loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

アサーティブコミュニケーション研修

アサーティブコミュニケーション研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

言うべきことを上手に伝える

「アサーティブ」とは、消極的でも攻撃的でもなく、自分の考えを大事にしつつ相手も尊重する、いわば「自他尊重」的な態度のことを指します。相手の置かれている状況や気持ちを尊重しながらも、自分の意見を率直に伝えられるようになるためのスキルが、「アサーティブコミュニケーション」です。様々な価値観を持つ人と快適に仕事を進めていくうえで、アサーティブコミュニケーションは欠かせないビジネススキルの一つと言えます。

「部下に指摘する」、「懇意にしている取引先からの依頼を断る」など、ビジネスの現場においては“言いにくいこと”を伝えなくてはならないシーンが多くあります。アサーティブコミュニケーションを習得することで、このような“言いにくいこと”でも相手に上手く伝えられるようになります。また、円滑なコミュニケーションが促されることで、生産性向上や職場のハラスメント防止、メンタルヘルス向上効果も見込めます。

インソースのアサーティブコミュニケーション研修では、基本知識を習得後、ケース別のロールプレイングを繰り返し行います。「報告が遅いため、チームが迷惑していることをアサーティブに伝える」「年上の部下に指摘する」などの具体的な事例を通じて、研修受講後すぐに現場で実践していただけることを目指します。


アサーティブコミュニケーション研修のポイント

現場での実践につながりやすいプログラム

本研修では、アサーティブコミュニケーションのスキルの説明に先んじて、受講者が普段「アサーティブになりにくい」と感じている場面を具体的に洗い出すワークを行います。自分の課題を明確にしてから、「客観的な事実だけを簡潔に」、「主観を伝える際は『Iメッセージ』で」といった“相手の感情に配慮した”アサーティブな伝え方を習得し、そのうえで、先に洗い出した場面について、研修内容を踏まえた対処法を考えていただきます。このように、現場での実践につながりやすい工夫がされているのが、弊社のアサーティブコミュニケーション研修の特徴です。

様々な階層、業界で実施可能

アサーティブコミュニケーションはあらゆるビジネスの場面で活用できます。インソースでは、お客さまの現状や状況を細かくヒアリングしたうえで研修プログラムを作成いたします。例えば階層別に実施する場合、その階層にマッチしたケーススタディをご用意することが可能です。

<ケーススタディ例>
・上司からの依頼を断りたいとき
・同僚に仕事のやり方を変えてほしいとき
・先輩に業務を依頼したいとき
・後輩に直してほしいところがあるとき
・部下に指摘しなくてはならないとき

また、「保育士向け園児の保護者との関係構築」や「大学職員向け学生や保護者への応対スキル」など、特定の業界向けのカスタマイズ実績も豊富です。詳しくは、弊社営業担当までお気軽にご相談ください。

「人を動かす」ことの難しさを熟知した講師が登壇

官公庁や病院、IT、金融、アパレル、医療機器などあらゆる業界出身の“ビジネス経験豊富”な講師が登壇します。講師陣は、これまでのキャリアにおいて「人を動かす」コミュニケーションスキルを駆使し、成果を上げた実績を持っていますが、同時に「人に伝える」、「人を動かす」ことの難しさも、自らの経験を通じて熟知しています。だからこそ、受講者の皆さまが抱えている様々なお悩みに寄り添った講義を行うことが可能です。

本研修では、講師が現場で苦労したリアルな経験談も織り交ぜながら、アサーティブコミュニケーションのテクニックだけでなく、職場でうまく立ち回るコツなど実践的なノウハウをお伝えします。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

アサーティブコミュニケーション研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!