loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

自分の時間の使い方を知り、限られた時間の中で仕事の効率を上げるための手法を学ぶ

研修No.1800000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・日々の仕事の中で、時間に追われて悩んでいる方
  • ・「次に何をしようか」考えて手が止まることがある方
  • ・仕事の優先順位付けに関して、客観的な基準を学びたい方

※チーム・組織の効率を高めたい方、管理職の方には「組織のタイムマネジメント研修~管理職の立場から組織の効率化を目指す」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 業務が多すぎて、どれから着手すべきかわからない
  • 予定していた業務と、急に入ってきた業務のどちらを優先するか判断に迷うことが多い
  • 計画を立てても計画通りに進まず、気づけば締切直前になってしまう
  • 業務に追われて仕事が終わらない、残業時間を減らしたい

研修内容・特徴outline・feature

限られた時間の中で業務効率を高め最大限の成果を上げるための方法を、PDCAサイクルに沿って習得する研修です。1日のスケジュールを振り返ることで自身のワークスタイルを分析し、現在の課題をご認識いただきます。そして業務を効率的に遂行するための計画の立て方、優先順位のつけ方、効率の良い仕事の仕方を習得いただきます。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①自分のワークスタイルの課題を認識し改善案を立てる
  • ②「考える仕事」「こなす仕事」「完全に時間を拘束される仕事」「少しなら時間を自由に使える仕事」それぞれの効率の良い時間の使い方を理解する
  • ③仕事の目的・QCDRを明確にすることで手戻りの少ない計画を立てることができる
  • ④仕事を「緊急度」と「重要度」で整理し、優先順位をつけることができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.時間管理について考える
    【ワーク】仕事の時間管理につき、苦手なことや悩みを共有する
ワーク
  • 2.タイムマネジメントの原則
    (1)原則1:「時間」そのものは、現実には管理できない
    (2)原則2:管理できるのは、仕事や行動
    (3)原則3:仕事を管理するとは、考え方や行動を変えること
    (4)原則4:PDCAサイクルで仕事をすすめる
講義
  • 3.自分のワークスタイルを知る
    (1)自分の仕事を洗い出す
    【ワーク】自分の業務を洗い出し、業務以外の時間につき頻度と
    所要時間を考える
    (2)自分のワークスタイルを知る
    【ワーク】昨日の時間の使い方を洗い出し、自分のワークスタイル
    を考える
講義
ワーク
  • 4.C(CHECK)・A(ACTION)~自分の仕事を検証し改善する
    (1)仕事・行動は4つに分類できる 
    (2)考える仕事~集中することが鍵
    (3)こなす仕事~連続処理が鍵
    【ワーク】自分の仕事につき、こなす仕事の想定時間の妥当性
    を考える
    (4)完全に拘束されてしまう時間~減らすか移す
    (5)少しなら自由に使える時間~徹底活用する
    【ワーク】自分の仕事の4分類について、分析結果を振り返る
    (6)組織的視点で自分の仕事かどうかを考える
講義
ワーク
  • 5.P(PLAN)~QCDRを明確にする
    (1)仕事の目的を明確にする
    (2)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
     ・Q(品質)、C(コスト)、D(納期)、R(リスク)
    【ワーク①】上司からの依頼を引き受ける際のQCDRについて、注意点を書き出す
    【ワーク②】ご自身の業務の中から一つ選び、その仕事のQCDRを
    考える
講義
  • 6.P(PLAN)~優先順位を明確にする
    (1)優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    (2)優先順位のつけ方 ~比較による図解化
    【ワーク】自分の仕事を「緊急度」と「重要度」で整理する
    (3)優先順位を意識して仕事を進める
    【参考】知っておきたい「選択と集中」~パレートの法則より
講義
ワーク
  • 7.D(DO)~仕事のやり方を工夫する
    (1)できそうな工夫を持ちよる
    【ワーク】自分が行っている仕事上の工夫を共有
    (2)よくある時間の無駄遣いを減らす
講義
ワーク
  • 8.目標設定
    【ワーク】研修を踏まえ、今までの問題点と今後の改善策を考える
ワーク
  • 補足1.自分のコストを考える
    【ワーク】自分の人件費を求めてみる
ワーク
  • 補足2.トラブルの対処法
講義
  • 補足3.コミュニケーションを円滑にし、効率を上げる
講義

