営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

お客様のタイプを意識する‐カンタン2類型

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【46】

お客様のタイプを意識する‐カンタン2類型

■仲良くなったのに受注できない

営業にだいぶ慣れてきた頃、お客様との付き合いも長くなり、ツーカーで話もできる、冗談も言い合える、そんな仲になったのに、なかなか受注できない。そんなことがよくありました。皆さんもありますか?「お客様と関係が築けている」と思っているのは自分だけかもしれない、と不安になります。

■すべてのお客様が同じと思ってはダメ

先輩に相談してみましたら、こんなことを言われました。「すべてのお客様に、『自分がお客様だったら喜ぶ』と思う態度で接していない?」

もちろん、いつも「自分がお客様だったら・・・」を考えて接しています。

先輩が言います。「お客様にも様々な人がいるので、それを踏まえて使い分けなきゃダメだよ。」当然といえば当然のことですが・・・。具体的には、大きく分けて2つに分けて考えてみると良いそうです。

◆人間関係重視型
◆仕事の成果重視型

それ以来、単純に「自分がお客様だったら・・・」を考えるのではなく、お客様はどちらのタイプかな?と意識して考えてみるようになりました。

■【アドバイス】お客様のタイプとありがちな失敗

以下、2つのタイプの解説をします。

「人間関係重視型」は名前の通り、営業担当者との人間関係で判断します。このタイプのお客様に対しては、低姿勢でありながらも、雑談を交えて、楽しい商談の場をデザインすることが重要です。

このタイプのお客様にやってしまいがちな失敗は、約束の時間に遅れてしまったときに笑ってごまかしてしまったりすることです。「このお客様とは仲も良いし、大丈夫だろう」という油断が自分への評価を下げていく第一歩になります。お客様は笑って許してくれますが、ライバル会社と自分を常に見比べていることを肝に銘じておきましょう。

一方、「仕事の成果重視型」は、自分の仕事を達するために最も適した方法は何かという視点で、営業担当者を決めるタイプです。忙しいお客様や自分に最終決定権がないお客様に多く存在します。

このタイプは人間関係を築こうとすることが逆にマイナスポイントになってしまうことがあるので注意が必要です。商談でだらだらと仕事と関係のない雑談を続けたりすることはNGです。お客様は自分の時間を削られることを何より嫌いますので、商談は可能な限り短く、ポイントをまとめるように心がけると、「この営業担当者は私のことをわかっているな」となり、仕事を受注しやすくなります。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー