人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

0685コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの基本を理解する編(1日間)

コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの基本を理解する編(1日間)

当研修の「ねらい」

本研修は、メッセージのやりとりや意思伝達を円滑化する技術を身につけて、お客さまとの関係や上司-部下間の関係を、より良くしていただくことを目的としています。
具体的には、他者理解のための「傾聴力」や、相手の心情・要望を引き出すための「質問力」を、ケーススタディを交えながら、習得していただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.コミュニケーションの基本
    <コミュニケーションに関する課題を意識させる>

    (1)他人とコミュニケーションをとる上で困っていることは何ですか?
    【ワーク】コミュニケーションをとる上で困っていることを振り返り、共有する
    (2)良いコミュニケーションを取るための心構え 
    (3)良いコミュニケーションのポイント  
    (4)コミュニケーションの注意点
    【参考】コミュニケションのポイント(会話、表情、姿勢やしぐさ)
講義
ワーク
  • 2.「きく」の意味
    <3つの「きく」の違いを理解する>

    (1)相手にとって心地いいリスニング
    【ワーク】話を聞いてもらって心地良く感じた経験を振り返り、共有する
    (2)3つのきくスキル~「聞く」「聴く」「訊く」
講義
ワーク
  • 3.「聴く」スキル=「傾聴力」のポイント
    <話しやすくさせる傾聴の仕方を学ぶ>

    (1)「聴く」スキルとは?
    (2)相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
    【ワーク】よく使うあいづちを書き出す
    【ワーク】よく使う反復の仕方、場面を振り返る
    【ワーク】心掛けている「心情理解」の伝え方と、逆にそこから起こったトラブルを振り返る
    【ワーク】「聴く」スキルを実践し、チェックシートを用いてフィードバックし合う
講義
ワーク
  • 4.「訊く」スキル=「質問力」のポイント
    <目的を意識した質問のコツを学ぶ>

    (1)「訊く」スキルとは?
    ・相手に確認したいことを「訊く」 ・相手に要望するときに「訊く」 等
    (2)「訊き方」の種類(拡大質問と限定質問、肯定質問と否定質問 等)
    【ワーク】「訊く」スキルを実践し、チェックシートを用いてフィードバックし合う
講義
  • 5.「言いたいこと」をわかりやすく伝える
    <伝える際のポイント、姿勢を学ぶ>

    (1)言いたいことをわかりやすく伝えるとは
    (2)話の前に「人」と「人」との触れ合いがあるとはどんなことか?
    (3)話す上で重視すべきこと
    (4)なぜ、相手の気持ちになって話すのか
    (5)話す「姿勢・態度・表情」のポイント~見栄えは重要です
    (6)用語の共通化~業界用語は通じない
    【ワーク】自分たちの周りの「専門用語」や「カタカナ語」を洗い出し、共有する
    (7)会話の締めくくり方
    (8)「話す」特訓 
    【ワーク】会社紹介を通して「話す」練習をし、チェックシートを用いてフィードバックし合う
講義
ワーク
  • 6.「言いにくいこと」をスムーズに伝える
    <対立を回避する主張の仕方を学ぶ>

    (1)アサーティブ・コミュニケーションとは
    (2)ケーススタディ  
    【ワーク】打ち上げに参加できない旨を、上司に伝える方法をDESCに沿って考える
    【ロールプレイング】ワークで考えた伝え方を上司役と部下役に分かれて練習する
講義
ワーク
  • 7.本日の研修を振り返って
    <研修を踏まえ明日から実践することを決める>

