DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修

リテラシー・技術・推進力3つの必須要素を鍛え上げ全階層でDXを推し進める

年間受講者数28,000人!ExcelからChatGPTまで、ビジネスに革命をもたらす
DX人材の育成で生産性向上やコスト削減を可能に

テーマ「DX研修」に属す研修の受講者数合計

最新情報

show more

研修の特徴・目的

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX人材の育成で、ビジネスにイノベーションを

DXとは、単にIT技術を活用するだけではなく、ビジネスモデルを変革(トランスフォーム)することです。ChatGPTに代表される生成系AIの登場は、ビジネスにイノベーションをもたらし、DX推進が必須となる大きなきっかけとなりました。その活用次第で、民間企業では圧倒的な競争優位性の確立、行政サービスでは住民利便性の飛躍的な向上が可能になります。

そのため、生成系AIを含むIT技術とデータの活用によってビジネス現場にイノベーションを生み出すことができる人材、すなわちDX推進人材が必要なのです。

生成系AIは「有能な部下」

生成系AIはとても便利なツールであり有能な部下だといえますが、それを使いこなせるかどうかは上司である私たち人間にかかっています。求められるのは、生成系AIが起案した案件を採用するかどうかを適切に判断する力です。判断力は、自らチャレンジし、成功や失敗の経験を通じて養成されます。組織のDX化には、チャレンジと判断を繰り返していく、アジャイル型の企業文化が必須となるでしょう。

DX人材が組織で取り組むイノベーションとしては、以下が挙げられます。インソースグループではこれらを叶えるDX人材の育成をゼロから支援します。
①データとIT活用で新しいビジネスモデルや新商品・サービスを実現
②データとIT活用で業務プロセスを改善・再構築して圧倒的な生産性向上やコスト削減を実現

DX関連研修のおすすめサービス

生成系AI(ChatGPT)の業務への活用法、Excelやデータ分析のスキル、またPython等のプログラミング言語の研修をご用意しています。年次に合わせたプログラムとしては、ビジネススキルとITスキルを同時に学ぶ新入社員向けIT研修、管理職や経営層向けのDX理解研修などもございます。その他にも、研修だけでなく動画やeラーニングなど、組織のDX推進に必要なあらゆる商品・サービスを提供いたします。

DX研修百貨店 株式会社インソースデジタルアカデミー Python学院 DX研修解説 DX/Office/ITスキル動画教材ラインナップ Javaコース IT研修ラインナップ一覧 官公庁・自治体向けDX研修 【無料セミナー】DX推進に関する無料セミナー

DX推進の要となるのは経営層

経営トップ自らがDX戦略・ビジョンを具体的に示す

DX推進のためには、事業活動全体や一つひとつの業務フローはもちろんのこと、組織体制や人材教育といったあらゆる分野で変革が必要です。多大な労力を要することから、経営トップ自らが強い意志をもってビジョンを示し、DX推進の旗を振ることが欠かせません。DX推進を通じてどのような新たな価値(新ビジネス、即時性、コスト削減等)を創出するのか、そのためにどのようなビジネスモデルを構築するのか、全従業員に伝わるように経営戦略を提示することが求められます。

失敗を恐れないアジャイル型経営を目指す

生成系AIは、日本語や英語といった自然言語での指示ができます。経営層が得意とする言葉によるガバナンスやマネジメントが、そのまま生成系AIに対して使えるのです。生成系AIを活用したビジネスへの積極的な姿勢を示すことで、組織としても、チャレンジと失敗を恐れないアジャイル型の経営を目指すことを明確にします。

DXを推進するための部門設置や人材育成など、組織体制を整備する

DX活動を組織全体で進めるためには、リソース確保が欠かせません。例えば、データやデジタル技術の活用を推進・サポートするDX推進部門の設置や、各部門において、先行してDXの取り組みを実行する人材の育成・確保など、組織全体の施策として進めていきます。DX人材の育成は政府が掲げる人的資本経営の必須要件ともいえます。自組織の優秀な人材への研修投資により、事業を拡大し、組織の価値を高めることが求められています。

DX人材に求められる役割とスキル

DX人材は「特別な人」ではない

ITスキルは次の5つのスキルに細分化

プログラミング等の専門知識が必須なのは、「IT独自のモノづくり力」だけです。それ以外は、普段ビジネスで活用している知識・スキルの延長線上にあるといえます。すなわち、専門知識の有無を問わず、すべてのビジネスパーソンがDX人材になり得るということです。組織のDX推進には、一部の特別な人材だけではなく、できるだけ多くの人材が活躍できる体制づくりが重要です。

