営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

営業職の給料の常識 ~自分の給与は安いのか?高いのか?

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【54】

営業職の給料の常識 ~自分の給与は安いのか?高いのか?

■すごくみじめな気持ちになったことがあります・・・

私はお客様先に行くとき、電車の中で、すごくみじめな気持ちになったことがあります。あれは夏だったでしょうか。すごく暑いなかスーツを着、重いカバンを持って歩き回り、とにかく疲れていた私の前に、同年代くらいのきれいな女の子が立ったのです。白い半そでブラウスに、ひらひらスカートで、さわやかな顔をしていました。なんだか私、「ずーん。」という気持ちになりました。
うらやましいというか・・・すっかり私、女の子らしくない(泣)と落ち込んだものでした。

そんなとき何を思ったかといいますと、「お金」。(笑)

こんな平日の昼間におしゃれして、さわやかな顔で電車に乗っているこの人より、私の方が絶対にお金を稼いでいるはず!という気持ちになりました。
ですが、実際私がもらっているお給料が、多いのか少ないのかというのはよくわかりません。ですので、会社に帰って、先輩に質問してみました。

■【アドバイス】営業の場合、給与の決め手は「利益」 (営業の先輩・江嶋)

営業をしていて、自分の給与の高い、安いが気になる人は多いと思います。実際、私も営業時代には、内勤の人と比べて安いのではないかと感じたりもしました。

自分の給与は、何で決まるのでしょうか?大手企業では、給与テーブルや職務給など明確になっており、分かりやすいと思います。

中小企業ではどう決まると思いますか?私の前職までの経験からいうと、社長の鶴の一声です。もちろん年齢や経験、その他の要素は加味されていると思いますが、上がりやすい人、上がりにくい人の差は明確に出ていました。

ただし、営業の場合、他の人と比べて高い・安いと考えるのは、無意味ではないかと考えています。営業が給与を考えるポイントは以下の3つです。

 ・自分が出せている利益はどれだけか?を考える
 ・自分を支えてくれる人のことも考える
 ・利益の1/2~1/3給与と考える

まずは、自分が出している利益が、自分の給与の1.5倍以上か?を考えてみましょう。次に、内勤の方の割合を加味して、どれだけの利益が出ているかを考えてみてください。

どうですか?自分の給与は安いですか?結構「悪くない」という人が多いのではないでしょうか。

給与は自分を支えてくれている人たちの分も含めて、利益から出ていることを理解するようにしましょう。給与の決め手は「利益」です。ぜひ計算してみてください。

どうすれば給与の源泉である利益を出せるのか?これについては「営業研修」で、ぜひ学んでいただければと思います。

■ちなみに・・・私(江嶋)のエピソード。

私は新人時代、給与分の利益さえ出せばよいと考えていました。それだけ出せば、会社には迷惑をかけていないと。転職後の会社で給与のことを考えるときに、先輩に「営業利益の1/2~1/3が給与」と言われ、ハッとしました。
今でもその考え方は自分の給与を考える際の判断軸となっています。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー