ワークショップ関連研修

ワークショップ関連研修

◆インソースのワークショップセミナー

インソースでは、豊富な研修ラインナップを揃えておりますが、その中には、「ワークショップ形式のセミナー」や「ゼミナール」などのコンテンツも数多くあります。
さらに、インソースグループ子会社であるミテモでも、様々な手法をつかって受講者の興味を引き付けるワークショップを数多く企画・運営しています。

◆研修とワークショップの違いとは

大きく分類すると、「研修」のゴールは、講師がスキルやノウハウをお伝えし、受講者の皆さまに翌日、職場で発揮できる能力や気づきを持ち帰っていただくことです。インソースの研修ではロールプレイやケーススタディなどを数多く盛り込んでいますが、それは疑似体験を通じて、スキル・ノウハウを体得していただくためです。

一方、「ワークショップ」は研修よりもさらに受講者の皆さまが主体的かつ積極的に課題や与えられた議題に取り組み、議論やディスカッションを通じて、何かしらの成果物・アウトプットを生み出すことが目的となります。成果物・アウトプットは、企画するワークショップにより多種多様です。

例えば「企業の理念を言語化する」といった企画もあれば、「新しいチームで働くうえでのルールを決める」「新規事業のアイディアを考え抜き、実現可能な3つの案に絞る」といったものまで内容やゴールは多岐にわたります。研修に比べて、プロジェクトチームや部署などで実施することが多いのもワークショップの特徴です。普段の仕事の関係者全員でワークショップに参加することにより、仕事そのものについても具体的かつ現実的に話し合うことが可能ですし、ワークショップの中で、仕事の解が生まれることも少なくありません。

インソースの講師は司会進行役(ファシリテーター)として、受講者の皆さまの発言や意見共有を促します。企画立案や業務改善などを目的としたワークショップの場合は、必要な知識やスキルを付与しながら進めていくこともあります。

▶人事評価制度・研修制度構築するためのスキルマップ作成ワークショップ

◆ビジネスゲームを取り入れたワークショップ

時にはブロックを使ったり、「料理」という共同作業を取り入れるなど、各種ビジネスゲームを取り入れて、議論や対話を円滑に進めやすくすることもあります。インソースでは様々な仕掛けをご用意しておりますので、お問い合わせください。

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースのワークショップ関連研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

【基本】

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
7,174

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.7%

講師:大変良かった・良かった

95.6%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!