研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

アクティブラーニング

アクティブラーニングとは、学習者が主体的・能動的(Active)に学習(Learning)に参加する学習手法のことです。

講師が一方向的に講義して、学習者は受動的に学ぶという従来の学習法ではなく、学習者が積極的に参加し、主体的に学びます。アメリカの教育機関で始められた学習法ですが、現在では文部科学省の「新しい学習指導要領の考え方」にも取り入れられ、企業研修にも採用されています。

かつて高度成長期には、指示通りに働く労働力が必要でした。しかし高速化するグローバル化・激化する市場競争・多様化複雑化するニーズなどを背景に、現代では自ら課題を発見し判断・解決に導く、能動的なビジネスパーソンが望まれています。

また、価値観の異なる人とでも、対話で意見交換や協力をしながら成果をあげられる人材の育成に有効であると注目されています。

アクティブラーニングには、一律に定められた正解はありません。参加者には、主体的に学ぶ姿勢と、議論によってともに問題解決に向かう姿勢を指導します。

以下のメソッドにより主体的能動的な思考が育ちます。

1. フィールドメソッド:主に屋外(社外)で行うアクティブラーニング

店舗・会場などの現場に出かけて行って、発見・観察・行動・解決などを学ぶ
・発見学習:課題を発見する
・体験学習:現場での実体験をする

2. ケースメソッド

課題発見・判断・問題解決まで、チームで意見を出し合って学ぶ
・グループディスカッション:参加者同士で討論して結論をだす
・ディベート:肯定側・否定側に分かれて解決策を考える
・グループワーク:グループになって調査・討論・作業を行いアウトプットする 

アクティブラーニングで学習を深めることによって、「主体的に課題を発見する力」「問題解決力」「コミュニケーションによる協働」などの体験が得られます。自分の考えを相手にしっかり伝え、他人の意見を傾聴し、周りの人と協力する力が身につくことで共通目標に向かう結束力を高めます。また、論理的にまとめて発表することができる、リーダーシップが身につくなどの良い点があります。

アクティブラーニングは企業にとって多くのメリットをもたらしますが、課題もあります。

アクティブラーニングは学習方法なので、アクティブラーニングによって何を学ぶのか、運営側が目的や意義を明確にする必要があります。また、参加意欲が低い学習者に対し、運営側から働きかけ、目的を共有するなどの工夫があるとよいですね。

また、教育を与える側(講師・運営)には、参加者が気づいていない視点を気づかせるコーチングスキルや、意見を発散させ集約するファシリテーションスキルなどが求められます。

実りの多いアクティブラーニングとするために、教える側の能動的な参加も必要と言えるでしょう。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