クレーム対応の勘所

 【困難クレームと向き合う】

クレーム対応の勘所

クレーム対応における「交渉力」

困難クレームと向き合う 【8】

クレーム対応における「交渉力」

相手と冷静な話ができる段階に入ってからは、クレーム対応の中心は「交渉」へと移ります。「交渉」とは、与えられた条件の下で双方の妥協点を見つける「合理性の高い」作業であると同時に、相手の心情を読み取りながら対応方法を考えるような「心理的攻防」の場でもあります。

■相手のメリットを軸に交渉する~功利的説得

「お客さまにとって、××というメリットがございますので、○○されることをお勧めいたします。」

相手側の立場に立ってそのメリットを明示する方法。相手自身が納得した上で合意に至りやすく、クレーム交渉に限らず、あらゆる交渉の王道ともいえる手法です。

<ポイント>
・勧めるだけで強制しない(押しつけると反発を買い、説得できなくなる)
・双方にメリットのある結論に至りやすく、また幅広く使えるので、まず最初に検討すべき
・論点が明確になるので、合意後のアクションもスムーズになる

(1)「価値」

相手が、こちらの提供する製品やサービスに対して高い期待を持っている場合には、その「価値」が損なわれないこと、場合によっては向上させられることを前面に押し出して伝えます。

(例)「リリースは3カ月先に伸びてしまいますが、このプログラム修正を施すことによって、当初の仕様のものよりも飛躍的に操作性が高まります。長く使うことを考えますと、むしろ問題が見つかって良かったと言えるかもしれません」

(2)「コストダウン」

ビジネスにおいて、コストが下がることを好まないお客さまはいません。ただし、コスト面でのメリットだけを強調することは、クレーム交渉の場では逆に信頼を損なう恐れもあります。必ず、「品質や効果を維持しつつ」という前提で、コストメリットを伝えます。

(3)「安心」

「安心感」や「品質の確かさ」を重視する相手にとって、クレームが起きたことそのものがすでに大きなデメリットとなっています。そこから信頼を回復するためには、抜本的な対策を講じることで理解を求め、再び同じ問題を起こした場合には損害を補償するくらいの覚悟で臨まなければ難しいでしょう。

■ルールの遵守を軸に交渉する ~規範的説得

(1)ルールに照らし合わせて説得する

「契約書の細則に従えば、今回のケースでは当社が責任を負うことは困難でございます。」

契約書のように、両者で合意した"従うべきもの"が存在するのであれば、それに照らし合わせて合意点を導き出すことができます。また、法律や、社会通念、社会常識といった、第三者的な視点から見て「守るべきもの」と判断されるものを基準にするのも有効です。

(2)功利的説得と組み合わせが効果的

たとえ、問題に対する責任が自社にない旨を契約書に明記されていたとしても、クレームをあげてきた相手が自社に不満を覚えていることは事実です。ルール上の責任の所在は双方で確認しつつ、お客さまにとってどのような解決策が望ましいのかを一緒に考えることが重要です。

(例)今回問題となった機能の実装については、契約に照らして判断すればスコープ外の作業となります。ただ、必要な機能であることは間違いありません。別の業者が一からつくり上げるよりも、弊社が一緒につくったほうが効率も良いはずです。結果的にご迷惑をおかけすることになったお詫びも含め、格安でその機能の追加作業を承らせていただければと思います。

☆次回もお楽しみに!

おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー