FUNCTION NO.3 | test

効果測定・
知識の定着に

課題・テスト

課題・テスト機能は、目的に合わせて柔軟かつ自由度の高い設問作成が可能です。 研修やeラーニングの教育効果の測定や、会社の理念の浸透、商品知識の定着、社内の意識調査、情報の収集など、多岐にわたる活用が可能なシステムです。

学習効果UPに欠かせない効果測定を、ラクに実施する

設問・解答の一括登録

設問など基本データの登録はCSVで一括設定が可能です。過去に登録した設問をコピー登録すると手間なく効果測定を行えます。

自動採点・解説表示

テストを何回実施しても、集計の手間がかかりません。解答・解説の表示/非表示を選択して「何度でもテストを受けさせる」「復習をする」といったシーンで使い分けられます。

合格/不合格判定

70点や80点など合格点(目標)を自由に設定できます。合格した人は次のコンテンツへ、合格点に満たない人は再テストを課すなど、誘導するのも容易です。

目的に合わせた
オプション設定

アンケートやテスト、調査といった用途に合わせて柔軟な設定を行えます。学習内容が定着しているか効果測定する場合は回答後の修正を不可にしたり、現場の若手の意見を吸い上げるために、上司が部下の回答を閲覧できないようにしたりすることが可能です。

進捗状況が一目でわかる
回答状況一覧

未回答・回答中・回答済の進捗はもちろん、回答日時、回答人数/対象者数、正解数/設問数も一目でわかります。管理者(人事・教育担当者さま)は全社を、部門長の方は部下の進捗を管理でき、個別にメールを送ることも可能です。

自動で送れる
回答依頼・催促メール

設問を作成した時点で、回答開始日、回答締切日の前後に自動でリマインドメールを送る設定ができます。未回答者を抽出して個別連絡する手間がかかりません。提出を完了するまで徹底的に催促いただけます。

課題・テスト機能の活用方法

学習コンテンツを組み合わせ、
徹底的に学ぶ

動画→テスト→補足資料など、ご担当者さまが設定したコンテンツを一続きで受講できるので、通信教育や反転学習の実施も簡単。受講者は「次へ」ボタンを押す、もしくは自動で次のコンテンツに進むため、着実に学習を進められます。

アンケートを実施し、
結果を分析する

研修の振り返りや教育効果測定のために、確認テストやアンケート、事前・事後課題などを設定できます。 採点・提出・集計・回答催促が自動化され、実施後の分析業務に注力いただけるようになります。

資格試験の予行演習として
テストを実施する

業務上資格取得が必須条件で、社内できちんと学習支援を行いたいという場合には、模擬試験を実施しましょう。合格点を取るまで受験してもらう設定にすれば、繰り返し問題を解く中で知識が身につきます。

全従業員が受講必須の
コンプライアンス教育を行う

コンプライアンスや個人情報保護・情報セキュリティといった教育にも応用できます。理解テストと、受験後のeラーニングを組み合わせて実施することで、正しい知識を定着させることが可能になります。

受講者のための便利機能

マイページ

ご自身の対応状況を瞬時に把握できるため、受講漏れがなくなります。上司の方は部下の進捗も把握できます。

書類提出、データ格納

個人情報や重要書類を安全に提出できます。データのやりとりをするプラットフォームに最適です。

コンテンツチェーン機能

担当者が設定したコンテンツの順番に沿って、一続きで視聴・回答を行う機能です。

豊富なオプション機能

お客様の運用方法に合わせて、柔軟に機能を追加できます