問題解決研修~行動経済学を活用し、問題を解決する(1日間)

問題解決研修~行動経済学を活用し、問題を解決する(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B PRB210-0000-4094

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・管理職向け
・問題解決の基本の流れが知りたい方
・行動経済学を問題解決にどのように応用するのか知りたい方

研修内容・特徴outline・feature

「そもそも何が問題なのか、わからない」「問題があることは認識しているが、解決策がわからない」など、問題解決に関する悩みは尽きません。本研修では、“行動経済学”を活用して、問題解決をどのように推し進めていけばよいのかお伝えします。また、現場でよくある問題を解決するためにどうすればよいのか、ケーススタディを通じて考えることで、実践でも使える問題解決スキルを身につけていただきます。

■問題解決における行動経済学の活用例
・「何となく今のままでいい」から脱却する ~現状維持バイアス
人は現状を変えたくない、今のままがよいと本能的に考えてしまいます。現状のままが本当に最善なのか、問題を解決するためには、見極める必要があります。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ビジネスの問題を解決するための心構え
    【ワーク】なぜ問題を解決できないのか、考える
    (1)なぜ問題を解決するのは難しいのか
    ・そもそも、何が問題なのかわからない
    ・問題があることは認識しているが、解決策がわからない
    ・問題の真因がわからない
    ・解決策を策定しても、実行に移せない
    (2)行動経済学を活用し、問題を解決する
    (3)問題解決の流れ
講義
ワーク
  • 2.問題発見・課題設定
    (1)日頃からの問題意識が問題発見の土台となる
    (2)想像力、洞察力を働かせて的確に現状を観察する
    (3)6つの視点から問題を発見する
    (4)問題を数値化し「見える化」する
    (5)「何となく今のままでいい」から脱却する ~現状維持バイアス
    (6)経験則から問題の原因を決めつけない ~確証バイアス
    (7)特性要因図を使い、原因を体系的に考える
    【ワーク】仕事を振り返り、「何となく今のままでいい」と考えてしまっていることを洗い出す
講義
ワーク
  • 3.解決策策定
    (1)あらゆる解決策を柔軟に模索する
    (2)問題解決の鍵は目標達成可否を察知する能力にあり
    (3)目標達成可否の判断材料
    (4)目的から逸脱したムダな努力はしない
    (5)「目先の利益」にとらわれない ~時間割引の心理
    (6)煩雑な計画は実現可能性を下げてしまう
講義
ワーク
  • 4.解決策実施
    (1)優れた解決策であっても事前準備次第で台無しになる
    (2)問題解決のタイミングを見逃さない
    (3)最初から完璧な解決策はない ~脱完璧主義
    (4)スピード感を持って実行するための決断力・判断力
    (5)状況を見てやむを得ない場合は途中放棄を決断する ~コンコルドの誤謬
講義
ワーク
  • 5.ケースで学ぶ問題解決
    ■ケースを通じて、学んだ問題解決スキルを実践する
ワーク

6077

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年6月     28名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 常に問題意識を持ち、解決のためにはあいまいな表現をせずに具体的に提起することが問題解決につながることが理解できた。
  • 日々頭を悩ませる「何が問題か」を洗い出すポイントを知る事ができ、今すぐにでも役立つ内容だった。根本的な解決を目指すだけでなく、まずは「ちょっと変えてみる」ということを取り入れたい。
  • いままで問題点を捉える際に漠然と抽象的にしか考えていなかったが、今後は曖昧さを避けて分析する。

開発者コメントcomment

人の行動は不合理なものであるという前提に立ったうえで、人が感情や直感でどのような行動をするのか分析しているのが「行動経済学」です。官公庁や自治体では、すでに行動経済学を政策に活用する動きが出てきています。さまざまな分野での応用が期待される行動経済学ですが、本研修では、問題解決でどのように応用するのかお伝えします。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia アセスメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!