人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

日本型ワークライフバランス研修(1日間)

0818日本型ワークライフバランス研修(1日間)

16/08/29 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

本研修では、これまで培われてきた日本企業の文化を活かしたワークライフバランスについて、ご自身の職場との相関を意識しながら考えていただきます。

研修内では、まずワークライフバランスの定義や市場の変化など労働環境にまつわる事柄を学びます。それらを踏まえ、自身の働き方やプライベートについて、メンバーとのディスカッションを交えて振り返っていただきます。
研修の最後には、これらのキャリアについて目標と行動計画を作成していただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
 
  • 1.あなたにとって“ワーク”とは何ですか?
      ~自分にとっての“ワーク(仕事)”の意味づけについて、意見を共有する
      【ねらい】
      仕事の意味づけに個人差があることを改めて認識し、その個人差を認めあうことの重要性を理解する
      ※最後にチャレンジアクションプランシート作成時、グループメンバーの応援メッセージを書くため、お互いの良さを見つけてもらうよう告知をしておく
ワーク
  • 2.企業と従業員の関係の変容
      ~ワークライフバランスが議論されるようになった背景を理解する。労働市場の変化により、労働者の自律的キャリア形成が求められる時代になったことを講義により伝える
    1. 労働環境の変化 ~終身雇用への信頼崩壊
    2. 従業員の自主的なキャリア形成
講義
  • 3.仕事とプライベートのバランスで困ってることを共有
      ~ワークライフバランスに関連する現在の課題を共有し、これからのワークに向けてディスカッションできる関係性をグループ内で構築する
    1. 講師から問題の意味を解説
    2. 個人で考える(20分)
    3. グループで自由に話し合い(10分)
ワーク
  • 4.従来のワークライフバランス
      ~従来のワークライフバランスに関する理解を深める
      前項と関連して、ワークライフバランスという議論がされるようになった経緯とその内容、主な実践事例を紹介
    1. 従来の「ワークライフバランス」とは
    2. 従来の議論で重視されてきたこと
    3. 従来のワークライフバランスへの取り組み事例紹介
講義
  • 5.これからのワークライフバランス
      ~日本の企業に適したワークライフバランスの型として、日本型を講義にて紹介
講義
  • 6.キャリア人生を考える ~自分に合った働き方の検討
      ~自身のキャリア人生を考え、自分に合った働き方を検討する
    1. キャリアとは? ~キャリアの定義
      ~「キャリア」という言葉が含む3つの意味「充実した人生」、「働くことは生きること」、「主体的に取り組む工夫と努力」を理解する
    2. 自分のキャリア人生を考える:その1
      ~現状と理想の自分・理想の生活を「仕事」、「能力・スキル・専門性」、「人間関係・人脈・家族」、「その他」の視点から洗い出し、今すべきことを考える
    3. 自分のキャリア人生を考える:その2
      ~現状と近い将来のビジョンを「ワーク」、「ライフ」、「その他」の視点から洗い出し、今すべきことを考える
講義
ワーク
  • 7.日本型ワークライフバランス実践の3つのポイント
    1. 自分の働き方を考える
    2. 無意味な労働時間を削減する ~量的側面から考える
    3. ワークの中のライフの要素を意識する ~質的側面から考える
講義
ワーク
  • 8.ワークにライフの要素を意識する
      ~仕事の中に喜び・達成感や、自分のキャリア人生に資する要素を発見し、前向きに仕事に取り組むための意識を持つ
    1. ライフの要素とは?
      ~仕事における「喜び・楽しさ・達成感」の感情的な充足感や将来のために役立っているという納得感
    2. ワークの中のライフの要素を発見する
      ~書き出した近い将来のビジョンを達成するために今の自分の仕事はどのように役立つかを書き出し、仕事を通じた成長イメージを持つ
講義
ワーク
  • 9.ワークライフバランスを継続していく8つのポイント
      ~ワークにライフの要素を意識して働き続けるための8つのポイントを理解し、今後の取り組み方について考える
    1. 明確なビジョンと目標設定
    2. 本気(コミットメント)
    3. 主体的に参加する
    4. シェアする
    5. 冒険する
    6. 責任(主体性・自主性)
    7. 他者を援助する・他者に貢献する
    8. 徹底する
講義
  • 10.明日から動こう ~チャレンジアクションプランシート作成
      ~明日から具体的に行動にうつしていくために、目標設定の方法を理解し、
    1. 自分自身ができること
    2. 職場で取り組んでいくこと
      の2つの視点からアクションプランを作成する
      3ヵ月後に達成すべき「目標」を1つ設定
      いきなり100ではなく、1つずつステップアップする姿をイメージ
      チャレンジ・アクションプランシート作成・発表
講義
ワーク
発表
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 10月     59名
業種
都道府県
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.5%
講師:大変良かった・良かった
94.8%
参加者の声
  • ダイバーシティの考え方が参考になりました。今後認め合う関係を職場で築けるようにしたいです。
  • 自分にとっての「ワークライフバランス」とは何かを考えることができました。他の人の悩みや意見を聞くことができ、とても参考になりました。
  • スキルUPしたり、ゆとりをもった生活にしていきたいと、自分の未来についても考えられて良かったです。







※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 1,379
  • 内容をよく理解・理解
    • 95.7
  • 講師がとても良い・良い
    • 95.2

※2015年10月~2016年9月


関連キャリア研修
一般的な研修例
自治体向けの研修例
若手向けキャリアデザイン研修
40代向けキャリアデザイン研修
50代向けキャリアデザイン研修
女性向けキャリアデザイン研修
再任用職員向けキャリアデザイン研修
SE向けキャリアデザイン研修
キャリアデザイン研修 1年を振り返り、次の1年を考える編(半日間)
ワークライフマネーバランスセミナー 経済の流れから投資信託を知る編(1日間)
ワークライフマネーバランスセミナー ものぐさ投資術編(1日間)

公開講座キャリア研修

関連研修テーマ
自治体・官公庁向け研修
女性管理職研修
ワークライフバランス研修
中堅社員研修
内定者向け研修

関連eラーニング
ミテモのキャリアデザインのeラーニングコンテンツ

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。