外資系企業の中途採用比率は9割以上、中途採用比率の公表義務化の認知度は2割弱

2020年6月24日

外資系企業の中途採用比率は9割以上、中途採用比率の公表義務化の認知度は2割弱

 企業の中途採用比率は、外資系企業で「9割以上」、日系企業では「5割程度」と回答するが最も多いことが、エンワールド・ジャパン(東京・中央、ヴィジェイ・ディオール社長)の調査で明らかとなった。

 現在の中途採用比率を聞くと、外資系企業は「90%以上」が最多で52%、日系企業は「50~69%」が最多で30%となった。中途採用比率が50%を超えている企業は、外資系企業で79%、日系企業で62%だった。

 厚生労働省が発表した「中途採用比率の公表義務化」(2021年4月施行開始予定、従業員301人以上の企業対象)について知っているか聞くと、「知っている」と回答した企業は外資系企業で20%、日系企業で14%と2割弱にとどまった。

 「中途採用比率の公表義務化」は、企業にメリットがあると思うか聞くと「ある」と回答した企業は外資系企業で14%、日系企業で16%となり15%程度に留まった。「分からない」と回答した企業が最も多く、外資系企業で58%、日系企業で59%と約6割となった。

 企業にメリットが「ある」と回答した企業にどの様なメリットがあると思うか聞くと、最も多かった回答は、外資系企業では「求職者が転職先を探す際の、公平な情報提供の機会となる」(80%)、日系企業では「求職者の応募を集めやすくなる」(67%)だった。

 「中途採用比率の公表義務化」は、求職者にメリットがあると思うか聞くと、「ある」と回答した企業は外資系企業で42%、日系企業で46%と4割強だった。

 求職者にメリットが「ある」と回答した企業にどの様なメリットがあると思うか聞くと、最も多かった回答は、外資系企業、日系企業ともに「転職の際に企業の体質を比較しやすくなる」となり、外資系企業で79%、日系企業で71%が回答した。

 一方、転職サービス登録者を対象に「中途採用比率の公表義務化」について知っているか聞くと、「知っている」と回答した人は外資系企業社員で8%、日系企業社員で10%と1割以下となった。「知らない」と回答した人は 約7割(外資系企業社員72%、日系企業社員67%)だった。

 また、「中途採用比率」のどの項目の比率に興味があるか聞くと、1位は「年代」(同55%、64%)だった。次いで「全体」(同46%、44%)、「職種」(同38%、41%)となった。

【中途採用比率のどの項目の比率に興味があるか トップ5】
1位 年代 (外資系企業社員55%、日系企業社員64%)
2位 全体 (同46%、同44%)
3位 職種 (同38%、同41%)
4位 管理職 (同29%、同35%)
5位 性別 (同25%、同23%)

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。