loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

アサーティブコミュニケーション研修

アサーティブコミュニケーション研修

相手が不快にならないように、自他尊重をした上で伝えたいことを相手にうまく伝えるスキルを習得する

研修No.5200300

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・言いにくいことを伝えることが苦手で、もっとうまく伝えられないかと思っている方
・自分の思っていることや意見を、素直に相手に伝えることができない方
・自分の意見ばかりを主張してしまい、かえって相手から反発を受けることが多い方

※多様な関係者とやり取りをするリーダーの方には「リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 相手に嫌がられることが怖くて、本音がなかなか言えない
  • 言いたいことを言ったら相手を怒らせてしまった
  • 相手の気持ちに配慮して伝えられればもっと仕事が円滑に進むと思うのに、なかなかうまくいかない
  • お願いをされたら断れない。無理をしてでも引き受けてしまう

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、「言いにくいこと」を伝えるアサーティブコミュニケーションの手法を習得します。アサーティブとは、相手の状況・気持ちを尊重しながら、自分の主張を正直に伝えることです。講義と豊富なワーク・ケーススタディを通じて、アサーティブであるための心の持ち方を理解し、具体的なコミュニケーションスキルを身につけていただきます。

<研修のポイント>

  • ①自分のコミュニケーションパターンの把握
     ~アサーティブになれない具体的場面を考え、現状を客観的に知る
  • ②コミュニケーションの基本の習得
     ~相手から信頼を得る聴き方や相手に納得してもらえる伝え方
  • ③言いにくいことを伝える方法の習得~具体的なケーススタディによる練習

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①アサーティブコミュニケーションとは何か、その考え方や心構えを理解し、具体的なノウハウを習得する
  • ②相手の置かれている状況や気持ちを尊重しながらも、自分の意見を伝えることができるようになる
  • ③「相手の話を聴いている」ことを示す手法を学び、相手との関係性を作ることができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.こんな時どうする?
    【ケース】 「職場への配慮のない同僚に対して、どのように声をかけますか」
ワーク
  • 2.意見を伝えるときの考え方
    (1)人の考え方と行動のパターン
    (2)アサーティブな思考とは
    (3)意見を伝えにくい場面を考える
    【ワーク】アサーティブでありたいが、難しい場面を考える
    (4)意見を伝える前に感情を整理する
    【参考】変えるべき考え方を知る ~ 思考のクセ
講義
ワーク
  • 3.コミュニケーションにおける心構え
    (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
    (2)コミュニケーションにおける心構え
    【参考】非言語要素の一般的なイメージ
講義
  • 4.アサーティブコミュニケーションにおける伝え方
    (1)状況を客観的に伝える
    (2)相手の話を受け止める。相手の言葉に反応を示す
    (3)自分の考えを伝える~Ⅰ(アイ=私)メッセージの活用
    【ワーク】「Ⅰメッセージ」に言い換えてみる
    (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す
講義
ワーク
  • 5. ケーススタディ
    ※ケースごとに①シナリオ作り②ロールプレイング③振り返りを行う
    【ケース1】異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変更してほしい
    【ケース2】仕事が山積みのため、参加必須でない説明会への出席を
    今回は断りたい
ワーク
  • 6.シナリオ作り~自身の課題を考える
    【ワーク】第2章(3)のワークで挙げた課題をアサーティブに対応する
    シナリオを作成する
ワーク

企画者コメントcomment

アサーティブコミュニケーションとは何かを理解し、習得することで、コミュニケーションに対するストレスを軽減してもらいたいという思いで作成したカリキュラムです。職場でのコミュニケーションに積極的に参加すると、充実した仕事ができるようになります。するとコミュニケーションをとることが楽しくなり、自分に自信がつき、さらに仕事が充実し、良い流れが生まれます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.3%

