キーワードで知る!コンサルの「眼」

 

キーワードで知る!コンサルの「眼」

すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意  (2)how toより先に考えること

すぐに実行可能なロジカル・シンキングの極意  (2)how toより先に考えること

◇上林 憲雄氏(Norio Kambayashi)◇

  英国ウォーリック大学経営大学院ドクタープログラム修了後、
2005年神戸大学大学院経営学研究科教授、経営学博士。
専攻は人的資源管理、経営組織。

──────────────────────────────

■How to 型ではなくwhat型とwhy型の問いを考える

多くのビジネスパーソンの皆さんは,ビジネスの日々の局面で「なぜ」を真剣に考える機会は少ないのではないでしょうか。多くの企業では,日々こなしていかないといけない業務が山のようにあり,じっくり「なぜ?」と問うてみる暇などほとんどないと推測されるためです。そのため,多くの皆さんは「どうやったらそれがうまくできるか」つまり,how to 型の質問が真っ先にきてしまいがちです。

How to 型の質問は,もちろん重要です。それは,具体的な解決方法を教えてくれる質問の仕方です。(ちなみに,この小稿も「どうやったらうまくロジカル・シンキングを身につけられるか」というhow to型質問になっています。)しかし,このhow toより先に考えなければならない問いがwhatとwhyなのです。


■厳密に考える癖をつける"what"型の質問

まずwhat型の質問は,いま自分が考えようとしている事項や対象を厳密に規定します。例えば,とある人事マネジャー氏が「どうすれば我が社に成果主義がうまく導入できるのだろう?」と漠然と考えていたとしましょう。これは「どうすれば」という問いなので,how to 型の質問です。

ただ,このままではすぐに成果主義導入へ向けた妙案は思いつきません。そこで,「今いわれている成果主義とはいったい何だろう?」というように"what"を問うてみるのです。成果主義とは何かについて,漠然としたイメージや印象は誰しもがもっているのですが,この問いにきっちり正確に答えられる人はなかなか居ないはずです。考えようとしている事項や対象が曖昧なままで思考を進めると,多くの場合,危なっかしい,あやふやな議論に陥りがちです。まず,成果主義とは何かという基本的な認識を整理し,きっちり物事を考えていくための土台を作るのが,このwhat型質問の役目なのです。


■自分流の明確化でOK

ここで留意しないといけない点は,逆説的ですが,必ずしも「完璧に規定する」必要はないということです。学術的に議論しようとすれば,完璧レベルでの正確さももちろん必要になるのですが,それよりも,自分がこれから考えようとすることを自分なりに明確化できていること,こうであれば自分の考える成果主義だけれども,こうであればそうではない,というレベルにまで考えておけば,ひとまず十分です。

What型質問ができあがれば,次はロジカル・シンキングの本丸 why型質問の出番です。

☆次週につづく!


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー