働き方改革研修~ワークライフバランスの実現を考える編(半日編)

3058働き方改革研修~ワークライフバランスの実現を考える編(半日編)

17/11/07 更新


当研修の「ねらい」

様々な価値観を持つメンバーの一人ひとりが、自分と異なる価値観で働く人を認めたうえで、皆が働きやすい職場づくりを目指し、チーム全体でワークライフバランスの実現につなげていただくことを目的としています。

具体的にはまず、ワークライフバランス推進のメリットを再確認したうえで、残業の必要性について異なる考え方を持つメンバーの事例を通じ、自分の常識が相手の常識ではないことを徹底的に理解していただきます。
そのうえで、不要な残業時間の削減に向け、職場・チームをあげて改善活動に取り組んでいくための「きっかけづくり」を学んでいただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.「ワークライフバランス」について
    (1)一般的に「ワークライフバランス」の必要性が高まった背景
    (2)ワークライフバランスのポイント
    【ワーク】ここまでの講義を踏まえ、「ワークライフバランス」を推進するメリットについて考える
講義
ワーク
  • 2.ケーススタディ
    【ワーク①】「ワークライフバランス」の観点で考えた時、下記の3つのケースでは、何が問題か考える
    <ケース1>定時に帰りたいが、残業が当たり前の上司の下では帰りにくいと感じる部下
    <ケース2>子育て中で残業できないため、簡単な仕事しか任せてもらえないと感じる女性社員
    <ケース3>ワークライフバランスの必要性は感じるが、残業して仕事を覚えることも大事と考える上司
    【ケース②】ワーク①で洗い出した要因をクリアし、ワークライフバランスを実現する職場をつくるためにはどんなことが有益か、アイディアを自由に考える
    (1)ワークライフバランスが進まない理由とは
    【ワーク③】ワーク②で考えたアイディアに実際に取り組もうと思った際に、「難しい」「諦めてしまいそうだ」と感じる要素はないか考える
講義
ワーク
  • 3.職場の残業時間削減に向けた改善活動について
    (1)仕事はチームで行う ~業務の分担・分類を見直す
    (2)残業時間削減に向けた改善活動とは
講義
  • 4.職場・チームで改善をはかるためのきっかけづくり
    (1)良い関係構築を前提とする
    (2)ワークライフバランスを実現するきっかけづくり ~お互いに声をかける
    【ワーク】社内の様々な取り組みについて、自部署で取り組んでいることと、効果が出ていることを共有する
    【参考】ワークライフバランスを実現させるための残業削減等の取り組み事例
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】今日の話し合いを踏まえて、「これはいいな」「これは職場で使ってみよう」と思ったことを整理する
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

本研修は、部下のワークライフバランス度を上げるには何をすべきかをお悩みの管理職の方向けに開発されました。

研修では、①ワークライフバランス推進のメリット ②残業に関する多様な感じ方 ③残業時間削減に向けた改善活動 を演習を中心に理解を深めていただきます。

職場・チーム全体で皆が働きやすい環境を作るために、管理職が率先して業務改善活動を推進する必要性を強く感じていただける研修です。

講師からみた研修の様子

前半のワークライフバランスについては、ワークとライフのバランスを取る事が目的ではないことを伝え、部下のワークライフバランス度を上げるために取り組めること、関わり方などについて話し合っていただき、多様な視点をお感じ頂けたのではないかと思います。
後半の業務改善については実現性も含め、短い時間ではありましたが、積極的に討議発表いただくことができました。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 2月     33名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
84.8%
参加者の声
  • 各職場の業務状況の情報共有ができ、有益でした。 悩みも共通であると認識できました。
  • 講義やグループワークで知識・理解を深めることができた
  • 業務を洗い出して効率化を考えていきたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



キャリアデザイン研修(基本)の評価
年間総受講者数
11,284
内容をよく理解・理解
92.6
講師がとても良い・良い
92.0

※2016年10月~2017年9月

関連キャリア研修
一般的な研修例
自治体向けの研修例
若手向けキャリアデザイン研修
40代向けキャリアデザイン研修
50代向けキャリアデザイン研修
女性向けキャリアデザイン研修
再任用職員向けキャリアデザイン研修
SE向けキャリアデザイン研修
キャリアデザイン研修 主体性を発揮する(1日間)
20代向けキャリアデザイン研修 Must・Can・Willでキャリアを考える編(1日間)
学校法人向け一般職研修 環境分析とキャリアデザイン編(1日間)

公開講座キャリア研修
関連研修テーマ
自治体・官公庁向け研修
女性管理職研修
ワークライフバランス研修
中堅社員研修
内定者向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー