シャッフルテスト機能(オプション)

「まぐれでの正解」を許さない!厳しく効果的なテスト実施を

こちらは、テストを繰り返し⾏って、商品知識・業務知識の知識定着化を効率的に進めているお客さまにお勧めしたい機能です。

特に資格取得などを目指す場合は、まぐれ当たりではなく、問題の意図を理解したうえで正しく解答する実力をつけるためにテストを実施したいというご要望もあると思います。

Leafの「シャッフルテスト機能」は、テストの設問の順番を自動的に変え、個人によって異なった出題をすることが可能です。

テストの合格点に達するまで何度でも解き直すことを想定しており、毎回新しいテストのように表示されます。

2回目以降のテストはゼロから解き直す必要があるので、勘で当たった正解や正答を覚えただけの正解は許さない、厳正で徹底されたテストの実施が可能になります。

活用例

【ご担当者さまの視点1】
資格取得前に繰り返し説ける練習問題集として活⽤しています!


資格取得のためには、個⼈での⾃学⾃習に加え、定期的なテストが有効と考えています。様々な種類のテストを担当者が作って出題できればいいのですが、なかなかそういった時間がないのが現状でした。

このシャッフルテスト機能は、順番や設問を変えたテストをわざわざ作らなくても、何度でも新しいテストを作成して出題してくれるので、手間がかからず効果的なテストを実施でき、⼤変便利です!

【ご担当者さまの視点2】
社内一斉テストの問題作成に利⽤しています


当社では、Leaf上のテストを印刷して、定期的に紙⾯で⼀⻫テストを⾏っています。カンニングなどの不正防⽌のため、設問の順番を変えたものを数種類ずつ作って印刷してるため、 正直、面倒に感じることも多くありました。

このオプション機能を付けてからは、手間もかからず何種類ものテストを簡単に作成できるので、とても助かっています!

【受講者さまの視点】
何回も解くのは⼤変ですが、確実に知識が身につきます!


何度も同じテストを受けると、順番を覚えてしまって正解したり、当てずっぽうで正解したり、ということがよく起こります。 ⼀度正解すると、分かったような気になってしまって、次は意欲的に解く気がなくなることもあります。

Leafでのテストは、解き直すたびに順番が違い、時々違う設問も交じっています。1回⽬は正解した問題でも、2回⽬は不正解になることも多く、 合格するまで何回も繰り返し説くことで、ようやく理解が深まったと実感できるようになりました。
何度も解答するのを手間に感じることもありますが、確実に知識が身につくのはとても有難いです。

Q&A

テストに制限時間を設けることは可能でしょうか︖

はい、「テスト時間制限」オプションによって可能となります。ご⾃由に時間を設定していただけます。


例えば、10問のテスト問題のうち、4問は「基礎編」・6問は「応⽤編」にして、それぞれランダム で出題する、といったことは可能ですか︖

はい、可能です。「基礎編」や「応⽤編」のことを「カテゴリ」と呼び、カテゴリごとに出題する設問数を設定することができます。


例えば、3回解き直しを⾏った場合、3回すべての点数が記録されますか︖それとも、⼀番良かっ た点数だけが記録されますか︖

こちらは、お客さまの設定によって異なり、どちらもパターンも実績があります。カスタマイズ時に、お客さまとご相談させていただきます。


受講者によって異なる問題が出題がされた場合でも、回答内容を出⼒できますか︖問題の難易度などを分析したいのですが。

はい、可能です。すべての回答内容が記録され、CSV出⼒をしていただけます。記録件数は無制限です。


本番のテストで「シャッフルテスト機能」を使う場合、受講者ごとに問題が違ったら不公平ではありませんか︖

設定によって、「受講者ごとにシャッフルする」と「すべての受講者に同⼀のシャッフルをする」を選ぶことが可能です。
そのため、本番のテストの場合で不公平を無くしたい場合は後者の設定がおすすめです。


練習のテストで、受講者の中には⾃分が解答しやすい問題をねらって、 何回もシャッフルを⾏う⼈がいるかもしれないのですが......。

そのような不正を防ぐため、⼀度問題が出題されたら再度シャッフルを⾏うことができない仕組みになっています。