システム開発の効率化にも貢献

システム活用・開発の手順

多くのシステム開発は上記のような段階を一つひとつ解決することによって進捗します。この中で、専門知識が必要かつ大掛かりなものはステップ5のみです。ステップ1~4は、業務改善やRPAツールの活用など、DX人材の知識やスキルによって解決できる可能性があります。その結果、システム開発を最小限に抑えられる、コンサルタント等に委託していた上流部分を内製化できるなど、時間短縮や費用削減につながります。

DX教育の具体的な進め方(2ステップ)

<ステップ1>経営層を含む全社でDXを理解し、概念・言語の共通化を図る

IT・AIの仕組みや得手不得手、コスト感を大まかに学び、業務改善にデジタル技術を活用できるようになることを目指します。全社員が共通して認識することで、DXを早く推進できます。

<ステップ2>部門内にDX推進者を作る

各部で中核人材とDX推進に理解がある管理者を育成することで、部門内のDX推進を加速できます。

  • ◆DX中核人材
    リーダーシップを取り、現場での分析から課題の発掘、解決を図れる人材を育成します。システム開発・活用を各部門と連携する役割も担うため、調整力も身につけます。

  • ◆管理職
    DX推進によって自部署で何を実現するかを考え、行動に移せる人材を育成します。DX中核人材が力を発揮しやすい職場づくりにも取り組めるようになることを目指します。

DX人材育成体系(例)

以下は、インソースデジタルアカデミー社のDX人材育成体系(例)です。対象者ごとにDX人材要件を定義し、それぞれ必要となる研修を体系化し提供することで、組織のDX推進を支援します。

対象者 DX人材要件 研修内容
DX理解 OA RPA AI・統計 要件定義 プロトタイピング 参照系
システム
開発
更新系
システム
開発
経営層 ITやデータを活用した戦略、ビジョンを提示できる
管理職 自組織のDX化を推進することができる
※最低限、業務改善を主導できる
本社の企画職の社員 自部署の簡単なIT化を実現できる
※データベースを参照する開発ができる
DX中核社員 自組織のDX化を具体化できる
※システムの要件定義をし、プロトタイプ(画面設計・帳票)を作ることができる
システム関連部署の社員 複雑・大規模なシステムを開発できる
※更新システムも開発できる
一般社員
(営業・総務など)
自分の業務においてRPAを活用し改善できる

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

階層やニーズ別のプログラム

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 ワークショップ

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 動画教材・eラーニング

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 おすすめサービス

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 Leaf(リーフ)シリーズ~HRテック

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 読み物・コラム

研修のプロがお答えDX(デジタルトランスフォーメーション)研修 全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


        

研修のプロがお答えDX(デジタルトランスフォーメーション)研修 全力Q&A

お客さまから「DX(デジタルトランスフォーメーション)研修」に多く寄せられるご質問を掲載しております。

インソースのDX研修の特徴は何ですか?

単なる技術研修・操作研修にとどまらず、業務でITやデータをどのように活用すれば現場の業務で役に立つかという観点で研修体系が組み立てられています。

【DX研修カテゴリ人気コンテンツ】
IT入門研修(2日間・ITパスポートレベルを想定)
ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ
情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編

DX研修は、難しいプログラミングを習得する必要がありますか?

プログラミングを習得する研修もご用意がありますが、DXは必ずしもプログラミングのスキルを必要とするものではありません。ビジネスで日常的に使用されているMicrosoft365も立派なITツールのひとつであり、使いこなせばDX人材育成の実現への一歩となります。

当社は「OA研修」というカテゴリで、様々なMicrosoftのツールを取り扱う研修を提供しています。DX推進の最初の一歩として、まずはご受講をご検討いただけますと幸いです。

【OA研修カテゴリ人気コンテンツ】
Microsoft Office研修~Excel基礎編
Microsoft Office研修~Excel応用編
長文作成のWord研修~変更に強い仕様書・報告書・マニュアル作成

DX研修はどのように選んだらよいですか?

当社の実施するDX研修をカテゴリ別に人気順に掲載した一覧リストが「DX研修百貨店」です。カフェテリア方式のメニューとして、まずはこちらをご覧いただき、受講したい、実現したいイメージに合致した研修があるかどうかをご確認ください。

あわせて、貴社の状況やご希望をヒアリングしたうえで、DX研修百貨店やデジタル人材養成講座などの豊富なラインナップから、貴社の目指す場所に到達するための研修プログラムをご提案いたします

最新作・ニュース

新卒採用募集中

閉じる