研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

オンボーディング

オンボーディング(on-boarding)とは、「船や飛行機に乗っている」という意味の英語"on-board"から派生した言葉です。企業が新たに採用した人材を組織の一員として定着させ、離職防止や即戦力化につなげるための一連のプロセスのことを言います。対象となるのは主に新入社員や中途社員ですが、異動者や出向者、入社前の内定者などに新天地で活躍を促すための施策として、オンボーディングプログラムを実施する組織もあります。

これまでも新入社員については、新人研修やOJTなどを通じて一定期間教育を実施するのが一般的でした。新人教育には、社会人としての基礎力向上や組織文化への順応を促すという目的があります。

一方、すでにスキルのある中途社員についても、組織に早く馴染んで持てる力を発揮できるよう、オンボーディングに力を入れる企業が増えています。「中途だから教えなくても大丈夫」と思われがちですが、既存社員が協力して自組織の仕事のやり方を教えることでコミュニケーションが活性化し、中途社員がスムーズに職場に溶け込めるようになります。また、オンボーディングへの取り組みを通じてチームに一体感が生まれ、組織の生産性向上やエンゲージメント強化にもつながります。

中途社員のオンボーディングを成功させるカギとなるのは、入社前後に人事や上司と行う面談です。面談を行う人は、傾聴力や質問力を駆使して、表面的な経歴だけではない社員の強み・経験・価値観・キャリア観をしっかりと把握することが重要です。これをふまえ、組織側は中途社員にどのような活躍を期待しているか伝え、目標を共有します。

また、新人と同様、入社後の目標達成に向けたOJT計画を作成し、期間を決めて振り返りの機会を設けましょう。定期的に面談を行い、仕事の進め方の理解は進んでいるか、チームに上手く馴染んでいるか、なども確認します。もし悩んでいたら、転職というチャンスを自組織で活かす意識の持ち方、人間関係を円滑にするコミュニケーション手法などについて伝えてみるのもよいでしょう。

せっかく優秀な人材を確保しても、そのまま組織に定着し、成果を出せるとは限りません。コストと労力をかけて採用した社員が受け入れ側の不備や怠慢で挫折してしまい、早期に離職してしまうのは大きな損失です。人事担当が全社に呼びかけ、社員がいち早く組織文化に馴染むためのオンボーディング施策を進めていきましょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