます。


■分かりやすく話すための「間の使い方」

要点、重要事項を言う前、言った後、質問をなげかけた後、意図して間を置きます。また、聞き手の理解にあわせて、間を空けます。休みなく話さないように気をつけましょう。


■敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)をマスターする

ビジネスパーソンにとって適切な敬語を話すことは、周囲との人間関係を築いていくための基本です。その敬意の示し方によって、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に分けられます

尊敬語~敬うべき相手の動作や状態を表す言葉。上司や外部のお客さまに使う。

いらっしゃいます(いる)、なさいます・~されます(する)
いらっしゃいます・おいでになります(行く)
いらっしゃいます・お見えになります・お越しになります(来る)
おっしゃいます(言う)、ご覧になります(見る)、召し上がる(食べる)

謙譲語~(敬うべき相手に対して)自分の動作や状態をへりくだって表す言葉

おります(いる)、いたします(する)、参ります・伺います(行く)
申し上げます(言う)、伺います(尋ねる)、拝見します(見る)
伺います・拝聴します・承ります(聞く)
存じております・承知しております・存じ上げております(知っている)
頂戴いたします・いただきます(食べる)、差し上げます(あげる)
いただく(もらう)、存じます(思う)

丁寧語~職場では常に丁寧語を使う

公私を区別して、職場では「~です」「~ます」「~でございます」を使いま
す。

【美化語】動作や名詞の前に「お」や「ご」をつけて使います。
相手の身体(状態)~お耳、お口(ご健康、ご病気)
相手の所有物~お召し物、お子様、お車(×:動物、植物、カタカナ語など)
相手の動作~御出席、お出かけ
こちらの動作~お届けいたします


■「~いただく」と「~くださる」

「~いただく」と「~くださる」は、使用場面が多い反面、間違いやすいので注意が必要です。「~いただく」は「~もらう」の謙譲表現、「~くださる」は「~あげる」の尊敬表現です。ですので、相手がした行為に対しては「~くださる」が、自分の行為に対しては「~いただく」を使用しましょう。

例:「資料をご送付くださいまして、まことにありがとうございます。」
 (「送る相手」が主体)
  「確認しましたところ、資料は○日に確かに頂いております。」
 (「受け取る自分」が主体)

■ビジネスでよく使う敬語表現~()内は相手側から表現した言葉

自分・・・わたくし(そちらさま・皆様方)
自分の組織・・・わたくしども(御社・貴社・そちら様)
だれ・・・どちらさま・どなたさま
あの人/その人・・・あちら(こちら)の方/あちら(こちら)さま
一緒の人・・・お連れ様・お連れの方・御一緒の方
老人・・・お年寄りの方・御高齢の方
(他者の)家族・・・お父様・お母様・お兄様・お姉様・ご子息様・お嬢様
今日/明日/あさって・・・本日(ほんじつ)/明日(あす・みょうにち)/
 明後日(みょうごにち)
きのう/おととい・・・昨日(さくじつ)/一昨日(いっさくじつ)
午後一時・・・13時(じゅうさんじ)
27日・・・27日金曜日(にじゅうななにち きんようび)

☆次週につづく


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー