キーワードで知る!コンサルの「眼」

 

キーワードで知る!コンサルの「眼」

すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意(1)「なぜ」を考える

すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意(1)「なぜ」を考える

◇上林 憲雄氏(Norio Kambayashi)◇

  英国ウォーリック大学経営大学院ドクタープログラム修了後、
2005年神戸大学大学院経営学研究科教授、経営学博士。
専攻は人的資源管理、経営組織。

──────────────────────────────

■「ロジカル・シンキング」ばやり

ここ数年,日本のビジネスパーソンの間で「ロジカル・シンキング」がちょっとした流行になっています。書店のビジネス書コーナーに行くと,ロジカル・シンキングや論理的思考のトレーニングのための書物が所狭しと並べられています。
出版業界の専門家に尋ねると,こうしたロジカル・シンキング関連の書物の売り上げは概して好調なようです。わたし自身,いわゆる「流行現象」に対しては疑り深く,まずは斜に構え,結果的には流行にくみしないことの方が多いのですが,こと,このロジカル・シンキングの流行に限っては,比較的好意的な印象で受け止めています。


■問いかけの方法を変えるだけ

しかし,もののビジネス書を読んでみると,ロジカル・シンキングの必要性やその基本的な特徴については書かれていても,いったいどうすればロジカル・シンキングを身につけていくことができるかについては,あまり詳細に書かれていないようです。

以下では,すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意について述べてみることにしてみましょう。実は,問いかけの方法をちょっと変えてみるだけです。


■思考の枠組みを変えるコツ

まず,当たり前のことですが,ロジカル・シンキングとは「論理」(ロジックス,logics)をもとにした思考法であることを理解する必要があります。ここで重要なのは,論理とは何か,ということです。その問いへの回答をわかりやすく一言で答えるなら,それはずばり「なぜ」("why")を考えてみることです。

このwhy型質問に加え,それは「何か」を問うwhat型質問もあわせて自分の思考様式の中に取り入れ,思考の枠組みを組み立てていくこと―これがわたしの考えるロジカル・シンキングの要諦です。

☆次週につづく!


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー