教育・研修体系構築支援サービス

教育・研修体系構築支援サービス

人は現場でこそ育つ

世代間のさまざまなギャップを受け入れ、指導する側が育てられる側と真っ向から向き合い育て上げる。これが組織の人材育成の歴史であり、これまで組織の成長を促してきた原動力でした。

しかし、OJT制度を導入しても、OJTリーダーの指導力を向上させても、組織に人材を育成する風土や環境がなければ、よい人材は育てられません。 「現場に若手社員を受け入れ、育て上げる意識があること」が成功の秘訣となります。加えて、「どんな理由で(なぜ)」「何を」「どうやって」教育するのかを明らかにする必要があります。

■人材が育つ現場を作る3つのポイント

人材が育つ現場を作る3つのポイント イメージ

人事・研修担当者は、OJTを「準備」するべき

OJTを成功させる鍵は、OJT担当者の準備負担、精神的負担を少しでも減らすことです。 「教えるべき事柄の整理」のような、手間のかかる作業は人事部門が中心になって事前に準備を終えておきます。また、教える技術を平準化させるために、OJTにおける指導方法についても一定のレベルに引き上げておく必要があるでしょう。このようなOJT担当者へのサポートが求められます。

OJT担当者は「仕事の意味」を語れ

教える側にも「準備」が必要です。仕事の成果が早期に求められる中で、さらに部下・後輩を育成するのですから、「育成計画」を立てるのは当然です。また、教える側にはOJTの職務と共に通常業務も存在します。そのため、仕事のやり繰りを計算しながら進めないと、共倒れになってしまいます。 また、「継続」も重要です。当初は充分に時間を割いて指導ができたとしても、業務多忙の中、だんだん指導時間が取れなくなり、最後はOJTが十分にできていない事例もよく見かけます。指導を継続させるためには、 自分や部下・後輩の仕事のバランスを計算しながら実施することが強く求められます。

ページトップへ

サービス内容

戦略的現場育成力を高め、「若手が飛躍的に育つ現場を作る」

本サービスでは、指導者だけではなく現場全体に「育成の意義」を理解させ、飛躍的に人材が育つ現場を作ることを目的としています。 具体的には、以下のような組織に特に有効だと考えております。

  • 現場での指導や進め方がまだ確立できていない。
  • 現場で進められているOJTが管理できていない。
  • OJTリーダーが通常業務で多忙なため、部下の指導が放置されてしまっている。
  • 指導者のスキルによって、OJTの効果に差がでている。
  • 細かくOJTのガイドラインを作りたいが、その時間をなかなか持てない。
  • 自分の仕事が忙しいので、OJT指導者に任命されることを嫌がる人がいる。

弊社では、独自のシステムLeafを用い、情報の収集や目標の管理、実施事項の進捗管理を効率的に実施し、お客さまの負担を最小限に抑えられるよう工夫しております。

店舗向け現場力向上コンサルティングもございます。

ページトップへ

インソースの現場力向上サービスを導入いただくメリット

ADVANTAGE01 自社独自の成果を挙げる人材像が確立されます。

ADVANTAGE02 現場に、育成ノウハウが蓄積されるようになります。

ADVANTAGE03 人を育てる、人が育つ、人が自ら行動する組織や風土ができます。

ADVANTAGE04 「見える化ツール」で若手の成長度合いを把握できるようになります。

「現場でちゃんと育成できているか」指導者の育成方法が一目でわかるようになります。

ADVANTAGE06 高い採用費用をかけた人材が定着します。

ページトップへ

インソースの教育・研修体系構築支援サービスの流れ(例)

人事担当者様、現場の方々にヒアリング、アンケートなどを実施して、業務プロセスや業務上必要なスキルを洗い出します。その結果を踏まえて、戦略的な育成プランの作成、指導マニュアルの作成、カスタマイズしたOJT研修の実施といった改善プランをご提案させていただきます。

