営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

個人宅で見るところ

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【53】

個人宅で見るところ

■もっといろんな例が知りたいな・・・

前回「車」を例として、少しの情報で何に困っているかがわかる、先輩たちのすごさについてご紹介しました。自分の仮説をふくらませるために、もっと色んな例がないのかな・・・?と思っていましたら、証券の個人営業をしていた先輩から細かい事例を聞けましたので、皆さんにもご紹介いたします。

■【アドバイス】個人営業ならこんなチェックポイントがあります! (営業の先輩)

私は社会人になりたての頃は証券会社の個人セールスをしていました。特に1年目は個人宅にひたすら飛び込みをし続けて商品を買ってもらうことが仕事であったため、闇雲に飛び込んでは断られることの繰り返しでした。しかし、商品が売れるようになってくると最初の訪問である程度よいお客さまの傾向が分かるようになってきました。

■外観のチェックポイント例

外観のチェックポイントをご紹介するにあたり、ターゲットを仮定します。
・ターゲットの年齢:60~70前半
(日中家にいる、資金的・時間的に余裕がある)
・子供がひとり立ちしている

この場合の、チェックポイントは以下の通りです。

(1)家の外観をチェック
 ○:築年数がやや古い
 ×:築年数が新しい家、モダンなデザインの家
新しい・モダンな家=一見お金がありそうだが、何千万のローンを組んだばかりでお金がない場合が多い。家主は若い夫婦で小さな子供がいる傾向が強い。

(2)車の台数・ナンバー・車種・メーカーをチェック
 ○:セダンタイプの外車
 ×:ワンボックスの日本車
ワンボックスはひとり立ちしていない子供がいる家庭が多く余分な資金は無い場合が多い。小回りがきかないので初老の夫婦は敬遠する車種。

(3)庭をチェック
 ○:手入れがほどほどできれい過ぎない
 ×:敷地が狭いがきれいに手入れされている
庭の手入れがしっかりしている家はお金に対してシビアである傾向がある。

(4)インターフォン
 ○:玄関に近く、最新式ではない
 ×:門にインターフォンがついている
新しいインターフォンでは誰が来たか、家の中からよく分かってしまうため、1回目のアプローチではあまり取り合ってくれないことが多い。

■闇雲にアプローチしようとしないこと

個人宅へ飛び込み営業をする場合、ほぼ必ずと言っていいほど、すぐには買ってはくれず断られ続けます。よく営業は2回目以降のアプローチが重要と言われていますが、闇雲にアプローチを続けても煙たがられるばかりで体力的にも精神的にも参ってしまいますので、そこを要領よくこなすのが大切です。頑張ってくださいね。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー