09

マイナス評価から部下が逆転する育て方

人事担当者30のお悩み

悩み
周囲から評価の低い人をどのように活かして
「育成」していけば良いか。
回答
  • その人の能力・適性に合った仕事を与えて、
  • 他の人よりも長い時間軸で段階的に成長させる

人の能力には個人差があります。もって生まれた資質、学校(大学・高校など)を卒業するまでに培われた後天的な能力、性格・人間性など、まさに十人十色です。採用当初は個人の能力・資質を判断できないこともありますが、仕事をさせていくうちに分かってくるものです。

社会人の能力を大きく2つに大別すると、概念化能力(コンセプチュアル・スキル)と対人関係能力(ヒューマン・スキル)に分かれます。周囲から評価が低い人に言えることは、考えて仕事を進めることが苦手、仕事に関する勉強をしない、仕事のスピードも遅い、仕事の間違いも多い、などです(人間性に問題があり、周囲から良い評判が得られないこともありますが)。このような人には、
 ①その人の能力に見合う仕事を与える(多く与え過ぎない)
 ②他の人よりも長い時間軸で仕事の習得を考える
 ③こまめに振り返りを行うなど、他の人よりも手間暇をかけて育てる
 ④就いている仕事に適性がなければ最終的に、適性のある職場に異動させる
ことが大切であると考えます。

すべての人には必ず、「強み」が存在します。本人の弱みを克服する前に、強みを活かして自信をつけさせ、その後次のステップに進むというように、人よりも長い時間をかけて、段階的に育成していきます。大して手も施さずに、「あの人はできないからダメだ」と決めつけずに、「あの人を成長させるにはどうしたらよいか」と真剣に考えて向き合うことです。そのためには、上に立つ人がその人の能力、強み・弱み、性格をきちんと把握していることが肝要です。「適材適所」とよく言われますが、適材適所の肝は、上が下の能力をよく見極めていることです。

組織の結果を出すためには、人と業務(+お金)という経営資源をいかにうまく組み合わせるかというマネジメントが不可欠です。評価の低い人をいかに底上げして、組織全体をうまく機能させ、組織の結果を出すかは、上に立つ人の腕の見せ所と言えます。評価の低い人であっても、その人に「関心」と「愛情」を
持って、「我慢」して育てていけば、相応に成長してくれるはずです。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修