研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

人材ポートフォリオ

ポートフォリオは、持ち運びできる書類入れのことで、金融業界では「有価証券一覧表」のことを指し、教育業界では生徒の学習記録をファイルしたものを指します。他にも、クリエイターやデザイナーが、クライアントに対し自身のプレゼンを行う際、過去に製作した作品を見せるファイルもポートフォリオと言います。どの場合も、ファイルに出し入れする情報という意味では共通で、随時最新のものを相手に見せる必要があります。

人材ポートフォリオは、人材を資産と捉え、組織が保有する人材を多面的に可視化することで、最適な配置や育成、目標達成の実現化を目指すものです。

近年、労働力の不足やグローバルでの日本の競争力低下を、多彩な労働力で補っています。働き方の多様化もあり、女性や外国人、時短勤務者など、様々な雇用形態・属性の人材をマネジメントする必要が出てきました。
様々な人材を活用することは、一方向からだけでなく、多種多様な視点からの意見を活用できるため、イノベーションが起こりやすいと言われています。

多様な人材の配置を最適化することで、成果につなげるためにポートフォリオが活用されます。人材の能力・属性を見える化すると、「10年後にマネジメント人材が足りなくなるな」「5年後を目指してIT人材を増やそう」といった、中長期的な人材戦略を練り上げることができます。

人材ポートフォリオを作るためにまず何から始めたらよいのでしょうか。着手しやすいのは適性検査です。スキルや適性、性格などを客観的に分析し、どんな人材が社内にいるのかを把握します。人材を見える化することで、余剰や不足も分かり、より事業の目的に合った人材を採用する戦略が組めます。
人事評価の際にも、感覚ではない客観的な評価に活用でき、従業員側にも納得感が生れます。

人材は育てることができる資源と言われています。従業員のタイプに合わせた助言でやる気を引き出すなど、限られた人材を効果的に育成する際にも、重要なツールになります。

ポートフォリオ(書類ばさみ)という言葉からもわかるように、従業員の能力や現在の状況に変化があれば、ファイルの中身は随時入れ替え、成長に合わせて更新する必要があります。最初から完璧な人材ポートフォリオを目指すのではなく、できるところから見える化し、人事と戦略を結び付けていくことをおすすめします。

最後に、企業戦略ではありますが、人材ポートフォリオは人に優劣をつけるものではありません。運用方法を誤ると、モチベーション低下など逆効果になるので、従業員への配慮が必要です。

※関連ワード LMSはこちら

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