Step1

求められる人材の的確化

  • 人事担当者様にヒアリングし、人材育成に関する現状の組織課題を明確にします。
  • 弊社システムLeafを用い、現場の方々へのアンケートを実施し、現場の方が感じている課題を収集し、現場で必要なスキル等を洗い出します。
  • アンケート結果をもとに、現場の方々にインタビューを実施し、各現場で必要な業務や実行に必要なスキルの詳細を把握します。
  • 洗い出したスキルについて、弊社オリジナルツールを使用し、体系的にまとめます。
  • 担当者様と打ち合わせを重ね、コンサルティングの内容を決定します。
 
Step2

育成計画書の作成

  • 人事担当者様と一緒に洗い出したスキルごとに、スキル習得までに必要な期間を割り出します。
  • 到達目標を定量化し、目標を数字で管理できるようにします。
  • 設定した到達目標を軸に、各現場にあわせた若手の育成計画書を作成します。

※Leafには、目標管理、スキル管理の機能もあるため、効率的な管理が可能です

 
Step3

指導マニュアルの作成/研修の実施

  • お客さまの現場にあわせたOJT指導マニュアルを作成します。
  • 指導マニュアルに記載されたノウハウを習得していただくために、OJT研修を実施いたします。
  • OJT研修では、育成担当者の役割から人材育成計画の立て方、部下指導のテクニックまで、トータルにお教えします。
  • 弊社が開発した各種育成ツールの効率的な活用方法をレクチャーします。
 
Step4

進捗・調査分析/フィードバック

研修後は、OJT担当者の方に実際に部下指導を行っていただきます。その際、担当者の方には、若手の育成度合いを随時育成計画書に記入していただきます。

  • 新人や若手の方に面談を行い、スキルの習得度などを多角的にチェックします。
  • 面談では、特にリーダーの若手に対する評価の仕方にバラツキがないか偏差分析(チェック)します。
  • 上記の内容をレポートにまとめ、人事の方にご報告いたします。
 
Step5

OJTトレーニング

  • 1ヶ月ごと、もしくは3ヶ月ごとに、OJT担当者の指導に関する悩みを調査し、課題点を洗い出します。
  • OJTフォロー研修を実施し、課題点・解決策を社内で共有し、育成ノウハウの顕在化を図ります。
  • 一歩先のレベルのOJTテクニック、部下との面接方法・目標管理の仕方、指導方法などを、ロールプレイングを通じてトレーニングします。
 
Step6

新人サポート

  • ビジネス基礎など、社会人に普遍的に求められるマインドセットやスキルの研修を企画・実施させていただきます。
  • 3ヶ月後、6ヶ月後、1年後など、節目となる時期にフォローアップの研修を実施し、新人の方々のモチベーションの維持・向上を支援いたします。
  • ※Leafには、動画格納機能もあるため、映像教材などを用いたサポートも可能です

 
ページトップへ

【OJTプロセスのすべてをインソースにお任せください】

インソースでは現場の担当者に直接聞き取り調査を実施して、業務のプロセスや実行に必要なスキルを「見える化」いたします。その結果を踏まえて効率的な指導ルールや育成プランを提案します。 具体的には、育成計画策定、育成マニュアル作成、OJT担当者育成研修などをお作りいたします。是非、OJTについてのお考えをインソースにお聞かせください。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
コンサルティング実績
評価制度構築
12回
広告業界、人材サービス業界
育成体系構築支援
12回
IT業界、自治体
研修内製化
34回
金融業界、IT業界、製薬医療業界
マニュアル作成
54回
金融業界、IT業界、官公庁
応対コンサルティング
191回
金融業界、通信業界、サービス業界、インフラ業界、製薬業界
営業体系構築
13回
電気機器
階層別テスト実績
利用社数
180社以上
利用人数
若手2,000名以上
中堅3,500名以上
(2018年6月1日~8月31日)
コンサルティングサービス
コンサルティングサービスTOP
業務改善コンサルティング
CS向上コンサルティング
現場育成力向上サービス
人事評価制度支援コンサルティング
営業力強化プログラム
ファシリテーター派遣
コールセンターソリューション
コールセンターソリューションTOP
コンサルティング
研修ラインナップ
事例紹介
研修内製化支援サービス
研修内製化支援サービスTOP
研修資料の作成
研修の企画
講師養成
研修内製化支援
研修管理システム
企業内研修に使える助成金制度
インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
インソースの考える人材育成~人材育成の7つのポイント
Q&A
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報