loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ワークショップ関連研修

ワークショップ関連研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

参加者が自発的に参加・体験するグループ学習の場

ワークショップとは20世紀中ごろの米国演劇界で行われていた手法で、プロの役者やアーティストだけでなく演劇に興味のある一般の方が参加し、課題を与えられて訓練したり、創作活動を体験しながら演劇を学んでいくためのものでした。現在は研修を発展させた「参加型・体験型の学習の場」として、人材育成に活用されています。

インソースの研修は、特定の課題を解決するための具体的なビジネススキルやノウハウをロールプレイングやケーススタディで疑似体験することで体得し、受講者に翌日、職場で発揮できる力や気づきを持ち帰ってもらうプログラム構成です。

一方、「ワークショップ」は研修よりもさらに受講者が主体的かつ積極的に課題や与えられた議題に取り組み、議論やディスカッションを通じて、何かしらの成果物・アウトプットを生み出すことを目的とします。成果物・アウトプットは、企画するワークショップにより多種多様です。インソースグループのミテモ株式会社では、様々な手法をつかって受講者の興味を引き付けるワークショップを数多く企画・運営しています。


ワークショップ関連研修のポイント

多彩なテーマとアウトプット

現代のようなVUCAの時代では、ビジネスモデルや事業形態、扱う商材などに「正解」はありません。
一つの正解を追い求め、それだけを永遠に作り出す人材ではなく、状況に応じた正解を主体的に探し、形作っていけるような人材が求められます。このような背景から、ワークショップは抽象的な概念、考え方を導き出すテーマが設定されます。

例えば「企業の理念を言語化する」といった企画もあれば、「新しいチームで働くうえでのルールを決める」「新規事業のアイディアを考え抜き、実現可能な3つの案に絞る」といったものまで内容やゴールは多岐にわたります。いわゆる「研修」に比べて、プロジェクトチームや部署などで実施することが多いのもワークショップの特徴です。普段の仕事の関係者全員で参加することにより、仕事そのものについても具体的かつ現実的に話し合うことが可能ですし、ワークショップの中で仕事の解が生まれることも少なくありません。

受講者を巻き込む「仕掛け」

インソースグループのワークショップは参加者の意見、悩み、要望を直接、聞き出しながら進行します。参加者同士が意見を出し合いながら、共通のアウトプットをする企画であれば、受講者が抱えている疑問点などを整理し、ファシリテーターが問題解決のための道筋を示します。

時にはブロックを使ったり、「料理」という共同作業を取り入れるなど、議論や対話を引き出す仕掛けを作り出します。一見するとビジネスには結びつかないようなことでも、段取りのつけ方や発言の中の表現の仕方などに参加者の個性が現れていることにはっとさせられる瞬間があるはずです。

優秀なファシリテーター

講師は司会進行役(ファシリテーター)として、受講者の皆さまの発言や意見共有を促します。企画立案や業務改善などを目的としたワークショップの場合は、必要な知識やスキルを付与しながら進めていくこともあります。


ワークショップ関連研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのワークショップ関連研修の特徴は何でしょうか?

A.豊富なワークショップの開催経験やコンサルティング実績からノウハウが蓄積されており、テーマがパッケージ化されています。例えば「人事評価制度・研修制度を構築するためのスキルマップ作成ワークショップ」は制度設計の中核となるスキルマップがアウトプットです。スキルマップとは「職種ごと、年次ごとにできてほしい(できないと困る)業務」を洗い出し、マッピングしたものです。これにより、何ができればいいのか、職種や年次に求める要件が明確になります。しかしながら、人事部が勝手に作成しても、現場の納得感が薄いため、現場を巻き込んだワークショップ形式で実施するのが最善の方法です。これにより、比較的短時間で作成することができ、現場の納得感も向上します。インソースはこのようなワークショップを数多く、お手伝いしており、ノウハウが蓄積されています。

「研修」と「ワークショップ」の違いは何ですか?

A.「研修」は講師が一方的に教えるため参加者はある程度受け身です。一方、「ワークショップ」は参加者が自発的に参加・体験するグループ学習の場として開かれます。また、「研修」のゴールは、講師がスキルやノウハウを伝え、受講者に翌日、職場で発揮できる能力や気づきを持ち帰ってもらうことです。インソースの研修はロールプレイやケーススタディなどを数多く盛り込んでいます。それは疑似体験を通じて、スキルやノウハウを体得するためです。

一方、「ワークショップ」は研修よりもさらに受講者が主体的かつ積極的に課題や与えられた議題に取り組み、議論やディスカッションを通じて、何かしらの成果物・アウトプットを生み出すことを目的とします。

ラインナップにない実施テーマを考えているのですが、対応できますか?

A.テーマに合わせたワークショップを設計し、実施いたします。まず、進行役であるファシリテーターは共同作業の場を仕切ってうまくまとめ、参加者に寄り添った進行をするために、観察力があり、目配りの利く人物を適任者として選定します。次に目的と成果物を定義し、全体の時間配分を設計します。そして、テーマに合った補助的なコンテンツを当社の研修コンテンツの中から、抜粋し、補助教材を作成します。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ワークショップ関連のおすすめプラン

「人を育成する」風土醸成に向け教育体系を構築するプラン

組織としての一体感や社員を育てる風土を醸成するために、ビジョンを明確にし、現状のスキルを把握したうえで、最適な教育を構築するプラン

派遣から直接雇用への転換者に向けたキャリア支援プラン

派遣社員から直接雇用へ変わった社員に転換時と2年目に教育を行い、継続的なサポートを行う。キャリアを考える機会をつくりながら、チームの一員として働くスキルを鍛える

多様性を尊重する近年の理念浸透コンサルティングプラン

「個の多様性を活かしつつ組織の理念を浸透させ、組織の力を高める」。矛盾しそうなこの課題に正面からぶつかり、理念の策定から浸透、ツール制作までオールインワンで支援

ワークショップ関連研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!