公共マーケティング研修 「地域の特性」を活かすプロモーション編(2日間)

2988公共マーケティング研修 「地域の特性」を活かすプロモーション編(2日間)

B MKT430‐0600-2988

18/08/24 更新


本研修の「ねらい」

近年の自治体の取り組みは、他の自治体の成功事例をただ真似るのではなく、自分の地域の強みや弱みを的確に捉えた上で、その特性を活かした独自の戦略を立て、情報発信していくことが重要となってきています。

本研修では、政策形成や情報発信に取り組んでいる職員を対象に、公共マーケティング(地域の活性化に向けたマーケティングやプロモーション)の視点及び具体的な手法について、講義や演習を通じて学んでいただき、即現場での実践につなげていただくことを目指します。


研修プログラム例

B MKT430‐0600-2988

研修プログラム例 (2日間)
内容
手法
  • 1.マーケティングとは何か
    【ワーク】日々の業務において、マーケティングにどのような形で関わっているか考える
    (1)マーケティングとは、相手を動かすこと
    (2)マーケティングの重要性
    (3)マーケティングの視点
    (4)「プロダクトアウト」と「マーケットイン」
講義
ワーク
  • 2.マーケティング戦略の立て方
講義
  • 3.環境分析 ~市場環境と組織の状況を分析する
    (1)外部環境の分析
    (2)内部の課題分析
    (3)SWOT分析
    【ワーク】 観光地としてSWOT分析を行う
講義
ワーク
  • 4.戦略の策定  ~誰に何を提供するか
    (1)STPマーケティングとは
    (2)「S」~セグメント化
    (3)「T」~ターゲット選定
    (4)「P」~ポジションの確立
    【ワーク①】組織の主要なサービス・製品を洗い出し、共有する
    【ワーク②】【ワーク】①よりひとつ選び、そのサービス・製品を購入する人とは具体的にどんな人か、また、サービスとして競合しているものにはどのようなものがあるか考える
    【ワーク③】そのサービス・製品の戦略を考える上で、どのように市場をセグメンテーションすればよいか考える
    【ワーク④】自らの組織がターゲットとするべきセグメントはどこか、図に描いて考える
    【ワーク⑤】競争優位を獲得するために、どのような違いを打ち出していくか考える
    【参考】ブランド戦略について
講義
ワーク
  • 5.戦術の考案
    (1)製品 (Product)
    (2)価格 (Price)
    (3)流通 (Place)
    (4)プロモーション (Promotion)
講義
  • 6.公共マーケティングの4P
    (1)製品 (Product)  ニーズを満たすもの全て
    (2)価格 (Price)  4種類の価格
    (3)流通 (Place) 顧客との接点
    (4)プロモーション (Promotion) 適切なメディアの選択
    【ワーク】前述の4.STPの【ワーク①】と【ワーク②】で取り上げたサービス・製品を売るために、どのような戦術を取るか考える
講義
ワーク
  • 7.情報の収集
    (1)情報収集は、仮説の正しさを証明するために行う
    (2)既存の情報を利用する
    (3)コミュニケーションを通しての情報収集
    (4)アンケート調査
講義
  • 8.PR手法の工夫
    (1)広報活動の役割と課題
    (2)広報とは
    (3)主な広報媒体
    (4)様々な展開手法
    (5)ツールはあくまでツール
    【ワーク】前述の4.の「【ワーク①】で取り上げたサービス・製品を売るために、「タイアップ広告」を打つことになったと仮定し、どのような著名人やキャラクター、もしくは、企業とタイアップするか考える
講義
ワーク
  • 9.地域の営業戦略としてのシティプロモーション
    (1)シティプロモーションとは
    (2)シティプロモーションにおける戦略
    (3)シティプロモーションにおける戦術
    (4)目指す理想像を明確にする
    【ワーク】 自地域の基本構想や基本計画の中には、どのような目標があるか考える
講義
ワーク
  • 10.「地域の特性」を活かしたプロモーション
    (1)「地域の特性」を考える意義
    【ワーク①】 自地域の特性を洗い出してみる
    (2)「地域の特性」を見つける手法
    【ワーク②】(1)の【ワーク①】で洗い出した自地域の特性を再度見直す
    (3)シティプロモーションからの発想
    (4)シティプロモーションの活動目標
講義
ワーク
  • 11.総合演習
ワーク
  • 12.まとめ
    巻末資料
    【参考①】ブランディング
    【参考②】マーケティング
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

この研修のベースは消費者向けの製品やサービスを扱うコンシューマ・マーケティングです。
これを公共マーケティングに応用しておりますので、当初は受講された地方自治体の職員の方から「若干の違和感を感じる」というような声がありました。

しかし、昨今は全くそのような声を聞かなくなりました。
シティプロモーションに代表される公共マーケティングが、より「売り込む」意識を強めてきているのだと感じています。
SNSを利用して情報を発信する、「ゆるキャラ」を作る、「話題性のある」プロモーションビデオを配信する、都心にアンテナショップを作る、イベントで人の流れを作る、など施策のレベルは民間のそれを凌駕する勢いです。

しかしながら、コンシューマ・マーケティングに学ぶこと、応用可能なことはまだたくさんあるはずです。
政策形成や情報発信に取り組む地方自治体の職員の皆さまに有用なヒントを提示することができる研修であると自負しています。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 6月     31名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.5%
講師:大変良かった・良かった
93.5%
参加者の声
  • 企画をする前に、まずはしっかりと現状分析をしていきたい。その際にテキストや研修を参考にしていく。 今後、公務員として、住民向けに行動を促したい時にも活用していきたい。
  • SWOT分析は自身の業務について改めて理解を含め、また今まで把握できていなかった部分を顕在化させることができた。
  • 現状をどのように捉えるか、4Pに当てはめると課題や改善点が明確となることが分かったのでこの方法を使って考えていきたい。

実施、実施対象
2017年 1月     36名
業種
JA
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • テキストがわかりやすく、また飽きさせない講義で、大変有益な研修だった。いろいろな視点で考え、日々の業務にも今日の知識を活用したい。
  • マーケティングの取り組み方をわかりやすく学ぶことができた。貴重なお話ばかりで、最後まで興味深く聞くことができた。
  • 能動的に活動を行い、地域を活発にすることが大事だと思うので、これから意識して行動していきたい。

実施、実施対象
2017年 1月     44名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.6%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • 日々、人とかかわる仕事をしているので、相手に伝わる話し方を意識していきたいと思いました。また、日々の仕事の中で、一つ一つのことをもっとよく考えて業務に取り組もうと思います。
  • 物事を考えるときに、順序だてて考えることの大切さ、またあらゆる側面からアプローチしていくことで捉え方が変わることなど、日頃から意識していきたいと思います。
  • 私の業務には直接関係はないと思っていたが、物事をいろいろな視点から細かく考えるなど、日々の業務に活かせる内容がたくさんあった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



地方自治体職員(地方公務員)向け研修の評価
年間総受講者数
261,356
内容をよく理解・理解
93.8
講師がとても良い・良い
92.6

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
官公庁・自治体
非営利法人
教育・大学
電力・ガス
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

ストレスチェック

シティプロモーション

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報