研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、子育て中・シニア・障がい者・LGBT・国籍といった違いを認め、人材の多様性を理解することを指します。

現在日本は少子高齢化に伴い、労働力人口が減少していくことが予想されます。組織は、流動的な人材の確保と多様性を受け入れる体制を整えることが求められています。

多様な人材を確保する際に気を付けなければいけないのが無知によるハラスメントです。知識が無く、受け入れ側の体制が準備できていないと、人材の定着にはつながらず、企業として成長は見込めません。アンコンシャス・バイアス(意識していなくてもかかってしまう差別意識)をはずして、1つの個性として対応することが求められます。

多様な働き方を共有する組織づくりにおいてのポイントは、個々人の取り組みはもちろんのこと、管理職自らが差別の無い姿勢を示し、自ら動くことが大切です。また、受け入れてもらう人材本人については、どこまで自己開示するかがポイントとなります。主に上司との面談において、置かれている状況や、どんなところに気をつけて欲しいかをすり合わせます。 その人に適した勤務形態や職場環境を協力して模索することができるかがカギといえます。

実際の業務面においては、業務の標準化が必須です。業務フローの整備・マニュアル化など、勤務時間帯や勤務日数が違っても、誰が対応しても均一の品質があげられるような環境の整備が求められます。様々な制約や勤怠事情を持つ人が働くための、情報の受け渡しがスムーズにできる組織が、働き方の柔軟さにつながります。

こういった施策は、多様な人材の多様な価値観を働き方に反映させるために模索されますが、子育て中の女性や育児休暇取得中の男性、介護中のベテラン世代にも働きやすい職場づくりにつながっていきます。 また、多様な属性(年齢層や性別)を受け入れることは、多様化したマーケットに応えることにつながります。ダイバーシティ時代の取り組みを、企業の成長戦略としてぜひご検討ください。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