研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

自己効力感

新人・中堅・ベテランなど年次や経験を問わず、成長のためには「できる」という実感、すなわち「自己効力感」が大切です。特に、近年の新人は実践の機会がなく自信が持てないがゆえに、受け身の姿勢になりがちです。自己効力感が低い状態は、モチベーション低下や離職に繋がるリスクを含んでおり、具体的な対策が必要です。

自己効力感向上のためには、小さくても「できること」を増やしたり、ポジティブ思考法など具体的な手法を身につけさせるのが効果的です。また、本人に対する教育だけでなく、上司・先輩の育成スキルアップや意識づけを行うことで、自信を持ちやすい環境を作ることができます。モチベーション向上や新人の主体性向上のためにも、ぜひ「自己効力感を高める育成」を始めてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