障がいのある方と共に働く組織・特例子会社向け研修

障がいのある方と共に働く組織・特例子会社向け研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

教育の前提~「with you」で成長促進

障がいのある方向けの教育において、企業側に求められるのは「with you」の姿勢です。共に働く仲間とともに、組織に貢献し成長させる、そんな姿勢を職場内に浸透させることが重要です。そこで、下記の方々を対象に研修を行うことをおすすめします。

(1)障がいのある方対象~障がいによる不安を解消し、楽しくスキルアップする
(2)共に働く方対象~「障がいは個性」と理解を深める
(3)業務トレーナー対象~具体的なサポート・指導の仕方をマスターする

インソースでは、これらの研修を、職場で起こり得るシーンを題材したケーススタディを中心に設計いたしました。「職場で活きる」意識・スキルを身につけていただきくことが可能です。

障がいのある方対象~障がいによる不安を解消し、楽しくスキルアップする

研修会場がバリアフリー対応されているか、登壇する講師が障がいのある方へレクチャーした経験があるのかなど、様々な不安から、研修の開催を迷っているとお伺いすることも少なくありません。

弊社では、身体障がい、精神障がい、知的障がい、発達障がいのある皆さまに安心して楽しく受講いただけるよう、工夫を凝らした研修をご提供しております。具体的には、公開講座では車椅子の方に楽にお越しいただくために研修室内に段差をなくした整備を施しております。

テキストやスライドについても
・文字を大きくする
・図解する
・点字にする
など、ユニバーサルデザインに配慮した対応が可能です。さらに、研修中重要なことは講師より何度も繰り返し説明するなど、情報保障を行い、理解を深めていただけるよう工夫をしております。事前にご相談いただければ対応することができますので、お気軽にお申し付けください。

また、公開講座以外でも職場の課題に応じたテーマで研修を実施しております。コミュニケーションに課題を感じられている方には、自身の主張をスムーズに伝えられるためのアサーティブコミュニケーション研修、合意形成のためのファシリテーション研修などです。事務職に就かれている方も多くいらっしゃいますので、事務ミス防止の研修も大変人気です。

共に働く方々対象~相手の理解を深める

障がい者雇用のニーズがますます高まる中、共に働く組織全体、もしくはその上司を対象に、雇用の意義と目的を理解していただく教育は必須となります。障がいのある方と共に働くためには、相手を理解することが大切です。そのために必要な知識や考え方を身につけていただきます。

業務トレーナー対象~具体的なサポート・指導の仕方をマスターする

日々の業務をサポートされるトレーナーの方には、コミュニケーションの取り方を学ぶ研修がおすすめです。「出した指示やアドバイスを負担に感じてしまうのではないか」と考え、指導のやり方に関して悩まれる方もいらっしゃいます。しかし、分からないことをそのままにしては、本人のためにはなりません。場面に応じたティーチングとコーチングの使い分けや、具体的な伝え方を知っていただくことで円滑なサポートが期待できます。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースの障がいのある方と共に働く組織・特例子会社向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!