営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

自信を持って「言い切る」営業担当者は信頼される

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【55】

自信を持って「言い切る」営業担当者は信頼される

■言い切るとは断言すること

私が営業の中で気をつけていることとして、「言い切る」というものがあります。「言い切る」は大辞林で調べると以下の意味があります。

(意味)自信や決意をもってはっきり言う。断言する。

お客さまは商品を購入する際には、もちろん失敗したくありません。そこで、我々営業担当者に望んでいることは、プロフェッショナルとしての的確なアドバイスです。

それなのに営業担当者に自信なさそうに、「多分~だと思います」、「~かもしれません」と言われても、購入する気にはなれません。

なので、商品をおすすめする・売る際には自信を持って「間違いなく~です!」と言い切ることが大切になってきます。自信を持って伝えることにより、この人は信頼できる人だな、という印象を与えることができます。

■言い切るために必要なこと

しかし、言い切るのが大切だといわれても、いきなり言い切れるようにはなれないと思います。そこで私が考える「言い切るために必要なこと」を3つご紹介したいと思います。

1.商品に関する絶対的な知識

まず商品を知らなければいけません。知らないものを売ることほど怖いものはありません。良い点だけでなく、欠点も含めて知る必要があります。まずは、今日提案する商品について、良い点を3つ・欠点を3つ、挙げてみましょう。

2.お客さまのニーズを汲み取り、理解する力

商品の知識があり、商品のよさがわかっていても、それがお客さまのニーズに合致していなければ意味がありません。なのでお客さまのニーズを理解する能力も必須です。これは経験も大きく関わってきます。

3.勇気100%
お客さまのニーズがわかり、それを満たす商品がどれかということもわかったら、あとはそれを自信を持って伝えるだけです。自分の知識と経験を信じます。

■どれだけお客さまのことを考えられるか

言い切るために必要なことを色々と述べましたが、結局はどれだけお客さまのことを考えることができるかだと思います。

お客さまに喜んでもらうための知識であり、理解力であり、勇気です。

ここまでお客さまのことを考えた、という自信が最後の一押しとなって言い切る力になります。どうせやるなら、とことんまでやり切りましょう。そして、お客さまより信頼される営業担当者になりましょう。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー