loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)ダイバーシティ推進研修~基本知識を習得し、当事者意識を醸成する

(半日研修)ダイバーシティ推進研修~基本知識を習得し、当事者意識を醸成する

実践重視のプログラムで「わかる」を「できる」に!

研修No.1910220

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

階層・職種問わず、どなたでもご参加いただけます。

研修内容・特徴outline・feature

ダイバーシティ推進が謳われて数年が経過しました。数年前までは「女性」の活躍推進がメインテーマでしたが、最近では「シニア層」、「LGBT(XQ)」、「障がいのある人材」の活躍も求められるようになっています。なかなか話題にのぼることは少ないですが、「男性」もまた活躍を求められる人材であることは言うまでもありません。

すべての働く個人が、自らの組織貢献のあり方やキャリアの築き方を、改めて考えなければならない時代へと突入しています。本研修では、ダイバーシティに必要な知識の確認、多様な人材への理解の促しを目的とし、ダイバーシティ推進・実現の基本を学んでいただきます。

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 0.はじめに
    【ワーク】ダイバーシティに関する自己認識・知識チェック
    ※簡単なクイズに取り組んでいただきます
ワーク
  • 1.何故、今、ダイバーシティなのか
    (1)組織を取り巻く状況を把握する
    ①働く労働人口の推移、②市場の環境の変移
    (2)組織がダイバーシティ推進に取り組むメリットとデメリット
    【ワーク】ダイバーシティ推進に取り組むメリットとデメリットを洗い出す
    (3)5年、10年先の時代を見る
講義
ワーク
  • 2.ダイバーシティに関するキーワードを知る
    【ワーク】ダイバーシティと聞いて思い浮かべる「多様な人材」を洗い出す
    【ワーク】「多様な人材」の悩み、周囲の悩みを考える
    (1)女性活躍推進 (2)多様化する男性メンバー
    (3)LGBT(QX)メンバー (4)異文化とは
    (5)障害者雇用促進法、障害者差別解消法とは
    (6)「うつ」と「うつ傾向」にあるメンバー
    (7)ますます多様化する働き方 ~在宅ワーク、フレックス、時短勤務など
    【ワーク】「多様な人材」の悩み、周囲の悩みの解消方法を考える
講義
ワーク
  • 3.組織のダイバーシティを推進する
    (1)当事者意識をもつことの重要性
    (2)誰にとっても働きやすい職場づくりとは
    ①価値観の押しつけ・決めつけをしない、②属性・特性でなく成果で評価する、③組織として柔軟性を持つ
    (3)多様な人材の「Ally(アライ)」になる
    ①理解・支援するために相手を知る ②味方でいることを発信する
    ③勇気をもって提言する
    (4)カミングアウトしやすい関係性を築く
講義
  • 4.まとめ ~改めてダイバーシティとは
    (1)ダイバーシティは「よい仕事をするための仕掛けづくり」
    (2)ダイバーシティは組織の成長戦略
    (3)推進する時は「自分のため」を忘れない
講義

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

100.0%

講師:大変良かった・良かった

100.0%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2019年1月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 多様性ってなんだろうと思っていたのですが、身近なところに存在していることがわかったので、推進に向けて自分なりに材料を集めてみようと思いました。
  • 分かりやすく「多様性」「ダイバーシティ」推進の糸口が見えてきた研修でした。多くの人が働く会社なので一歩ずつでも皆が「良いね!」と思う会社になるように努めたいと思います。
  • 身近な多様性が理解できたので、周囲の人ひとりひとりくぉ理解するように努めたい。多様性に対応できる柔軟な組織づくりを考えていきたい。

実施、実施対象
2017年5月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ダイバーシティは今後、社内的にも取り組みを広げていくので、スタートの準備として、何をすべきか理解できた。本人含め、周囲の理解と行動が非常に重要だと痛感した。
  • 「多様な人材」とは何かが明確になり、本人・周囲の課題を考えることで頭の整理ができ、非常に勉強になりました。ぜひ組合でも職場でも活用したいです。
  • ダイバーシティを簡単な言葉で表現したかったので、冒頭にあった「多様な人材を・・・活用していくこと」と発信していきたい。すごく難しく考えていたが、普通に会社に存在する人たちを指していて、できることからこつこつと(スモールステップ)始めていきたい。

実施、実施対象
2016年11月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ダイバーシティは特別なことではなく、当たり前であることを改めて認識し、自分の考えや行動を見直していきたい。
  • 自分のフィルターを通して決めつけるのではなく、相手に関心を持ち、コミュニケーションでお互いをすり合わせをしていこうと思った。
  • 職場には様々な人がいて、知り得ないことも多いと思いますが、相手の思いを理解し、みんなが居心地よく働ける環境づくりに役立てたいです。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
100.0
講師がとても良い・良い
100.0

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修