受講者交流掲示板「コミュニケーションボード」(オプション)

リアルタイムで、気軽に意見を出し合える
初期費用 160 万円~(税込176万円~)

研修参加者を対象として、コミュニケーションボードに自由に書き込み・返信が可能になります。

また、研修参加者を複数のグループに分けることも可能なのでグループワークを行うこともできます。

管理者側で、書き込んだ投稿の修正や削除、ファイルアップロードの可否、匿名の許可などを設定可能ですので、柔軟なコミュニケーションボードの運用が可能です。

Leafを研修管理やe-ラーニングだけではなく、コミュニケーションツールとしても活用したい!とお考えの方にもおすすめの機能です。

活用例

【人事担当者の方の視点】
受講者や管理者の情報発信の場になり、情報共有が活発に行われるようになりました


社内の研修や勉強会で質疑応答が少なかったのですが、感想を言ってくれる人や匿名で質問してくれる人が増えました。

受講者の書き込みに、簡単に返信できるので、コミュニケーションが非常に取りやすくなりました。

【利用者の方の視点】
動画学習の感想を他の受講者とシェアできるようになった


動画学習をしても見て終わりになっていることが多かったのですが、他の人の感想を見ることができるのでより理解が深まるようになりました。


開発担当者から一言

インターネット上の掲示板や回覧板などのコミュニケーションツールをイメージして開発しました。受講者同士で、リアルタイムの自己発信やコミュニケーションが気軽にできる機能です。

ただし誰もが好き勝手に投稿できるわけではなく、投稿・編集・削除も厳密に制御できるようにしています。受講者にも、オープンな掲示板ではなく、教育現場で使うツールであることを意識して使っていただけます。安心して、ご利用くださいませ。

Q&A

匿名での投稿はできますか?

はい、可能です。匿名での投稿を可能にするか、設定することができます。ただし、管理者は誰の投稿かわかるようになっています。


例えばここで感想を述べてもらう場合、評点も一緒に投稿することはできますか?

はい、可能です。3段階(A/B/C)、5段階(1~5)、10段階(1~10)のいずれかの評点を投稿できます。なお、評点は一度投稿したら、後から変更はできません。


アンケート機能との違いは何ですか?

アンケート機能が、受講者から研修担当者に「提出する」であることに対し、コミュニケーションボード機能は「話す」をイメージしており、気軽さが違います。また、コミュニケーションボードの方が、受講者同士でも簡単に閲覧できます。場合に応じてお使い分けください。


投稿に返信はできますか?

はい、可能です。返信を可能にするかどうか、設定することができます。受講者同士でも、教育担当者による返信でも可能です。


投稿の返信を許可制にすることはできますか?

はい、可能です。返信を許可制にするか、設定することができます。許可制にした場合、すべての投稿について一旦、教育担当者の方で承認する必要が出ます。


投稿に添付ファイルを付けることはできますか?

はい、可能です。設定により可能になります。添付ファイルを付けることで、さらに自由に発信することができます。


投稿内容をまとめてダウンロードできますか?

はい、可能です。「投稿内容出力」ボタンを押すことで、CSVファイルで一括ダウンロードできます。


投稿に参加させたい人数が多いのですが、メンバーを登録するときに一括登録できますか?

はい、可能です。CSVファイルで一括登録が可能です。


このページを見た方は、この記事も読んでいます