次世代型LMS「Leaf」は、利用者120万人を突破!

感染症が拡大する中、今までの集合型教育は"eラーニング形式"や、"WEB会議形式での配信"へ
切り替えが進んでいます!(オンラインセミナー化)
従来の集合研修が出来ないことでお悩みのお客さまに、次世代型LMS「Leaf」がおすすめです!
※オンラインセミナー(オンライン研修)の概要はこちら

受講URLも、資料も、探さなくていい
この画面1つで完結できる!

受講URLをクリックすれば、すぐに受講画面が開く/参加できなかったら、後から録画動画が見られる/課題やテスト、アンケートはここから提出回答。すぐに〇×採点・合否判定され、正しい答えもわかる/手書きの課題もスマホで写真を撮って提出できる/テキスト・資料はここから入手/PowerPointのテキストなら、ダウンロードせずに見ることもできる


オンラインセミナーはもちろん、
貴社の教育全体を強力にサポートできます!

動画が格納し放題!
接続制限もなし!

一般的なLMSは、動画のサイズやアップロード数により料金が変わる従量課金制が多くあります。また、接続数や接続時間での制限もあります。 Leafは、どちらも無制限にしたことで、自由にご利用いただけるようにしています。

集合研修や課題・テストも管理できる!

Leafは、オンラインセミナーだけでなく集合研修やeラーニング・通信教育も管理が可能です。また、それぞれに課題やテスト、アンケートを行うことができ、資格や受講履歴などに応じた教育も可能です。 一度ご導入いただくと、長くお使いいただけるシステムです。

自動メール送信など
便利な機能で時短!

教育方法の幅を広げれば広げるほど、管理や事務の煩雑さが増すものです。 Leafでは、自動リマインドメール送信や詳細な受講者検索機能など、様々な便利機能を搭載しています。事務がさくさく進み時短につながる感覚を体験していただけます。

Leafを使って、
オンラインセミナーを受講してもらう手順

1.教育ご担当者の方は、
招待用のURLをここにコピペします

2.受講者の方は、Leafにログインして、
ここをクリックします

3.すぐにWEB会議システムの画面が開くので、

4.簡単に受講できます

教育ご担当者さまがオンラインセミナーを行う際に、
よくある3つのお悩み

CASE.01

事前連絡や資料の配布など、担当者の手間や負担が増えてしまった

WEB会議システムと連動!案内から通知までLeafでできます

テレワークには1人1台のパソコン支給が必須かもしれませんが、在宅学習・自宅学習であれば、ご自身がお持ちのスマートフォンで受講が可能です。
スマートフォン1台で、eラーニング受講、スライド教育受講、課題・テストの受験、アンケート回答も行えます。
貴社の社員・スタッフの皆さまの年齢や特性などを考えて、スマートフォンで見やすく・使いやすい画面をお作りします。

CASE.02

WEB会議式セミナーの、やりっぱなしは良くない

「視聴して終わり」はNG!課題を設定してフォローできます

レポートの形式はWordやExcelなど様々ですが、これを自宅から提出させようとするとメール添付となり、管理が煩雑になることが多くあります。
どのような形式であってもLeaf内で提出が可能です。(もちろん、Leaf内に直接入力する形でのレポート提出も可能)
提出されればすぐに日時が入り、未提出者にはすぐに催促メールで送れとても簡単です。

CASE.03

急いでシステムを導入しても、将来的に使えないと困る

集合研修もe-ラーニングも扱えるLMSで後悔させません!

集合研修であれば「受講したら修了証を発行する」という流れのお客さま。eラーニング化したことで、修了証が発行できない、とお困りのことはありませんでしょうか。
Leafであれば、貴社が今お使いの修了証フォーマットを取り込んで、ボタン1つで発行・ダウンロードが行えるます。
修了証があると達成感も増すものなので、ぜひ継続していただきたく思います。



ご担当者さまの事務を軽減する、便利な機能の数々

WEB会議システム(Webex等)と連動

Leafには、教育のデータに紐付けて、URLのリンクを埋め込むことができます。受講者さまがLeafからすぐに視聴を開始することができます。

受講案内や通知が
簡単にできる

事前に受講者さまを確認して、受講者リストを見ながらポチポチとメールを打って、開催の都度招待用のリンクを確認して送って...。といった作業は不要です。

テキストや資料の
配布も簡単

資料やテキストがWordやExcelであればLeafに添付、PowerPoint・PDF形式であれば、スライド形式で置いておくことができます。

「ダウンロードを許可する/しない」の設定

「ノウハウの詰まった社外秘の資料」「社内用のオペレーションマニュアル」などは閲覧のみOK、ダウンロードはダメ!などと設定可能。

事後課題やテストを
設定してフォロー

セミナーや教育の情報に紐づけて、いくつでも課題やテストを設定することができます。

未受講者の把握と
催促も簡単

未受講者は簡単に把握することができ、簡単に何度も催促を行うことができます。


他社サービスとの比較

社会人の在宅学習・自宅学習でポイントとなる部分を、比較でご紹介いたします。

インソース

A社

初期費用 無料
※1年以上継続利用の場合
6万円~
動画やファイルのサイズ・容量制限
動画やレポート・修了証などを扱うとサイズや容量が大きくなるが、Leafは容量無制限で格納し放題

動画の数やサイズに制限がある、または従量課金
同時接続の制限
自宅から多くの人が一斉にアクセスしても制限なく利用可能。料金も定額

同時接続数による料金設定あり。また、アクセス数緩和のため配信時間・配信拠点数も考慮する必要あり
動画視聴方法(セキュリティ)
スマートフォン受講だと気になるのがセキュリティ。ログインしてから動画を見るので、権限のない第三者の利用を防止できる

動画を視聴するためのアクセス先を、都度URLにて案内。そのためURL自体が流出すると、第三者に視聴される可能性あり

◆ お客さまの声

操作が簡単で使いやすいです
(不動産業界のお客さま 約3,000名)

元々Leafを導入していましたが、働き方改革への取り組みと今回の感染症対策を鑑みて、動画・スライド配信機能付きのプランに変更しました。

手持ちのPowerPoint資料をそのままLeafに載せて配信→スライド形式で閲覧してもらい→そのままLeaf上で復習のテストまで行っています。 社内の会議も当面、テレビ会議で行うこととなったので、そのまま録画保存しておいて後でLeafに載せて配信、といった取り組みを進めています。

私含め、担当者は皆システムの専門的な知識がないのですが、基本的な操作はボタンのクリックだけでできるのでほっとしました。 PowerPointや動画をLeafにアップロードする際も、クリックだけで設定できて便利です。

WEB会議形式で教育をする試みを進めています
(物流業界のお客さま 約6,000名)

感染症の影響で、教育や研修の開催は当面見送りとなってしまいました。

そうした中でも別途教育を提供できればと思い、Leafを活用して、WEB会議形式で教育を配信する試みを進めています。

例えば、講師が本社で講義を行い、受講者はPC等を通し、講師の教育内容をリアルタイムで閲覧する、ということを考えています。

資料もLeafで効率的に配布できますし、受講履歴の集計もできますので、有効活用したいと考えています。

お申込みからご利用までの流れ
お申込みから最短3日でご利用いただけます!

1. お申込み
ご利用を開始する際には、申し込み書をご提出いただきます。お申込みの前にシステムを無料でお試しいただくことも可能です。

2.URL発行
お客さま専用のURLを発行いたします。この後、お客さまの方で、初期データ(ユーザー情報や教育情報)のご登録をお願いしております。

3.ご利用開始
URLとIDを社員の皆さまにお送りいただくと、すぐにご利用を開始できます。