リーダーシップ研修 ~部下指導力強化編(2日間)

0519リーダーシップ研修 ~部下指導力強化編(2日間)

B OSL314-0200-0519

18/09/11 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

リーダーに求められる問題解決スキルに加えて、特に「部下が能力を最大限発揮できる環境」をつくるために必要な部下指導のスキルを身につけていただきます。

具体的には、8つの観点(「訊く力」・「ほめる力」・「叱る力」・「対話力」など)から、部下指導のスキルを徹底的に強化します。ポイントは、8つの観点それぞれにワークが盛り込まれており、これらが研修効果を高める仕掛けになっていることです。
例えば、「叱る力」では、自分が叱られた経験をグループで共有し、「上手い叱り方とは何か」を話し合うことで、研修内容への納得感を高めます。また、総合演習として、ケーススタディによる部下指導ロールプレイングも行い、部下指導における実践力を高めます。


研修プログラム例

B OSL314-0200-0519

研修プログラム例①(所要時間:1日目/2日間)
内容
手法
 
  • マネージメント層とは
    (1)多面的に考える管理者の仕事 ~立場を変えて考えてみる
     ①職場におけるあなたの役割は
     ②社員が能力を発揮できる環境をつくるためできること
    (2)管理者に求められる役割
講義
ワーク
  • 部下指導のポイント①
     ~指導の前に
講義
  • 部下指導のポイント② ~「聞く」スキルとは
    (1)「聞く」ペースと間の取り方
    (2)あいづち(共感フィードバック)
    (3)反復・言い換えをする(事実・要約フィードバック)
     【ロールプレイング】「聴く」特訓~心情理解を示し、話しやすい雰囲気を作る
講義
ワーク
  • 部下指導のポイント③ ~「訊く」力とは?
    (1)ヒアリングスキル
     ~「質問力」とは?=話を広げる・狭める/まとめる
     意見や意欲を引き出すスキル
    (2)相手が答えやすく、会話が進んでいく質問の仕方を学ぶ
講義
ワーク
  • 部下指導のポイント④ ~「ほめる」力
    (1)「ほめること」の基本・効用
    (2)「ほめること」実践講座
     【ワーク】「自分が言われて嬉しい言葉、ほめ言葉リスト」作成実習
講義
ワーク
  • 部下指導のポイント⑤ ~「叱る」力
    (1)「叱る」という事の理解
    (2)叱り方の「手順」の理解
    (3)「叱ること」実践講座
     【ワーク】いいにくいことの言い換えワーク
講義
ワーク
  • 部下指導のポイント⑥ ~「対話」力
    (1)年代が違う部下・後輩とのコミュニケーションの取り方
    (2)部下・後輩への指示の出し方
     【ワーク】「指示の出し方、助言の受け方」
    (3)報告のさせ方・受け方
     【ワーク】「報告のさせ方、受け方」ワーク
    (4)不平不満の受け止め方
講義
ワーク
  • 部下指導のポイント⑦ ~「お断り」力
      【ワーク】「お断り」実践演習
講義
ワーク
  • 一日目のまとめ
講義

 

研修プログラム例②(所要時間:2日目/2日間)
内容
手法
 
  • 前日の振り返り
講義
  • 部下指導のポイント⑧ ~相手に情報をうまく伝える
    (1)情報をわかりやすく伝えるとは?
    (2)話の前に人と人との触れ合いがあるとはどんなことか?
    (3)説明で重視すべきこと
    (4)なぜ、相手の気持ちになって話すのか?
    (5)話す「姿勢・態度・表情」のポイント
     説明する際のチェックポイント~気を付けるポイント
    (6)用語の共通化
    (7)説明の締めくくり方
講義
  • 【ロールプレイング】部下・後輩との関係の作り方
ロールプレイング
  • 問題発見・解決技法
    (1)問題とは何か ~現象面と原因の2側面を理解する
    (2)問題発見・解決の流れ
    (3)問題発見のポイント
    (4)現状調査・分析の方法
講義
ワーク
  • 問題を解決するための目標設定
    (1)目標の実現方法を考える
     ~「初め」と「終わり(ゴール)」について
    (2)実践できる計画づくり
    (3)実現のための方法
     ①やらない事を決める ②頭脳の分散処理
    (4)実現のためのポイント(交渉編)
     ~なぜ動きたくないのかを相手の立場で考える
講義
  • まとめ
     ~更なるレベルアップを目指して目標連鎖シートを作成
    (1)会社の目標
    (2)個人の目標
    (3)研修を受けての目標
講義
ワーク
グループ内発表
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 2月     25名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.0%
講師:大変良かった・良かった
92.0%
参加者の声
  • 部下とのコミュニケーションの取り方や指示の仕方等、活かしていきたい。様々な問題が発生した際に「なぜなぜ」解決手法で答えを導き出していきたい。
  • 普段の業務で悩んでいる部分(教育・指導)について専門的な説明があり、置き換えて考えやすく、参考になった。
  • 人の気持ちという、目ではわからない部分を少しでも理解でき、参考になりました。

実施、実施対象
2017年 7月     19名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 分かりやすかったのと実践的な内容だったので、自分の中で考えさせられる事が多かったです。今後、コミュニケーションに活かしたいと思います。
  • 自分が出来ていない所に気付くことが多く、とても有意義な時間でした。
  • 本当に実際に良くある内容の研修でしたのでかなり有益でした。まずは傾聴して、風通しの良い職場を作っていきたいです。

実施、実施対象
2017年 5月     45名
業種
製薬
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目標設定を業務の流れに沿って設定し、なるべく短いスパンで部下と面談(会話)して、遂行度や問題点を早い段階で洗い出し解決していきたいです。
  • これまで手探りで周りのリーダーをまねてマネジメントをしてきましたが、とても参考になりました。(業務だけでもマネジメントの方法はわかりますが、今日のような内容は意識できていなかったです。)
  • 上司や部下のリーダーとコミュニケーションを取りながら業務を進める際に参考にしたいです。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の質問セレクション

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



リーダーシップ研修の評価
年間総受講者数
5,989
内容をよく理解・理解
94.9
講師がとても良い・良い
93.9

※2017年4月~2018年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

人気研修で川柳 七〇歳シルバー新入社員 銀子の一句

お仕事歳時記

スピード見積もり

インソース採用情報

INSOURCE TOPIC

インソースブログ