講師:大変良かった・良かった

97.1%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 対人コミュニケーションはコーチングやマネジメント系研修にも多くあるが、自己の感情の処理については触れられていない。是非新入社員から管理職まで、組織で働くすべての人に有用な内容だった。
  • コミュニケーションにも基本となる手順や考え方があることが分かって良かった。伝わったかどうか責任を持つこと、伝えなかったことに責任を持つことを頭にいれて今後の業務に取り組みたい。
  • 相手の話を受け止め、コロナ過のマスク越しでも笑声を心掛け、反応を示すことや、Iメッセージで自分の考えを伝えることに努めます。
  • 自分の希望と相手の行動を擦り合わせるに際し、まずは自分の感情を整理し適切な判断を心掛けます。また相手の言葉に耳を傾け、置かれている状況・背景・感情を把握し、こちらの意図の伝達と並行して相手への配慮やねぎらい、協力姿勢を示し双方にとって有益な賛意を引き出したいです。
  • 困った場面で相手側の背景や事情を考えてポジティブに進めていけるように、アサーティブなコミュニケーションを実践したいです。

実施、実施対象
2021年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 在宅勤務が続く中で、コミュニケーションを一度見直そうと思いました。社内の円滑なコミュニケーションに役立てます。
  • 自他尊重の考え方を取り入れられるように、練習を重ねます。客観的事実を伝えるだけではなく、背景の理解や想像力をもって相手を認める、ねぎらうことで、より一層信頼感が生まれると感じました。
  • 「私はこう思う」というポジティブな言い換えで、自分も楽になるし、相手も受け取りやすいということを初めて実感しました。
  • 考え方の変換練習を重ねて、アサーティブなコミュニケーションが自然にできるようになりたいです。アサーティブを意識した会話、考え方を少しずつ変えていきます。

実施、実施対象
2021年2月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部署外との打ち合わせ時において、互いの落としどころを見つける際の話し方にアサーティブが必要だと感じました。Iメッセージを活用して円滑な関係を築いていきます。
  • お互いの考えや気持ちを尊重して伝えることを業務に活かしていきます。普段我慢してしまうような相手でも、事実や状況を客観的に伝え、よい解決策を出せる様に努めます。
  • 自分の意見を一方的に伝えるのではなく、相手の意見も尊重し、自分も相手も納得のいく解決策を出すことが大切だと思いました。Iメッセージ等を活用し、円滑に業務を進めていきます。
  • 自分が我慢する事で仕事を進めていくのは、会社や自分にとってもマイナスだと感じました。思考が我慢・非主張型に寄りすぎているので、まずは自分を知り、伝えるべきことは臆することなく発信したいと思いました。

実施、実施対象
2020年11月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手への気づかいを忘れないようにしていきたいと思います。つい言い方がきつくなってしまう場面もあり、その点について悩んでいたため、今回の研修はとてもためになりました。
  • 自分の気持ちと相手の気持ち両方を考え、お互いに気持ちよくWIN-WINな関係になれるようにしたいです。また、そういった気持ちが業務の効率や成果をあげるのだと思いました。
  • 我慢する事なく、感情的にならず相手と自分の立場を理解する事に努めていきたいと思います。上下関係問わず、一呼吸おいて考えてから話をするようにします。
  • 言いにくいことを言わないままでは、いつまでたっても状況が変わらないため、言葉を選び、筆を練り、勇気を持って相手に伝えていきたいと思うようになりました。
  • 自分の考えだけではなく、相手の立場にたった考えも重要であると思いました。また、相手に伝えずに、自分が作業した方が楽だからと思っていたこともありましたが、自分の意見を伝えない、聞かないなどといったところを改善できればと思います。

実施、実施対象
2020年10月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分は我慢、非主張型だと感じていたが、アサーティブだという指導を受けて、思込みが一部あったと省みることが出来た。自分をより多面的に見ようと感じた。
  • 今まで、上司・後輩に対して、思っていることを上手く伝えられていなかったので、今回の研修で学んだことを活かし、分かりやすく、短的に、伝えていきたいです。
  • 仕事においてアサーティブな場面があると思いますが、ただ事実や気持ちを伝えるのではなく、予め整理することで相手にとっても自分にとっても有効なコミュニケーションがとれると感じました。思考のクセをなくし、自分を客観視していくことで生産性を上げていきます。
  • 日々の業務はお客様・取引先・社内の様々な人間関係によって成り立っているため、自分の気持ちを相手方に対して負荷をかけることなく伝られるDESC方法はすぐ形にして取り入れたいです。
  • 自分の考えていた事、伝えたい事と相手が受け取るのとでは、感じ方が全く変わるという事に気がついた。相手が不快にならないように伝える為に普段から具体性を持って嫌味なく伝えていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.3
講師がとても良い・良い
97.1

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修