loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

自分の時間の使い方を知り、限られた時間の中で仕事の効率を上げるための手法を学ぶ

研修No.1800000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・日々の仕事の中で、時間に追われて悩んでいる方
  • ・「次に何をしようか」考えて手が止まることがある方
  • ・仕事の優先順位付けに関して、客観的な基準を学びたい方

※チーム・組織の効率を高めたい方、管理職の方には「組織のタイムマネジメント研修~管理職の立場から組織の効率化を目指す」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 業務が多すぎて、どれから着手すべきかわからない
  • 予定していた業務と、急に入ってきた業務のどちらを優先するか判断に迷うことが多い
  • 計画を立てても計画通りに進まず、気づけば締切直前になってしまう
  • 業務に追われて仕事が終わらない、残業時間を減らしたい

研修内容・特徴outline・feature

限られた時間の中で業務効率を高め最大限の成果を上げるための方法を、PDCAサイクルに沿って習得する研修です。1日のスケジュールを振り返ることで自身のワークスタイルを分析し、現在の課題をご認識いただきます。そして業務を効率的に遂行するための計画の立て方、優先順位のつけ方、効率の良い仕事の仕方を習得いただきます。

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①自分のワークスタイルの課題を認識し改善案を立てる
  • ②「考える仕事」「こなす仕事」「完全に時間を拘束される仕事」「少しなら時間を自由に使える仕事」それぞれの効率の良い時間の使い方を理解する
  • ③仕事の目的・QCDRを明確にすることで手戻りの少ない計画を立てることができる
  • ④仕事を「緊急度」と「重要度」で整理し、優先順位をつけることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.時間管理について考える
    【ワーク】仕事の時間管理につき、苦手なことや悩みを共有する
ワーク
  • 2.タイムマネジメントの原則
    (1)原則1:「時間」そのものは、現実には管理できない
    (2)原則2:管理できるのは、仕事や行動
    (3)原則3:仕事を管理するとは、考え方や行動を変えること
    (4)原則4:PDCAサイクルで仕事をすすめる
講義
  • 3.自分のワークスタイルを知る
    (1)自分の仕事を洗い出す
    【ワーク】自分の業務を洗い出し、業務以外の時間につき頻度と
    所要時間を考える
    (2)自分のワークスタイルを知る
    【ワーク】昨日の時間の使い方を洗い出し、自分のワークスタイル
    を考える
講義
ワーク
  • 4.C(CHECK)・A(ACTION)~自分の仕事を検証し改善する
    (1)仕事・行動は4つに分類できる 
    (2)考える仕事~集中することが鍵
    (3)こなす仕事~連続処理が鍵
    【ワーク】自分の仕事につき、こなす仕事の想定時間の妥当性
    を考える
    (4)完全に拘束されてしまう時間~減らすか移す
    (5)少しなら自由に使える時間~徹底活用する
    【ワーク】自分の仕事の4分類について、分析結果を振り返る
    (6)組織的視点で自分の仕事かどうかを考える
講義
ワーク
  • 5.P(PLAN)~QCDRを明確にする
    (1)仕事の目的を明確にする
    (2)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
     ・Q(品質)、C(コスト)、D(納期)、R(リスク)
    【ワーク①】上司からの依頼を引き受ける際のQCDRについて、注意点を書き出す
    【ワーク②】ご自身の業務の中から一つ選び、その仕事のQCDRを
    考える
講義
ワーク
  • 6.P(PLAN)~優先順位を明確にする
    (1)優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    (2)優先順位のつけ方 ~比較による図解化
    【ワーク】自分の仕事を「緊急度」と「重要度」で整理する
    (3)優先順位を意識して仕事を進める
    【参考】知っておきたい「選択と集中」~パレートの法則より
講義
ワーク
  • 7.D(DO)~仕事のやり方を工夫する
    (1)できそうな工夫を持ちよる
    【ワーク】自分が行っている仕事上の工夫を共有
    (2)よくある時間の無駄遣いを減らす
講義
ワーク
  • 8.目標設定
    【ワーク】研修を踏まえ、今までの問題点と今後の改善策を考える
ワーク
  • 補足1.自分のコストを考える
    【ワーク】自分の人件費を求めてみる
ワーク
  • 補足2.トラブルの対処法
講義
  • 補足3.コミュニケーションを円滑にし、効率を上げる
講義

470

企画者コメントcomment

「仕事がたくさん積まれているのに残業時間が制限され、時間が足りない」といったお悩みをよくお伺いします。本研修には効率的に仕事を行うためのノウハウがつまっています。ぜひご自身の時間の使い方を見直す機会としていただけたらと思います。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.1%

