loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

コミュニケーション研修~意見の異なる相手と対話し協働する編(半日間)

コミュニケーション研修~意見の異なる相手と対話し協働する編(半日間)

「解決策が明らかなのに相手が動いてくれない」関係性の中で生じる問題への対処法を身につける。

研修No.B CMN520-0000-4909

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層

・複数名で協力しないと進められない性質の業務に従事する方
・リーダーシップを発揮して仕事を進める立場の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 相手から反対されることが気がかりで、自分の主張を相手に伝えられない
  • 自分の意見を主張し過ぎてしまい、相手から反発を受けることが多い
  • 解決策が明らかなのに、相手を納得させることができない

研修内容・特徴outline・feature

協働すれば解決できる仕事であっても、誰も動かずに仕事が停滞する場合があります。
典型的なのは、関係者の部門が異なるために利害が一致しない、職位の違いが状況に対する見方に影響し理解が得られない、といった状況です。
こうした関係性の中で生じる問題を解決する突破口が対話です。
本研修では、「解釈は人によって異なる」という対話の前提条件を理解したうえで、対話の初期段階から事後対応までのポイントを実践的に学びます。

到達目標goal

  • ①意見の異なる相手との仕事において、なぜ対話が効果的なのかを理解する
  • ②対話の準備と初期段階における客観視と傾聴の重要性を理解する
  • ③対話の中で自分の考えを伝えたうえで、相手の反応や解釈を理解するスキルを高める

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.仕事とは考え方の違う相手と協働すること
    (1)仕事における関係性について振り返る
    【ワーク】社内で仕事を進める際に相手との認識の違いを感じた経験を振り返る
    (2)よくある調整の失敗事例 ~調整相手の状況をふまえた対応ができない
    (3)関係性の中で生じる問題の解決策としての対話
講義
ワーク
  • 2.対話に入るための前提条件
    (1)対話の前提 ~解釈の枠組みはひとそれぞれ異なる
    (2)対話の目標 ~ゴールを揃えられれば歩み寄りは可能
    (3)対話に不可欠な客観視
講義
  • 3.対話の初期段階 ~アサーティブコミュニケーション
    (1)自分の考えを伝えたときに、相手が納得してくれない状況とは
    (2)自分の解釈を脇に置いて相手を観察する
    (3)相手の考え方とその背景も含めて傾聴する
    【ワーク】2人1組で相手に向き合って話を聴く練習をする
講義
ワーク
  • 4.対話の山場 ~情報と感情を整理して判断する
    (1)考えを端的に述べて意向を伺う ~迎合せずに相手を受け入れる
    (2)自分が話す時間を制御する ~意見の押しつけを避ける
    (3)解決策の方向性を確認する ~その場で無理に決定しない
    【ワーク】2人1組になり、所定のテーマについて自分の意見を述べたうえで相手の見解を尋ねる
講義
ワーク
  • 5.対話の事後対応 ~対面ではなく後に決める方が良いこともある
    (1)相手の解釈をふまえて解決策を考える
    (2)事後対応内容を文書化して送る
     ①記録としての目的
     ②対面で出なかった意見に対して備える目的
    (3)解決策に対する相手の反応を観察する
講義
  • 6.ケーススタディ
    【ワーク】担当業務を変更したメンバーから、「自分の仕事が評価されていなかったのかと思うと残念です」とメールが入った。このとき、①相手との対話に向けた準備や質問を考えたうえで、②相手の意見をふまえた解決策を検討する。
ワーク

7605

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

他部署や社外はもちろん、同じ職場内であっても一人ひとりの考え方や解釈は異なります。
ノウハウやスキルで解決できない問題を解決するためには、この前提を認識することで建設的な対話を試みることです。
一見、当たり前に思えることではありますが、研修では自身の経験を振り返ったり、他者と向き合って話や意見をきいたりするワークを通じて、対話を成功させるための基本を振り返る、現実的な解決を目指す内容となっています。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コミュニケーション研修の評価
年間総受講者数
29,860
内容をよく理解・理解
95.5
講師がとても良い・良い
93.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■基本
■応用
■階層別
<関連サービス>

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる