loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

生産性向上研修~仕事の見える化でムダなく成果につなげる

生産性向上研修~仕事の見える化でムダなく成果につなげる

5つの「ムダ」を洗い出して徹底的に排除し、仕事の流れの「見える化」によりチームで成果をあげる

研修No.2650012

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

生産性向上とは何か、どうしたら自分の働き方を改善できるか、着手にあたってお悩みの方

※本研修は若手・中堅向けです。管理職向けはこちらへ。
生産性向上研修~明確な指示で、部下のパフォーマンスを高める

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「生産性向上」と言っても、何から始めればいいか分からない
  • いつも時間に追われていて、改善のために何をすればいいか分からない
  • 上司や関係各所との仕事の受け渡しが、うまくいかないと思うことが多い

研修内容・特徴outline・feature

働き方改革時代に最適な効率がよい仕事術を学び、生産性向上をめざす研修です。「ムダ」をなくす分析方法、「見える」仕事の流れをつくる管理方法といった、組織の一員として生産性を高めるためのポイントを学びます。

■「ムダ」の認識・排除が「余力」を生み出す
本研修では、業務のムダを5つに分類します。
①過剰品質のムダ  ②待ちのムダ  ③コミュニケーションのムダ
④工程のムダ ⑤分業のムダ
ムダを認識し、徹底的に排除することで、業務スケジュールに「余力」を生み出します。

■自分の仕事の流れを「見える化」して管理する
自分の仕事の流れを書き出し、「見える」ようにして管理することは、業務状況の把握、問題点の洗い出しを容易にします。本研修では、自分の業務状況を他者に「見える」ようにする「マイかんばん方式」を学ぶことで、仕事の受け渡しを円滑にします。

到達目標goal

  • ①自らの仕事の「ムダ」を発見・分析・排除して、余力を生み出すための手法を学ぶ
  • ②仕事のあるべき姿・プロセスを「見える化」して、自己管理できるようになる
  • ③あるべき姿を実現するために周囲と「協力」して、チームで成果をあげることができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.時代が求める生産性向上プレーヤー
    【ワーク】生産性を向上させることで、どのような良いことがあるか考える
    (1)なぜ生産性向上が求められているか ~働き方改革時代
    (2)プレーヤーとして生産性向上を行うために
    (3)効率がよい働き方とは ~仕事の見直しと改善
    (4)生産性向上のポイント
    ①自らの仕事の「ムダ」を発見・分析・排除すること
    ②仕事のあるべき姿・プロセスを「見える化」して管理すること
    ③あるべき姿を実現するために、周囲と「協力」して成果をあげること
講義
ワーク
  • 2.生産性向上の第一歩 ~「ワークスタイル」を振り返る
    【ワーク①】3日間の仕事を振り返り、時間の使い方を洗い出す
    【ワーク②】洗い出した仕事を比較し、優先順位をつける
講義
ワーク
  • 3.ムダの徹底的分析 ~「余力」を生み出す
    (1)仕事の影に潜む「ムダ」
    (2)ムダがムダを呼ぶ悪循環
    (3)ムダを認識する ~5つのムダ
    ①過剰品質のムダ ②待ちのムダ ③コミュニケーションのムダ
    ④分業のムダ ⑤工程のムダ
    (4)よくあるまずい仕事の仕方
    (5)ムダを徹底的に排除する
    (6)ムダをなくせば「余力」が生まれる
    【ワーク】5つのムダに自分の業務を当てはめて、排除するための解決策を考える
講義
ワーク
  • 4.ジャストインタイム ~「見える流れ」で管理する
    (1)「必要な仕事を、必要なときに、必要な分」~ジャストインタイム
    (2)「目で見る管理」によるジャストインタイムの実現
    (3)自らの標準作業を認識する
    ■標準作業の3要素
    ①業務プロセス(作業順序) ②標準時間(かけるべき時間) ③必要な情報・ツール
    (4)標準作業表
    【ワーク】自分の主要業務を標準作業表に書き出して細分化し、作業時間短縮のための改善案を考える
講義
ワーク
  • 5.マイかんばん方式 ~「チームワーク」を高めるカギ
    (1)仕事は個人競技ではない ~チームプレーで生産性を上げる
    (2)上手な仕事の受け渡し ~「マイかんばん」方式を活用する
    (3)「マイかんばん」を活用するメリット
    (4)「マイかんばん」の大前提
    【ワーク】自分の業務状況を表す「マイかんばん」を作成する
講義
ワーク
  • 6.生産性を上げる心構え
    (1)生産性を向上させる決意を持つ ~ルールを守る
    (2)自主的な判断力を強化する
    (3)周囲の人と「運命共同体」の関係になる
    (4)「改善は永遠にして無限である」 ~大野耐一氏の言葉より
講義
  • 7.まとめ
    【ワーク】研修をふまえ、明日から職場で取り組むことを考える