  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

テキスト作成者から

社内外におけるコミュニケーション全般を身につけられる内容です。

講師からひとこと

終始和やかで、皆様が研修そのものをを楽しんでくださっていることが伝わって参りました。人と関わる上での悩みを共有し、意見交換する中で、自分なりに納得できる答えを導き出す、とても効果的なグループワークであったと存じます。講義もとても真摯に聞いてくださり嬉しく感じました。人と関わる上で「配慮」の大切さ、そして自分の感情のコントロールが大切だという点は十分に感じていただけたことと存じます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 6月     34名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 大変ためになりました。もっと早くやりたかったという思いもあれば、この時期である程度仕事の難しさを学んだからこそ効果があったという思いもある。どちらにしても自分の力になる最高の研修だった。
  • グループワークで周囲の方とコミュニケーションがとれてよかった。チームの名前をつけたり、ニックネームをつけたことで皆と仲良くなれたと思う。
  • 双方向な授業で、工夫が凝らされた授業になっていた。聞きっぱなしにならない工夫が多く、集中を切らさずに参加できた。
  • 業務を行うにあたって、大事なことを考える、発表する機会をいただけて、非常に有益でした。
  • 説明がユニークでわかりやすく、また、演習やワークを通して楽しく学ぶことができたので。

実施、実施対象
2016年 6月     30名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • 今後顧客のニーズを汲み取る事が必要になるので、きき上手になれるようにしていきたい。
  • コミュニケーションのあるべき姿が学べたと思います。自分が聴き手、話し手、どちらになる時も、今日の意識するべき点を思い出して取り組みたいと思います。
  • 相手との会話の印象でその人自身の印象が決まってしまうと気付いた。今まで無意識にしていた会話への気を配る。

実施、実施対象
2016年 4月     58名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
98.3%
講師:大変良かった・良かった
91.4%
参加者の声
  • 当たり前にできていると考えていた「コミュニケーション」に考えなければならない点が多くあることが分かりました。あまり考える機会がなかったので、貴重な時間となりました。
  • 限られた時間の中で、要点をおさえて説明していただいたので、とても分かりやすかった。話す、きくといった基本的なコミュニケーションの中にもいくつも重要なポイントがあり、今後に活かせると思いました。
  • 相手の話をまず「聴く」ことを意識し、共感することで、相手の立場で、モノを考えて問題解決を「共」に行いたいと考えています。

実施、実施対象
2016年 3月     9名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回学んだスキルで、自分が話したいことを話すのではなく、どうすればより相手によく伝わるかを考えながら話していきたい。
  • 職場異動や新入社員の入社により、初対面となる相手に今回学んだスキルを活かし、より早くなじめるようにしたい。
  • 職場では幅広い年代の方々と関わるため、そういった場面で、話し方聴き方について活かしていきたい。公私共に役立てることができそうな内容を教えていただき、ありがとうございました。

実施、実施対象
2016年 1月     26名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
96.2%
参加者の声
  • 自分の弱点を見つけられたと同時に解決法を学んだため積極的に実践していきたいと思います。
  • 自分の苦手だった部分に対する改善の仕方や意識するポイントを知る事ができたので最後にまとめた部分、理解している事を示すために自分発信を忘れないようなあなあにしないよう心がけていきたい。
  • 業務のなかで多くの方々と話す機会があるため、まず相手のことをしっかりきいてあげて自分のいいたいことを話す。しっかり抑揚をつけて話したいと思います。

実施、実施対象
2015年 12月     40名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.0%
参加者の声
  • 苦手な人に対するアプローチを変えてみようと思った。講師の方と自分は違うタイプだったので、こんな考え方もあるんだなーと勉強になりました。
  • コミュニケーションの4つのタイプ分けが興味深かった。自分の特徴を分かりやすく理解すると共に、周囲の人たちへのある種のラベリングをすることで、相手と話す・聞く際に個別的対応をする指針になりうる、と感じ有意義だった。
  • 上司への報告の方法など細かいことから練習を重ねて上手くなれるようにしたい。疑問点・手前課題がすべてクリアになった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 16,508
  • 内容をよく理解・理解
    • 95.7
  • 講師がとても良い・良い
    • 95.3

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
若手向けにホウ・レン・ソウ(報連相)に特化した研修例
顧客や取引先とのコミュニケーション力を強化したい場合
部下指導研修 コミュニケーションの課題を解決する編(1日間)
新人のためのビジネスコミュニケーション研修
ビジネスゲーム研修 コミュニケーション強化編(1日間)

公開講座コミュニケーション研修

関連研修テーマ
プレゼンテーション研修
アサーティブコミュニケーション研修
クレーム対応研修
営業力向上研修
CS向上コンサルティングサービス

関連eラーニング
ミテモのコミュニケーション向上のeラーニングコンテンツ

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。