内定者の管理・通信教育

内定者はまだ社員ではないため社員管理システムに登録することができず、管理する際にはExcelを使っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新人を即戦力化するためには、内定者時期の教育も重要です。そこでお勧めするのが、Leaf(リーフ)を使った内定者管理です。通信教育にもご活用いただけるため、新人の即戦力化につながります。

内定者の管理に

内定者情報の登録も一括で簡単

システムを使い始めるときは、内定者の情報を利用者登録する必要があります。Leaf(リーフ)では、メールアドレス・氏名の情報さえあれば簡単に一括登録することができます。

グループ登録で、内定者へのメール連絡も簡単

Leaf(リーフ)では、内定者を1グループとして登録することができます。
そのため「内定者グループを選ぶ」→「メール送信」という操作だけでメール送付が可能となり、連絡業務が効率化されます。

配属先の予約設定が可能

内定者は4月に入社したのち配属が決まり、部署や勤務地が変更となります。Leaf(リーフ)では、このような情報の変更を予約することができます。配属当日に全ての情報を更新する必要がなく、大変便利です。

内定者の通信教育に

内定者が自宅からログインできる

Leaf(リーフ)は、インターネットに接続できるパソコンとメールアドレスさえあれば、どこでも誰でも利用できます。入社前の内定者も、学校や家などでインターネットを使える環境があれば、内定者向けの通信教育をリーフで行うことも可能です。

一時保存機能で継続的な出題が可能

Leaf(リーフ)では、課題の設問・解答欄や作成したメールを一時保存することができます。それによって、内容を作り置きしておき、期間を置いて数回にわたり課題を出題することができます。

通信教育の理解度を確認できる

Leaf(リーフ)では、課題・アンケートの回答がすべて蓄積されます。そのため、一定期間を置いて課題・アンケートを実施することで理解度を確認したり、1年前と今の回答を比較したりすることができます。

使い方の例としては、通信教育の前にスキルアンケートを行い、通信教育が一通り終わった後に、同じスキルアンケートを課して両者を比較することにより、通信教育の理解度を確認する、といったものがあります。

入社後の引き継ぎもスムーズ

内定者期間の教育が社員とは別で管理されており、配属されたときにうまく引き継がれなかったというケースはありませんか。内定者期間からLeaf(リーフ)を使って管理しておくと、配属した後も課題や回答内容が教育実績となって残り、新しい上司へスムーズに引き継ぐことができます。

また、研修担当の方にとっては、新人研修準備・実施月である4月は大変多忙となります。内定者に対して、入社前からLeaf(リーフ)での教育管理を行っておくと、新人に対するシステム使用方法の説明の手間が省け、新人研修の運用がスムーズになります。