470

企画者コメントcomment

「仕事がたくさん積まれているのに残業時間が制限され、時間が足りない」といったお悩みをよくお伺いします。本研修には効率的に仕事を行うためのノウハウがつまっています。ぜひご自身の時間の使い方を見直す機会としていただけたらと思います。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.6%

講師:大変良かった・良かった

96.3%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 本日学んだ優先順位付けをうまく行い、効率よく業務を行っていきます。緊急性と重要度を間違えないようにしたいと思います。
  • 組織のためのタイムマネジメントを考えて業務に活かしていきたいと思います。「出来事をコントロールする」という視点を忘れず、期待値を確認するためのコミュニケーションを大切にします。
  • 業務のタイムマネジメントの組み立て方を活用し、コミュニケーションをしっかり取るようにします。
  • テレワークがすすめられ、世の中が大きく変化する時期なのだと実感しました。自分を高める活動をしっかりしていきます。
  • 日々の業務の進め方、時間の使い方を考えて悩むことが多いため、今一度優先順位を考えたいです。

実施、実施対象
2020年7月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 突発的な作業や割込み作業が多いので、「先回り交渉」「期日の交渉」「事前の報連相」を行いながら、割込み業務を減らしていきたいと思います。また、常に平常心で業務をしていけるように心がけたいです。
  • 仕事の優先順位のつけ方をマスターして、仕事をコントロールできるようになりたいと思いました。今後の業務一つひとつに重要度や緊急度を考えて、適切に優先順位をつけたいと思います。
  • 効率的と効果的のバランスについて常に考えながら業務を回せるようにしていきたい。
  • 先読みコントロールをして出来事に追われないようにする、ということが一番心に響きました。先手を打って成果が出せるように頑張っていくモチベーションも上がりました。
  • 今まで5W1hで業務を請け負っていましたが、これからはQCDRを取り入れて業務を進めていきたいです。

実施、実施対象
2020年6月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回学んだマトリックスを活用し、自分の業務を見える化することで優先順位を明確にし、日々の業務に取り組んでいきたい。
  • 自分の仕事を「緊急度」と「重要度」で整理するというのは、定期的に行えば作業の優先順位付けになるので良いと思った。
  • 書き出す、アウトプットする事を意識し、時間の効率化を図っていきたい。時間への意識を強めて今後に活かしていきたい。
  • ひとつの業務を細分化し、スケジュールしてマルチタスクに対応するやり方を試したい。
  • QCDRをしっかりイメージして、業務だけではなく営業でも活かしていきます。優先順位のマトリクスを活かします。

実施、実施対象
2020年3月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 苦手なことや時間がかかることを先延ばしにする傾向が自分にはあるが、やるべき仕事の優先順位を考え、整理をして受け入れできるように変えていきたい。
  • 担当業務の整理、作業方法を工夫することにより、業務改善ができるのではないかと感じた。仕事の目的・ゴールを明確にし、優先順位をしっかりとる。
  • PDCAサイクルとQCDRをリマインドし、業務に再度徹底して効率化向上を図る。業務の優先順位をつけるポイントがさらに明確になった。
  • ストレスの振り分け方はとても勉強になりました。自分の力で変えられないものに悩み続けないことを意識したいです。
  • 以前と比較して業務の責任が増えていることに悩んでいたが、仕事や行動を管理、時には人に指示することでうまく進めていきたいと思った。

実施、実施対象
2020年2月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務の優先度の見直しとスケジュール管理を考え直して取り組んで生産性を上げていきたいと思います。
  • スケジューリングの方法について、良い納得できる内容を聞くことができたので、活かしていきたいと思います。また、業務をする中で問題と思っていたことに対する方法も知ることができ、試してみたいと思いました。
  • 限られた時間の中で与えられた仕事だけをするのではなく、自分の時間管理を日々考え、余裕を持って業務に取り組めるようにスケジュール管理や優先順位について学んだことを活かしたいです。
  • 仕事の目的をすり合わせることの重要さが分かったので、上司等と積極的に行いたい。数値化しづらい目標に対して「~な状態にする」という設定をしていきたい。プライベートでもTo Doリスト、ガンチャートを活用したい。
  • Weekly To Doリストを作成し、自分の仕事の優先順位、振り返りをする、書き出すことによって優先順位のあるものを後回しにしていないか確認をしていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
96.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修