ビジネス文書研修 ~報告書の書き方編(1日間)

0019ビジネス文書研修 ~報告書の書き方編(1日間)

1000800

18/07/10 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

社会人にとって必須のスキルである報告書の書き方を習得する研修です。
研修では、まずビジネス文書の基本的な書き方を確認した上で、目的に応じた報告書の書き方を身につけます。

実際に、報告書の書き方に課題を感じている方は多く、弊社の「上司が“唸る”報告書 の書き方」というWEB文例集は年間通じて多数のアクセスを集めております。

上司が“唸る”報告書 の書き方

本研修では、上司に提出できる報告書を作成する演習を行い、実践力を高めていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • ビジネス文書とは? ~基礎知識  
    1. ビジネス文書の種類
    2. ビジネス文書作成の基本
    3. ビジネス文書の構造
講義
  • ビジネス文書作成時のポイント  
    1. 内容を想定できる標題をつける
    2. 一文の長さは読みやすい短文にする
    3. 重要な内容以外は徹底的に削る
    4. 主語と述語を一貫させる
    5. 内容を具体的にする
    6. 分かりやすい言葉を使う
    7. 相手の名前・役職に注意する
    8. 内容を合理的にする
    9. その他 ~ビジネスシーン特有の表現を活用する
講義
  • 社内文書  
    1. 基本形 ~儀礼文は省略して簡潔に
講義
  • 社外文書  
    1. 基本形~慣用表現を活用して丁寧に
    2. 社外文書の挨拶と結びの慣用表現
    3. 封筒・はがきの宛名の書き方(ワーク)
講義
ワーク
  • 報告書の書き方のポイント  
    1. 報告書の全体構成~構成と文字量を知る
    2. 説明文の構成~ピラミッド構造を知る
    3. 報告書作成のポイント
      ①誰に出す?何のために書いた?を考えること
        ・トップ・役員向け
        ・上司、先輩など部署内向け
        ・お客様向け
      ②文字量に着目しながら、作成する
      ③全体的な「見栄え」に注意する
講義
  • 報告書の具体的な書き方  
    1. 表題~文書の概要が一目で伝わるように具体的に
    2. 状況説明~箇条書で書く
    3. 要旨の作り方~重要な内容を3つ程度でまとめる
    4. 本文のポイント
      ①本文の形式~「見出し」→「小見出し」→「説明文」の関係を知る
      ②内容に関する注意点
        ・欠落がないこと
        ・内容に誤認がないこと・同じ内容はまとめて書く
        ・希望的観測は厳禁
        ・報告書の中に、課題は何か?が明確に書かれている
    5. それ以外の部分の書き方
      ①宛名
      ②氏名と押印
      ③照会先
      ④項番のつけ方
      ⑤所見(所感)
      ⑥添付資料
    6. 完成後のチェック~「声に出して読む」
講義
  • ワーク  
    1. 文章の要約 ~文書の構造知る
      ①社内文書例を使い、「200字以内での要約」の練習
      ~「要点は何か」素早く確実に掴む練習
      ②出来上がった文章を7つのポイントによって評価
      ~文章の骨格を体感し、良いビジネス文書ができるプロセスを学んでいただきます。
    2. 報告書作成演習
      ~お題および演習で用いる媒体(文書・E-maiなど)は事前にお客様と協議の上決めさせていただきます。

      ※誰に対する文書か、何を伝えるべきか、どのように伝えるのか、 ビジネス文書のポイントを改めて確認し、配属先の上司に提出できる報告書に仕上げていただきます。
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp

1000800


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

常に読み手を意識した文書作成を心がけていただきたいと思います。受講後には、たとえば、ロジカルシンキング力を磨くことで抽象的な事象を的確に捉え、表現するスキルを高めることができます。このような努力により、一層の文章力強化が期待できると考えます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 3月     32名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
84.4%
講師:大変良かった・良かった
90.6%
参加者の声
  • 色んな気づきがありました。削ること、整理することを活かしたいです。
  • 文書作成に迷いが出てきていて、今回の話で一定の方向が見えてきました。参考になります。
  • 報告書のポイントを具体的に説明していただいたので、今後の報告書作成に非常に役立ちます。

実施、実施対象
2017年 6月     22名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 要約等、ワークの数が多く、非常に有益だった。苦手な所がよく分かり、努力の仕方(ワークをこなす)も理解できた。
  • 実際にワークを行うことにより、日頃から気をつけようとしていることが実践に移せて良かった。
  • 普段気づかない点がこの講習を通して理解できた。

実施、実施対象
2016年 9月     19名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • チームでいろいろな意見の交換ができ、大変参考になりました。
  • 資料講義の面から、今まで全く学ばずに見よう見まねでやってきていたことをどう正しく行えるか学ぶことができた。
  • 情報の取捨選択、読み手の求める情報は書き手により様々なため難しいと感じました。その中でも今回はその取捨すべき定義が少し明確になりました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



ビジネス文書研修の評価
年間総受講者数
9,407
内容をよく理解・理解
95.6
講師がとても良い・良い
95.1

※2017年4月~2018年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■Eメールの書き方
■報告書、議事録の書き方
■新人向け
■管理職向け
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

お仕事歳時記

スピード見積もり

インソース採用情報

INSOURCE TOPIC

インソースブログ