営業職「誰もやらない」101の秘策

 

営業職「誰もやらない」101の秘策

「提案書の構成要素」

「提案書の構成要素」

「提案書の構成要素」

゜:.*。・。+.゜・。゜.:。*゜・。.゜。:・+゜・。:゜・。゜.。゜・。+。

 前回は、提案書を書くにあたって、
 おさえておくべき基本についてお話しました。

 今回は、「具体的に提案書には、何をどくらい書けば良いの?」
 という疑問にお答えします。

 どうぞ最後までご覧ください。

★☆∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∵∵‥∴‥∵‥∴‥∵

《本文》

【舟橋ならこう考える!】

(1)表紙
  1)宛て先(提案先):「(会社名)+御中」 
   ~提案する先の社名が「前株」か「後株」かについて正確に!!
    間違っても(株)なんて略して書かないように、失礼にあたります。

  2)提案書名:「~のご提案」という書き方が一般的。

  3)日付・会社名:提案する日の日付と自社の名前(×作成日時)
 
  4)コピーライト:著作権の明示

   ※具体例
   ・「(社名) co.,ltd. (西暦)All Rights Reserved」
   ・「Copyright 2006 All rights reserved by (社名)」
   ・「Copyright c (社名). All rights reserved」

   ※ワードの場合、「表示」→「ヘッダーとフッター」
    パワーポイントの場合、「マスター」→「スライドマスター」で挿入。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(2)挨拶・目次
  1)挨拶:提案の機会を与えて頂いた謝辞と、
    提案するに当たっての意気込みを述べる。

    最後に会社の代表者なり、部門長の署名を入れる
    (上司に相談してください)

  2)目次:ページ数が5ページを超える場合、
    お客様が提案書を俯瞰できるように、章立てとページを書く

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(3)現状分析
  お客様の立場に立ってビジネスを考え、
  今回の提案は、どのように利益に貢献するのかということを
  分析します。

  提案する商品・サービスがどのようにお客様の利益に貢献するか
  ということを、お客様の立場から分析します。

  データを数値化して分析すると、わかりやすく説明したり、
  発表できます。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(4)提案の目的・アピールポイント
  今回の提案でこんなことが実現できる!他社とはぜんぜん違う!
  という優位性、ユニークさをアピールします。

  商品やサービスのメリット・独自性を、2、3点にまとめ、
  その要点を説明します。

  項目名をつけて、その内容を箇条書きすると分かりやすいです。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(5)提案の範囲
  今回の提案で何を実現するか?お客様にはどういうメリットが
  あるかを説明する部分です。

  提案書全体のサマリーになっている必要があります。

  お客様に「なるほど、こちらの要求を大枠で満たしているな」と
  思わせる工夫が必要です!

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(6)実施事項(提案の対象領域)
  実施事項とは、自社がどこからどこまでを行うか、
  実施範囲、責任範囲を明確にするページです。

  「この提案で行うこと」「できること」と、そうでないことを明確
  にします。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(7)商品・サービスの内容
  提案する商品・サービスがどんなものかを明示します。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(8)具体的な導入方法
  実際にお客様に採用された場合に、どういう作業がどういう流れで
  進むのかを分かりやすく記載します。

  法人に何か商品・サービスを販売する場合、
  いろんな部門がからんできます。

  お客様のさまざまな部門のさまざまな人々が見ることを意識して、
  分かりやすく書きましょう(誰が見ても分かるように)。
  「この程度のこと書かなくても分かるだろう」は厳禁!です。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(9)自社のサポート体制
  商品・サービスが採用された場合、どのような体制で納入されるか、
  アフターサービスが行われるのかを記載します。

  どの業務をどの担当者が行うかがきちんと計画できていて、
  それが明記されていれば、お客様も安心します。

  場合によっては、お客様側のメンバーを入れて記載してもよい
  でしょう。実現可能性だけでなく、熱意(万全の体制で受注したい!
  という気合)を伝えることがポイントです。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(10)プロジェクトの内容・スケジュール案
  今後どんなスケジュールで商品、サービスが納入されるのか、
  工程を図表を使いながら明示します。

  当然、守れないようなスケジュールが書かれていれば0点です!

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜

(11)費用について
  「一式」として総額を提示するよりも、
  どの部分にどのくらいの金額が必要で、
  総合計がいくらになるのかを明示します。

  例:ハード・ソフト・開発・コンサルティング・サポートなど

  提案のレベルではまだ見えない部分や考慮されていない事項が
  あるため、その後、費用が膨れ上がることが多いのでしっかりと
  必要事項を明記しておくことが、トラブル対策として絶対に必要
  です。

  1)見積り範囲:
    提案書において定義した範囲を超える場合は別途見積りを
    することを必ず明記すること

  2)想定範囲対象外:
    価格変動が予想される場合
    (輸入品、市場で刻々と価格が変動する商品など)は
    変動時の取り扱いも記載すること

  3)見積り金額について:
    「交通費」に関することや、予期していなかった事情で見積り
    金額に大きな差異が発生した場合には別途見積りすることを
    必ず明記します。

*.。.。・゜*.。.。.・゜*.。.。・゜*.。.。.・゜* .。.。.・゜*.。.。.・゜


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー