フィードバック研修|部下の成長を支援するスキル | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

フィードバック研修

フィードバック研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

“ダメ出し”で終わらない「正しいフィードバック」とは?

フィードバックとは、「業務内における部下の行動などについて、評価した結果を具体的に伝えること」を指します。評価面談の場においてはもちろん、業務上の指導など、ビジネスのあらゆるシーンでフィードバックは頻繁に行われています。

しかし、上司がフィードバックを行う目的や、正しいフィードバックのやり方を知らないと、つい場当たり的になっていたり、できない点のダメ出しをするだけで終わっていたりすることも少なくありません。適切な指導とするためには、「どのようなところが優れているか」、「今、できていないところが、どうしたらできるようになるか」までを具体的に伝えることが重要です。

インソースの「フィードバック研修」は、日常的な部下との関わりにおけるフィードバックを通じて、部下の成長を支援することをねらいとした研修です。これまで何気なく行われていたフィードバックの重要性を再認識したうえで、効果の高いフィードバックを行うためのプロセス、留意点、必要スキルについて実践的に学んでいただきます。フィードバックの「始め方」から「終わり方」、「ほめ方」や「叱り方」といった個々のスキルは、評価面談、OJT指導、コーチングなどにも活用できるので、管理職だけでなく、部下・後輩指導にかかわるあらゆる階層の方におすすめのプログラムです。

フィードバック研修のポイント

「本当の意味でのフィードバック」ができるようになる

フィードバックの真の目的とは、「部下の成長」この一言に尽きます。特に「主体性がない」と言われるイマドキの若手に自立的な行動を促し、成長につなげるためには、フィードバックを通じて、どうしたら現状から「期待する姿」に近づくことができるかを、上司と部下がともに考えることが大切です。

本研修では、ほめ方や叱り方といった実践スキルはもちろん、日頃から部下に安心感を与えて信頼関係を築くための、上司としてのマインドの強化も図ります。その場限りの指導に終わるのではなく、業務上の問題や課題について部下を動機づけながら、今後の成長につなげるという「本当の意味でのフィードバック」ができるようになることを目指します。

現場のリアルな状況に即したケーススタディで“腹落ち”できる

「正しいフィードバック」ができるようになるには、プロセス、留意点、必要スキルなど、フィードバックに関する知識を学ぶだけでなく、できるだけ現場のリアルな状況に即したケースを通じて「実践練習」してみることが欠かせません。「今までこんな場面での声掛けに悩んでいたが、こうすればいいのか!」と“腹落ち”することが重要です。

本研修では、「意欲・やる気はあるが目標があいまいな部下への指導」「消極的な目標を立てる部下への指導」といった具体的なケーススタディを通じて、講義で学んだフィードバックのやり方を実践していただきます。上司と部下のリアルなケース設定は、評価面談やOJT指導の実践においてもご活用いただけます。

「良いフィードバック」のための「フィードバック」~万全のフォロー体制

実施した教育を最大限活用するには、知識やスキルの定着が必要です。しかし、フィードバックのような日常的なスキルの場合、せっかく研修を受講してもその後のフォローがないと、すぐに自己流に戻ってしまいがちです。

本研修では、学んだことを「学びっぱなし」で終わらせないための様々な仕組みをご用意しております。研修実施後3か月間に渡って定期的にアンケートを実施して学んだことを思い出させる「呼び覚まシステム」の導入や、研修で作成したアクションプランを現場で実践した後の振り返りと改善、さらなるスキルの強化を図るフォローアップ研修のご提案など、まさに「良いフィードバック」のための「フィードバック」とも言えるようなフォローを実施することがインソースでは可能です。

研修効果測定・定着化サービス 全力Q&A

フィードバック研修ご検討のお客さまからのご質問

「現場の状況に即したリアルなケース」はどうやってつくるのですか?

ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題を実施することが多いです。「部下や後輩の指導・育成において、難しいと思うことや悩んでいることはありますか?」といったアンケートに答えていただくことで、貴組織独自の課題を具体的に汲み取り、そのまま現場で活用できるケーススタディやテキストを作成いたします。

例えば、「真面目で同僚からの信頼も厚いが、仕事を一人で抱えてしまいがちで残業することも多い部下」、「普段から効率的で質の高い仕事をしているが、自己主張が激しく部署の内外で社員との意見衝突を起こしがちなベテランの部下」といった、実際の現場での指導で悩みがちなケースでの実施実績がございます。

インソースの研修の流れ~事前課題実施

自分が普段どんな態度でフィードバックを行っているか、チェックしたいのですが。

本研修ではご希望に応じて、フィードバックの実践ロールプレイングの際に、受講者がお互いの様子をスマホで録画することも可能です。他の受講者や講師からのフィードバックを通じて、自身では気づかない癖や表情、態度などの非言語面の改善を図ることができます。

また、話すときの表情や態度以外にも、意図が端的に伝わっているかといった、話の「内容」についての振り返りをしたい、という方には以下のような研修もおすすめです。

分かりやすい伝え方研修

フィードバック研修とセットになるような、おすすめの研修はありますか?

フィードバック研修とセットでおすすめの研修には、様々なものがございます。フィードバックをどのような場で活用したいとお考えになっているか、弊社の営業担当が詳細にヒアリングさせていただいたうえで、最適なプログラムをご提案いたします。

以下はその一例でございます。

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
評価者研修
1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

フィードバック研修のおすすめプラン

双方が納得できる評価に導く日常フィードバック促進プラン

上司は部下に対してまめなフィードバックを行い、部下も上司に成果を正確に伝えることで、コミュニケーションが活性化し、評価の納得度が生まれる組織づくりを目指す

熱意・フィードバック・表現力UPによる指導力強化プラン

伝え方を工夫することで指導力向上を図るプラン。アサーティブコミュニケーション・フィードバックスキル・行動経済学を用いたモチベーション向上方法を学び、指導に活かす

若手の文書力と上司の添削力を向上させる文書力向上プラン

若手社員には文書研修と文書添削を通じて、文書作成力を向上させる。加えて、管理職には添削力を向上させることで、手戻りが少ない文書力の高い職場にしていく

フィードバック研修のおすすめ動画教材・eラーニング

フィードバック研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

【コア・ソリューションプラン】

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!