loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

新人・若手向けコミュニケーション研修 ~デキる「ホウ・レン・ソウ(報連相)」編(1日間)

新人・若手向けコミュニケーション研修 ~デキる「ホウ・レン・ソウ(報連相)」編(1日間)

相手の立場に立ったホウ・レン・ソウを行うために、話すタイミングや話すべき基準を、ワークを通じて習得する

研修No.B NEP304-0400-1098

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層

・上司や関係者にわかりやすく、伝わるホウレンソウをするコツを学びたい若手の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新人(若手)が、上司先輩へわかりやすく「報告」をすることができない
  • 新人(若手)が、上司へ「連絡」「相談」するタイミングを図ることが苦手である
  • 組織の今後の中核人材として、若手のコミュニケーション力をアップさせたい

研修内容・特徴outline・feature

新人研修テキスト販売の詳細はこちらへ

相手(上司・先輩)の立場に立った、組織にとって価値ある「ホウ・レン・ソウ(報連相)」ができるようになることを目指す研修です。

具体的には、「ホウ・レン・ソウ(報連相)」を行ううえでの壁となる、2つの悩みを解決します。

①タイミングが分からない
上司・先輩の立場になって考え、「自分にとっての目的」「相手にとっての意義」を明確にすることを理解していただきます。
それを踏まえて、ホウ・レン・ソウ(報連相)するタイミングや順序を考える判断基準をお伝えします。「相手の都合を確認する」「話の全体像を提示する」など、話しかける際のマナーも具体的にお伝えします。

②分かりやすく話せない
話の内容に「6W3H」を含める、「クッション言葉を活用する」など、相手に配慮し、端的に内容が伝わる報連相ができるようになるコツを習得します。

到達目標goal

  • ①新人・若手に求められるコミュニケーションの取り方について理解する
  • ②「ホウ・レン・ソウ」の意義と基本的な方法について習得する
  • ③上司先輩との、円滑なコミュニケーションを取るためのきっかけづくりとする

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.新人世代に求められるコミュニケーション
    (1)あなたならどうする?
    【ワーク】電話内容の確認について
    【ワーク】依頼された仕事内容の確認について
    【ワーク】仕事外の誘いを受けた場合について
    (2)「コミュニケーションが苦手」は個性ではない
    (3)主体的にコミュニケーションをとる
    (4)円滑な人間関係を築く
    【参考】言い方にも気を配る
講義
ワーク
  • 2.「ホウ・レン・ソウ」とは
    【ワーク】上司・先輩にとっての目的と意義について
    (1)ホウ・レン・ソウの目的と意義
    (2)ホウ・レン・ソウするかどうかの判断基準
    【参考】報告・連絡・相談の違い
講義
ワーク
  • 3.ホウ・レン・ソウのポイント① タイミング
    (1)大前提 ~「遅すぎる」ことはよくあるが、「早すぎる」ことは稀である
    (2)重要度・緊急度に応じたタイミング
    【ワーク】重要度と緊急度による報連相する項目の分類
    (3)タイミングに関するマナー ~本題に入る前に
講義
ワーク
  • 4.ホウ・レン・ソウのポイント② わかりやすさ
    (1)「相手にとって」わかりやすいために
    (2)わかりやすくするコツ ~6W3H
    【ワーク】「5W1H・6W3H」で考える
講義
ワーク
  • 5.ホウ・レン・ソウの具体的な方法
    (1)話す順序
    (2)「訊く」スキルとは?
    【ミニワーク】ファイルの保管場所、日報の作り方等を訊く
ワーク
  • 6.実践ロールプレイング
    2人1組になり、報告・連絡・相談を受ける上司役と、報告・連絡・相談をする若手社員役に分かれてロールプレイング
    【題材1】大切なファイルデータを消去してしまい、直接のトレーナーではない別の先輩のサポートを受け復旧作業をしたい場合
    【題材2】タテ印刷設定をヨコ印刷したいが、それを教えてくれた先輩が忙しそうにしている場合
ロールプレイング
  • 7.研修を振り返って

5370

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年4月     17名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相談後の事後報告をしなかったり、よくないといわれていることを、今まで自分がやってしまっていたと気づかされた研修でした。
  • 報告・連絡・相談を行う際、これを聞いて相手がどう思うかを考えて、事前準備を怠らないことを常に意識してコミュケーションを取っていきたい。
  • 上司に報告・連絡・相談するときは、なるべく具体的にかつ分かりやすく伝える。また、相手を思いやる気持ちを持ち、クッション言葉を自然に使えるように努力する。

実施、実施対象
2020年7月     32名
業種
商工会
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.6%
講師:大変良かった・良かった
96.9%
参加者の声
  • 報連相それぞれの違いを学ぶことができたので、状況に合わせて適した方法を使って実践していきたい。お客様への電話・メール対応をより適切に行えるように、意識を改善する。
  • 報連相を活用することで仕事をすすめやすくし、信頼関係の向上に繋がることが理解できたため、本日の学びを職場で活かしていきたい。
  • 報連相の具体的な方法を学ぶことができた。チーム内でOJTをしていただいている先輩への相談や、チームリーダーへの報告などをより良いものにしていく。

実施、実施対象
2020年4月     8名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 初めての業務を行うことについての不安がありましたが、こまめな報告・連絡・相談を心がけていくことでチームワークを高めて早く戦力になれるように努力します。
  • 仕事量が多い部署なので、全員が忙しいからこそ、報告・連絡・相談を常に意識し大切にしていこうと思った。
  • 頭でわかっていてもいざ練習をしてみるとうまく言葉が出てこなかったです。実践をしつつ練習を重ねていこうと思いました。

実施、実施対象
2020年4月     18名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「聴く」「訊く」ということがコミュニケーションにおいて重要であると学びました。無意識でも出来るように、意識して取り組んでいこうと思います。
  • 様々なシチュエーションにおいての挨拶やコミュニケーションの取り方を学ぶことが出来た。研修で学んだことを同期や上司、先輩に対して活かしていきたい。
  • 今回の研修で学んだメモを取ること、自分から挨拶をすること、報告・連絡・相談をすることを徹底し、周囲と信頼関係を築いていきたいです。

実施、実施対象
2019年7月     28名
業種
商工会
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.4%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 今日身に付けたホウレンソウを忘れず、何か不安な時、あれ?と思った時など、必ず上司へ確認したい。
  • まず何を伝えるべきか必要な人に本当に伝わっているのか意識していきたい。
  • 今後、仕事を任された際、上司からの声かけを待つだけでなく、自分から「ホウレンソウ」をし、信頼されるようにしていきます。

開発者コメントcomment

①新人・若手向けのカリキュラムですので、具体的な事例を少しでも多く採り入れるようにしています。「○○はしていい」「△△はやってはいけない」という具合です。
②新人・若手がホウ・レン・ソウで悩むことには、「いつすればいいのか」「どれを報告すればいいのか」も含まれています。報告時の話し方だけではなく、これらの部分にも触れています。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

新入社員フォロー研修
年間総受講者数
5,038
内容をよく理解・理解
96.5
講師がとても良い・良い
93.5

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

2021年度新入社員の傾向と特徴

新人8大スキルアセスメントサービス

ビジネス基礎テキスト販売

ビジネス文書研修テキスト販売

同期の絆を強くするオンラインワールドカフェ

内定者オンラインセミナー

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!