コミュニケーション研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

コミュニケーション研修

コミュニケーション研修

研修の特徴・目的

相手目線のコミュニケーションスキルを身につける

コミュニケーションは、多様な人材との協働の肝

コミュニケーションは仕事で求められるスキルのうち、最も基本となるものの一つです。職場がダイバーシティ化する中、価値観やバックグラウンド、働き方の異なる相手と協働するために、コミュニケーションはますます重要になっています。 従業員がコミュニケーションの重要性を理解するとともに、そのスキルを身につけることで、チームワークの向上や、仕事の効率化、コミュニケーションの不足によるトラブルの未然防止にもつながります。

コミュニケーションの場面は、日々のホウ・レン・ソウや、相手に行動変容を促したい場面、部下の支援・指導など多岐にわたり、職種によってコミュニケーションをとる相手も異なります。ただし、共通しているのは、自分本位ではなく、相手の視点を理解した対話が重要という点です。

相手の気持ちに配慮しながら、自分の意志を分かりやすく伝える

インソースのコミュニケーション研修は、まずは相手を受け止めること、より深く理解するための質問をすること・相手が理解しやすいように伝えることなど、「相手目線であること」をベースに構成しています。メンバー全員が多様性を理解し、相手の気持ちに配慮しながら、自分の意志を分かりやすく表現する力を高めます。講義と、グループワークやロールプレイングなどの実践を繰り返し、ノウハウを現場で活用できるように導きます。


コミュニケーション研修のポイント

コミュニケーションの重要性を再認識し、必要な聴く・訊く・話すのスキルが身につく

コミュニケーションは意識をするだけでも、上手なスキルだけがあっても成り立ちません。コミュニケーションの重要性について再認識したうえで、聴くスキルと訊くスキル、伝えるスキルの3要素のポイントを学びます。どうしても話すことばかりにとらわれがちですが、しっかりと伝えるためには、相手がどう思っているのかや何を知りたいのかをしっかりきくことが大切です。

研修では、精神論に傾けず「はいのあいづちを使い分ける」「一息で話せる文量にする」などのノウハウをお伝えし、ワークやロールプレイングを行います。学びをアウトプットすることで現場での実践につなげます。

目的に応じて組み合わせられるだけの多様なコンテンツ

インソースのコミュニケーション研修は、以下3つの観点で様々なバリエーションを用意しています。

①研修を実施する目的は何か
②コミュニケーションの主体者と対象者は誰か(誰から誰へのコミュニケーションか)
③どのような場面でのコミュニケーションか

例えば「コミュニケーション×風通しの良い職場環境」「コミュニケーション×若手育成」「コミュニケーション×売上向上」など、お客さまのご要望・ニーズに合わせた最適な組み合わせをご提案いたします。

<コミュニケーション研修おすすめラインナップ(資料ダウンロード)>
コミュニケーション研修ラインナップ

※本資料のエクセルファイルのダウンロードはこちら


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

コミュニケーション研修のおすすめプラン

共感力と論理力の両輪で世代間ギャップを克服するプラン

自分たちの世代の常識を押し通そうとする意識を変え、他の世代の考え方を理解し歩み寄ろうとする組織風土を醸成するとともに、各自が不得意とする部分を補うパッケージング

各階層の「タテ・ヨコ・ナナメ」の関係性を強化するプラン

社員同士の関係が希薄化している組織向けに、各階層にタテ(上司・部下)・ヨコ(同僚)・ナナメ(他部署の先輩・後輩)の関係を強化する研修を実施し、結束力を高める

若手・中堅のコミュニケーション力、思考力を鍛えるプラン

若手・中堅が自信を持って働けるように、どの環境でも必須のコミュニケーション力と思考力を学ぶ。アセスメントテストの結果に応じて、各自がレベルに合った研修を受講する

コミュニケーション研修 旬のプログラム

コミュニケーション研修 旬の動画教材・eラーニング

コミュニケーション研修のご提供コンテンツ

【研修以外でのコミュニケーション促進】

おすすめリンク

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

閉じる