講師:大変良かった・良かった

96.5%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「手戻り」をなくすための工夫である事前準備等、リスクヘッジをしておくことを活かし、無駄のない仕事の進め方をしていきます。また、PDCAサイクルをうまく活用できるようにします。
  • 想定外をなくすなど、リスクの予測と予備時間をつくることを業務に活かし、突発的な問題に対応する時間を短くできるようにしていきます。ただ仕事をこなすのではなく、どうすれば効率化できるかということについて、ポイントを分かりやすく解説していただけて良かったです。
  • なんとなく感覚でやっていたことを明文化できたため、シフト別業務のさらなる見直しを図り、上司へ提案していきます。業務内容を書き出し把握することの大切さを感じました。
  • リスクを想定する、業務を視覚化し分類する、優先順位を明確にすることを、すぐにでも取り入れます。また、時間があれば次から次へと仕事を入れており予備時間を設けるという概念がなかったため、可能な限り取り入れていこうと思います。
  • 業務の優先順位をつけ、効率的に業務をこなせるようにします。マトリックスを書いてよく考えてみると、実は緊急度はそこまで高くない、ということもあるので、一つひとつの業務について一度見直していきます。

実施、実施対象
2021年5月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 自身の仕事か、人に任せるべき仕事ではないかの判断や、優先順位を客観的に考えること、逐次業務スケジュールを組み直すことを取り入れて、仕事を効率的に進めていきます。
  • 目の前の急ぎの仕事に飛びつくのではなく、緊急度・重要度によって優先度を変えていくという観点がとても勉強になりました。
  • 仕事の依頼が来た際に、QCDR を洗い出すようにします。「隙間時間でできる仕事をストックしておく」ことや「フォルダの見える化」により、効率よく業務を進めます。
  • 業務の効率的なスケジューリングや品質向上を図りたいです。何に何時間を使っているかの見える化し、時間を常に意識して効率の良いタイムマネジメントを心掛けます。
  • 業務ごとの優先順は勿論ですが、一つの業務内についても、取り掛かる前にQCDRで分析したうえで「考える仕事」「こなす仕事」に分けて、効率よく進めていきたいと考えました。

実施、実施対象
2021年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 従来から第2領域の業務を増やすことが重要だと学んではいたが、なかなか実践ができていない状況を再認識できました。今一度、自身の業務の中で第2領域の業務をピックアップして毎日取り組む時間を設定するなどの工夫をします。
  • 作業をリスト化し、優先度の重要度、緊急度をつけて自分の業務作業を整えます。他の人に任せられる作業を見つけて自分の作業時間を確保していきます。
  • タイムマネジメント研修を受けるまでは、時間を管理することと考えていたが、管理するのは自分の仕事や行動であった。仕事の優先度を決める。
  • 締め切りが近いものからではなく全体像を見渡し、仕事内容をマトリクス化し第二領域で仕事ができるようにコントロールしていくことを目指す。

実施、実施対象
2021年2月     26名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
88.5%
参加者の声
  • 優先順位付けを改めて意識して行動します。突発的案件への対応も事前準備が重要だと思いました。同僚に仕事を振ることも多くなるため、あいまいなお願いは絶対にしないようにします。
  • 改めて仕事毎に目的意識を持ち、質を上げていくとともに、日々変える努力をしていきます。時間を適切に管理するために、行動や考えを意識して変化させ、スムーズな業務推進に活かします。
  • 他部署に仕事をお願いすることが多いが、お願いするときに納期についてや目的をしっかりと伝えることが必要なことが改めて本日の研修でも理解できました。

実施、実施対象
2021年1月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 目の前の仕事やトラブル対応で1日が過ぎてしまっていました。重要・緊急性のマトリックス運用で自分の仕事の優先順位を確立して、成果につながるように取り組んでいきます。
  • 時間の作り方(探す時間・ムダな時間)を考え直したいです。他の方の意見も取り入れて効率の良い時間配分をしていきます。
  • 自分の業務に要する時間を把握して、仕事の優先度を考慮して仕事をこなすようにしていきたい。
  • 今後の業務に役に立つ内容だった。自分の仕事の可視化、所用時間、コストを意識して、自分のタスクを管理していきたい。
  • 優先順位のつけ方など、非常に勉強になりました。自分だけでなく、同係にも共有して会社全体の業務改善に繋げていきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.1
講師がとても良い・良い
96.5

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修