研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

ホラクラシー型組織

「ホラクラシー型組織」とは、個々に権限を委譲した、階層のないフラットな組織形態を指します。管理職を置かず、チームあるいはメンバーに決定権を分散させ、メンバーは自主的に仕事を進めることができます。上下の人間関係や、手数のかかる事務手続きに煩わされず、一人ひとりが意欲的に仕事に専念することで、組織全体の生産性向上につながると注目されています。

全メンバーが個別に意思決定を行う「ティール組織」に似ていますが、完全に同一ではありません。ティール組織はより抽象的な「組織概念」であるのに対し、ホラクラシー型組織は、全社員の自主的な運営によって企業の成長を実現する「手法」と捉えることができます。

ホラクラシー型組織が注目される背景には、近年の経営環境の変化があります。市場のニーズも目まぐるしく変わる現代の組織運営には、よりスピーディーな意思決定、あるいは膨大な管理業務の効率化が欠かせません。そこで、階層に縛られがちな従来のヒエラルキー型の組織から、社員の自由度が高いホラクラシー型組織へ移行する企業が増え始めています。

【ホラクラシー型組織のメリット】
・意思決定、業務の削減、効率化など組織の改善サイクルが早くなる
・個人の意見が反映されるため、社員の主体性が向上する
・社内政治がなくなるため、柔軟な組織運営が可能になる など

【ホラクラシー型組織のデメリット】
・責任の所在がわかりにくくなる
・組織間のつながりが弱い
・ホラクラシー型組織を維持すること自体が難しい など

ヒエラルキー型の組織がホラクラシー型へと変革するには、まずはトップダウンに慣れた社員の意識を変えなくてはなりません。セルフマネジメント力を向上させるとともに、チームの仕事や課題に対する当事者意識を醸成し、自発的な貢献意欲を引き出すことが肝要です。また、チーム全体の仕事の進捗を把握する仕組みづくりや、機密情報が個々に降りることで生じる情報漏えいリスク対策など、組織的な改革も必要となります。

ヒエラルキー構造に慣れた企業にとって、ホラクラシー型への変革は容易ではありません。しかし、厳しい経営環境において成長を続けるためには、従来の組織構造を大胆に変える決断も必要です。全社一斉ではなく、チームやプロジェクト単位での試験導入も可能なので、皆さまの組織でも検討してみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