課題・アンケート設定から回答収集まで

Leafでは、研修の振り返りや教育効果測定のために、確認テストやアンケート、事前・事後課題などを設定できます。 このページでは、課題の設定から、回答の出力・集計までをクリックだけで簡単に行う方法をご紹介します。

STEP1
課題を作成し、回答依頼メールを送付する

管理者ページで該当の研修概要ページを開き、課題・アンケート提出一覧を確認します。
課題を新しく設定する際には「課題アンケート新規追加」をクリックし、追加画面で詳細項目を設定します。
対象者への連絡も、「回答依頼メール送付」ボタンから手軽に送れます。メールソフトを併用しなくても、事務連絡はLeaf内で完結できます。

【参考】課題・アンケートをラクに設定する方法
・過去に実施した課題をコピーして再利用する
・設問を一括登録する

STEP2
受講者が課題に回答する

受講者は、「回答依頼メール」に記載されたURLからマイページにログインして回答します。

回答が未入力の課題・アンケートは「回答入力」のアイコンが表示されているので、該当の課題アンケートを開き、回答フォームで入力作業を進めます。

記入が終わったら「確認画面」を経て回答内容を提出。回答を終えた時点で、管理者側で回答内容をご確認いただけます。 回答完了の連絡をしなくて良いので、コミュニケーションコストも削減できます。

STEP3
進捗状況を確認し、催促メールを送信する

管理者は、管理者ページから受講者の回答状況を確認します。
回答が完了している場合は、オレンジ色の「回答済」のステータスに切り替わります。

期限内に提出できていない受講者には「回答督促メール」を送付しましょう。

メールを送る手順も、たった3ステップで、
(1)催促を送りたい対象者をクリック
(2)右側のメールテンプレートから文面を選択
(3)送信ボタンをクリックするだけなので、わずか1分程度しかかかりません。

全員分の回答が揃ったら、右下の「CSV出力」ボタンでデータを一括ダウンロード可能です。
関数を用いて集計作業を行う際にも非常に役立ちます。

ほとんどの操作をクリックとキーボード入力で行えることが、Leafの"使いやすさ"の秘訣です。 マニュアルレスでご利用いただけますので、システム操作に不安を感じているご担当者さまには、本当にオススメです。