ユーザー権限

ユーザー権限の設定は、システムを快適にご利用いただくための要です。
Leafでは、多様化するお客さまの現状の運用方法に合わせて、柔軟に権限を設定していただけます。
「グループ全体を通して育成管理したい」「部門・セクションの裁量で運用できるようにしたい」といった細やかなニーズに対応いたします。

ユーザー権限の種類

当社のユーザー権限は3種類あり、導入開始時IDを発行する際に、「一般/現場責任者/システム管理者」から選んでいただき設定します。
それぞれの権限での閲覧範囲と割り振りイメージは以下の通りです。組織全体の教育管理を行う「システム管理者権限」は、人事ご担当者さまに1アカウント設定させていただきます。

権限の種類 閲覧できる範囲 権限割り振りイメージ
一般 自分の情報のみ 一般社員・職員・スタッフ・契約社員
現場責任者 自部署のメンバーの情報
(自分と部署に在籍する部下の情報)
部門責任者、管理職
各グループ企業・セクションの人事担当者
システム管理者 システムに登録されている全員の情報 人事担当者

「現場責任者」権限の活用方法

最もご相談が多いのは、「現場責任者」権限についてです。
部下を持つ管理職の方に権限を付与することをおすすめしており、権限を行使できるのは、自部署のメンバーのみとなっています。この権限では以下のような操作が可能です。

・研修やeラーニング、アンケート・課題の登録、管理
・研修・eラーニングの指名、申込手続きの受付
・行動履歴、人事評価結果等の確認
・ユーザーの新規登録・更新・閲覧 など

【画面イメージ】



また、「営業部 部長」の役職の方には、個人の「一般」アカウントと「営業部 部長」という現場責任者IDの2種類のアカウントをご用意いただくのが良いかと思います。 異動があった場合には、現場責任者アカウントを後任の方に引き継げるため、スムーズに運用いただけます。

なお、現場責任者の登録人数は上限がないため「〇名登録すると月額料金に課金される」ということは発生しません。利用規模が大きくても安心です。


「現場責任者」権限をグループ企業や各部門で使う

お客さまによってフローや運用したい方法は千差万別ですが、当社はできる限り貴社の運用に対応できるよう、柔軟に権限を追加いたします。 企業規模の大小問わず、様々な権限付与に対応してきた実績がありますので、他社で実現できなかったような細やかなご要望もぜひ当社にご相談ください。

例えば、こんなケースも、すべて対応可能です。

【グループ企業】
・親会社が子会社A、子会社B、子会社Cの教育を管理する体制にしたい
・グループ企業ごとに独立管理させるが、親会社は全社を俯瞰できるようにしたい

【部門・セクション】
・営業部門、経理部門、システム部門などでそれぞれ教育担当者がいるので、部門ごとに権限を用意したい
・部門主体で全社向けの講習会などを開催することもあるので、講習会用に特化した権限がほしい

【担当者】
・システム管理者以外にも、研修担当、コンプライアンス教育担当、人事評価担当など権限を分化したい

権限の階層イメージ(親会社、子会社の場合)