    【参考】仕事の特性に応じた対策
    (1)仕事・行動は4つに分類できる
    (2)考える仕事 ~集中が成果を生む
    (3)こなす仕事 ~連続処理がカギ
    (4)完全に時間を拘束されてしまう仕事 ~減らすか移す
    (5)少しなら時間を自由に使える仕事 ~徹底活用する
    (6)組織的視点で自分の仕事かどうかを考える
ワーク

企画者コメントcomment

「働き方改革」は働き手に対して、労働時間は短くしつつ高い成果をあげることを求めています。働き手は自らの仕事のやり方を見直して、所属する組織の生産性向上をめざす必要があります。そういった課題を解決するために本研修は開発されました。インソースでは長年の間、日本の誇る「トヨタ生産方式」から着想を得た仕事術を実際に現場で活用し、確実に生産性を向上させてきました。本研修ではその仕事術の本質をお伝えします。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

100.0%

講師:大変良かった・良かった

93.3%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社内の業務全般について改善を図っていく立場なので、本日教わったマイかんばんやSIPOC-Rなどを活用して、IT環境を会社や利用者にとってより良いものにしていきます。
  • 早い、安い、うまいという視点で、日々の業務を見直していきたいです。改善を実行に移す際に役立つ、改善点を見つける際のポイントを教えていただいたので活用します。
  • 普段からムダを見つけるよう心がけ、ムダを見つけたら本日の研修内容を思い出し改善していく。また、マイ看板を作る。
  • 業務プロセスの「見える化」や、ムダの発見・削減を実行し、生産性の向上を実現したいと思いました。

実施、実施対象
2020年7月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仕事の見える化により、無駄や改善点を発見して、生産性の向上に取り組みたいと思います。
  • 業務効率化・生産性向上に繋がるうえでの基盤となる考えを学びました。その思考を活かし、様々な視点から改善を図っていきます。
  • 「マイかんばん」を使った上司や部下との仕事の進め方や、上司が望む成果・自分が部下に望む成果の伝え方を意識していきたい。
  • 研修を受講し、生産性向上の重要性を改めて痛感した。緊急性と重要性を意識した業務への取組みや、仕事の意図を理解したうえで業務に無駄がないかを見つめ直すことを実践する。

実施、実施対象
2020年3月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 当たり前に行っている業務でも必ず無駄があるものと思って、効率化できるようにサービスレベルを設定する等したい。
  • すぐに無駄をなくすことは難しいかもしれないが、周りと思っていること等を共有して伝えることが最善の一歩になると思う。
  • 今後は、他人に上手に仕事を受け渡せるように、「マイかんばん」を取り入れたいと思います。
  • 周囲とのコミュニケーションは必要だと思っていたが、この研修を通じて、どう対応していくかのヒントになった。
  • 5つの無駄のタイプを意識して、Improvementに活かすことと、見える化作業を少しずつ行いたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 定常的に行っている業務の中で無駄を見つけて効率化を図りたい。そんなに難しいことをしなくても業務効率化に繋げられそうだと分かったので有益だった。
  • 業務を振り返ってムダなことはないか改めて確認してみようと思いました。効率化することでさらに多くの業務をこなせるようにしていきたいです。
  • かんばん方式とスキマ時間を活用し、自分だけでなく組織を意識して業務の効率化をしていきたい。
  • これまで残業時間を減らすように言われてきましたが、なかなか実践できていませんでした。今回の研修で学んだことを実践してみて、効果があるかどうかを試してみたいと思います。
  • 上司に報告する際、すぐに理解・了承してもらえるよう、上司の判断軸を理解していきたい。

実施、実施対象
2020年1月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 研修で学んだ標準作業表を作成して、業務改善の提案に積極的に取り組んでいきたいと思います。
  • 本日改めて今の業務の中での不要部分を感じたので、上司に報告して改善に繋がるようにしていきたいです。
  • 業務工程の洗い出しと目安時間の記録を行っていく。また、記録についても日々取得し、分析に活かしていきたい。
  • 生産性をアップすることで職場の雰囲気を良くすることを目的にしていきたい。また、アウトプットすることの大切さを改めて感じた。
  • 改善策を多く学ぶことができた。仕事を適切に割振りしたり、マニュアルを提供したり、周りを巻き込んで改善していきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
100.0
講師がとても良い・良い
93.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修