FUNCTION NO.1 | user

書類や人材管理の
生産性向上

社員管理

人材の管理、書類の配布・収集、社員との連絡・調整などを管理することができます。また、多くの情報がCSVでの出力・入力に対応しているため、社員数が多い場合も、簡単に追加・編集をすることができるシステムです。

様々な機能・サービス

詳細検索

部署、職制、勤務地、採用年月、卒業年月、取得資格、部署履歴、グループ名など、 絞り込める項目が多く、用途に合わせて、使い分けることができます。

ファイル格納

研修、課題、評価などあらゆるシートや情報にファイルを格納することができるため、配布も収集も簡単になります。

お知らせ

全社員・全従業員に対して、一人一人に合わせたお知らせを簡単に一斉配信することができます。

マイページ

次に受講する研修の情報確認や、アンケートの回答、研修の申し込みなどを自分自身で行うことができます。

事務作業の生産性を高める機能

人をまとめて、操作を簡単にする
グループ作成

一つのプロジェクトメンバーなど、絞り込み機能で絞りきれないような場合には、グループを作成することで、グループ単位での研修の受講や、テスト、eラーニングの実施もできます。

編集権限や公開する項目も設定できる
公開設定

リーフでは、管理者、現場責任者、一般ユーザーという3つの権限があり、管理者は現場責任者、一般ユーザー、それぞれが編集できる項目と閲覧できる項目を決めることができます。 管理者以外も情報を編集することができるようになるため、管理者への業務の集中を防ぐことができます。

使い方広がる
予備項目

「自社の独自の項目を追加したい」というニーズにこたえるために、予備項目も用意しています。 予備項目は自由に名前が設定できるので、例えば「採用区分」として、新卒、中途、再任というステータスを作ることができます。